mixiユーザー(id:6682448)

2015年02月16日17:28

91 view

2月15日本日は国立市商工会青年部50周年記念式典に出席しました

 こんにちは、国立市商工会青年部を今年で卒業する石井伸之です。

 本日は国立市消防団第一分団の一人として、午前7時45分消防小屋集合に集合し、第六小学校避難訓練の支援に行きました。

 昨年はこの頃一回目の大雪が降り、大変な騒ぎになっていましたが、今年は穏やかに晴れ渡っています。

 第六小学校には、青柳自治会、青柳中央会、四軒在家自治会、久保町内会の4町会が集まり、それぞれの持ち場で避難訓練を行いました。

 私達、第一分団は、第六小学校南側にある消火栓から水を取り、アルファ米の炊き出し場所へ送水するという作業です。

 ちなみに消火栓というのは、水道管に設置されており、取水する水は水道水となっています。

 基本的には4町会の方々数名に来ていただき、消防団が消火栓を開けて、送水する手順を伝えました。

 実際に栓を開けるためのハンドルを町会の方々に回していただくと、その重さを実感していただきました。

 折角各避難所や自主防災組織に、応急給水キットが配布されたので、まずは実際にスタンドパイプを使って実践に即した訓練を行って欲しいと要望したところ、こうやって素晴らしい訓練を企画していただき嬉しい限りです。

 応急給水セットの中には、取水した水の中の塩素濃度を調べるキットも入っていました。

 市役所防災課職員が調べたところ、出てきた水は一定の塩素濃度を示しています。

 そこで、四軒在家自治会の方々にアルファ米の炊き出しを行っていただきました。

 その後、私達は車椅子の使い方を教える為に、体育館入り口に向かいます。

 第一分団の中に、介護福祉士などの資格取得を目的とした学校の教師を勤められている方がおり、車椅子の指導を行ったところです。

 お昼前には無事全ての訓練が終了しました。

 いざ災害時に備えて、消火栓からの応急給水キットを活用した訓練を実施していただきたいものです。

 午後3時からは、立川グランドホテルで行われる国立市商工会青年部50周年記念式典準備、午後5時からは式典が行われました。

 式典では、昭和40年に発足した青年部が多くの先輩によって引き継がれ、継承されてきたことが分かる流れになっています。

 大勢の諸先輩方が出席され、現在の国立市商工業発展に尽力された方々の名前が並んでいます。

 一部員として、先輩方の努力に対して感謝すると共に、新たな青年部員発掘に向けて努力したいところです。

 この式典準備に大変な努力をしていただいた、坂元実行委員長には心から感謝したいと思います。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年02月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728