mixiユーザー(id:6682448)

2021年10月13日10:16

12 view

10月11日 本日は国立市におけるくにビズ開設を記念するシンポジウムが芸術小ホールで行われました

 こんにちは、国立市の商工振興に向けてくにビズが必要と考えている石井伸之です。

 遡ること8年前に富士市で初めてエフビズが設置されました。

 現在は26の自治体で設置され、釧路から熊本まで広がっています。

 エフビズ年間4000件相談を受け、しかも相談料は無料となっており、相談に来た70%の個店において売り上げが上がったそうです。

 国立市議会では建設環境委員会がエフビズを視察する中で、小出センター長の理念に触れ、国立市でも導入すべきと多くの議員が訴えます。

 商工会とも意見交換を重ねる中で、実施することとなりました。

 導入に当たり300人を超える中からセンター長が選ばれます。

 選考会では、その場で事業者からの相談や悩みが相談される形式で行われました。

 小島センター長は、自分の言葉が経営者に刺さっているのかどうか知ったそうです。

 センター長の人選として何が重要かと言うと、ビジネスセンス、情熱、産業支援に携わる経験の無い方、専門知識よりもコミュニケーション能力、信頼関係を築ける方が必要とされています。

 令和3年11月1日オープン予定となっており、東京都では国立が初めてとなります。

 経産省でもエフビズ整備計画を立て、売り上げを上げたいという中小個店の切実な願いを叶える為に、実効性のある支援を行うビズモデルの有効性を確認し、財務省金融庁とも連携して行きます。

 どういった相談業務なのかというと、中小企業支援に向けまずは個店のセールスポイントを尋ねるそうです。

 意外と自分の企業の良さがわからないという言葉がありました。

 とある紡績工場の再建事業では、ワタボコリを取り除く道具過去は紡績工場で使われていた。

 コンセントの先込み口に埃が溜まり通電火災が発生するトラッキング現象というものがあります。

 狭いところにあるコンセントのホコリを取るほこりんぼうで大ヒット1万本売れたそうです。

 引き続いて靴の奥にあるホコリを取る道具も大ヒット。

 また、洋菓子店の不振原因としてゞス臑昭劼増える▲灰鵐咼縫好ぁ璽弔梁翔オンラインでの取り寄せぜ磴な々が来ない。と、繋がります。

 そこで、インスタ映えする商品、どら焼きの皮を使ったフルーツサンド、どらサンドが大ヒット500円で10万個売れたそうです。

 引き続いて、どらサンドのホールケーキ風、イチゴの農家との連携、令和のお祝いホールケーキ風どらサンド、これらがヒットしました。その中でもテレビ等のメディアへの売り込みが大切との話がありました。

 どういった切り口でニュースとして取り上げられるようにアイデアをビズで出す。

 小島センター長の人となりと言う部分に話が移ります。

 小出さんの話しによると、真面目、全力投球、ポイントをつく質問をする能力が高い方、ソフトバンクに20年間務められの経営企画をされていた。

 小島さんは、小出さんの本を読んで、アイデアを伝えた瞬間に経営者の顔が変わる瞬間を大切にしたいとの話があり、孫正義さんと話していても同様の瞬間があったそうです。

 市長としてビズに期待することとしては、大規模店舗の少ない国立で個店が輝くのか?小さな個店がさらに増えるようセンター長に期待している。

 国立市商工会会長からは、個店が閉店しているチェーン店が増えているので、外から個店を呼び込み、国立でチャレンジする機運上昇に繋がってほしい。

 小島センター長からは、ユニークのコラボによるハブにクニビズがなりたい。

 発想力が売りとのこと、ソフトバンク時代に売り上げ向上に努力していたそうです。

 経営者と話していて、意外と自分のことは分かっていないことから、その点から個店の強みを引き出したいと話をされていました。

 11月1日よりくにビズの相談が始まりますので、くにたちビジネスサポートセンターのサイトから、是非とも相談予約をいれていただきますよう、どうぞよろしくお願い致します。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年10月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31