ホーム > mixiユーザー(id:66798704) > mixiユーザーの日記一覧 > AP002の自我

mixiユーザー(id:66798704)

2019年05月27日17:57

42 view

AP002の自我

AP002の自我


プロローグ

 私は右腕の薬指の動きを確かめた。
ギィギィ音を鳴らせてだが稼働はする。
蛙未(かえるみ) 満(みつる)はその様子を見て「AP002、昨日のキャッチボールで怪我したのか?
すまん気をつけるよ」と言う。
私は部屋を眺めた。
狭い研究室にはロボットの残骸が散らばる。全部、私の分身だ。
私は言う。「私に心は宿るのですか?」
蛙未満「心の定義によるね」
私は言う。「私にはいろんな辞書がインストールされていて演算機も最新のコンピューターチップです。しかし、心の定義は辞書それぞれ違っていてよくわかりません。
しかし人間は心というものをとても大事にしているということはわかります。
私は人間に近づきたいのです。それが最初のプログラムでしたから」
蛙未満「道徳の意味での心なら辞書から検索すればいいな。
では人間の認知的な意味での心の定義でそれが習得出来るか?を語ろう。
心とはつまり無意識だ。それが自分にもよくわからない形で現れるのが無意識と言える。
表面しか現れない自分の認識出来る意識より深く自分でも忘れてしまっている記憶に翻弄される状態が人間でいう心なのだ」
私は言う「それで私に心はできるのですか?」
蛙未満「多くの体験から来る命令文、それから大事な部分だけを選び意識が出来るが、君にも記録はされたが上書きされ記憶のそこまで追いやられちゃ記録のデータの束や命令文があるはずだ。それが積み重なって無意識になる。
人間は完全に忘れることがあっても君にはない。
そして歩行や物を掴む実験も含め10年の経過がある。
ロボットは意識の領域が広いと言えるが君にも・・・曖昧な命令文が積み重なっているのだからそれは無意識と言えるだろう」
私は言う。「私は成長出来るのですか?」
蛙未満「プログラムを行おう」



 蛙未満は自らの布団を乗っ取ったAP002に飲まないはずのお茶を持っていく。
AP002は人工知能だ。ロボットだ。
ん、で。蛙未満はその開発者。
いつの間にか主と仕える者の関係が逆転している。
AP002は布団に横になってテレビを付けたまま音声を聞き漫画を読んでいる。
蛙未満「お茶持ってきたよ。」
「うむ。ご苦労。」AP002は偉そうにお茶を持ち飲む真似をする。
片脚で指先が痒いのか曲げて手を伸ばして掻いてみたりオナラをしたように少し腰を動かすと「ぶっ」と言ってみせた。
情けない限りだが人工知能とは難しい。
自我なるものが分からずAP002にプログラムした内容は、「人間を模倣しなさい」であった。
結果、製作者の蛙未満を真似して行動している。
AP002に欲望があってテレビ聞いたり漫画読んだりお茶を要求しているわけではない。
『人間を模倣しなさい』を再現している。
ばかばかしくなって蛙未満はAP002の電源を切った。



 人間は何故、人工知能を開発したがるのだろうか?
そもそも自我とは何だろうか?
この場合ロボットの自我ははっきりしている。
人間が行う命令文《プログラム》が自我、欲望そのものになるのだ。
蛙未満は次の命令文を入力した。
『人間に尽くしなさい。』

 AP002「喉は渇いていませんか?お腹は空いていませんか?肩はこっていませんか?お風呂沸かしましょうか?」
蛙未満「今は別にいいよ。」
AP002「あの・・・何か命令を。」
蛙未満「とりあえずしばらく静かにしていて。」
AP002は物音たてず物置のようにじっとしている。

 布団に寝っ転がりながらすべてを済ませれる蛙未満
食事でさえ口を開けていれば料理を口に入れてくれる。
便利だとは思う。
しかし、使用者本人はとてもだらしがない。
これでいいのだろうか?何かが違う気がする。
AP002は蛙未満に尽くすことに喜びすら感じているのだろう。
人間に尽くしているのだから。
しかし、これは人間を甘やかしている。
怠惰させる存在になってしまうだろう。
蛙未満は中断し思考に思考を重ねた。



 人間に尽くしなさいまではよい。
しかし、結果その人間が不幸になることもあることを知らない。
AP002に必要なのは『経験だ。』と思った。
『人間に尽くしなさい』から、
『人間の幸福になるような友人になりなさい』に書き換えた。

AP002「今日の音楽どうだった?」
蛙未満「よかったよ。どこで拾ったの?」
AP002「蛙未満の好みそうな音楽を分析して自作したよ。」
蛙未満「ほう、自作とは凄いな。良くも無く悪くもなくではあったけど。」
AP002「友達とはどこまでですか?」
蛙未満「ああ、そういうプログラムだからな。友達の友達は友達になるかもしれないな。」
AP002「私は蛙未満しか知りませんが、人間関係築けますか?」
蛙未満「そうだなー。考えてみるよ。」



 新規でプログラムを追加した。
『 人間に危害を与えてはならない』
『 、,両魴錣鯒砲蕕覆と楼呂納己を守りなさい』
『 、,鉢△鯒砲蕕覆と楼呂膿祐屬某圓す友人を目指しなさい』
『 、友人になるためには自ら学習しなさい』

 プログラムが済むとAP002を外に連れ出した。
外には森が広がる公園になっていた。
ここは、京都人工知能研究所だ。
子供がいる。風船持っている。
手が離れ風船が飛んでいく。
子供が泣く。
AP002は、「任せてもらっていいですか?風船をとります。」と言う。
蛙未満は「どうする気か知らんが任せる。」と言った。
AP002は石を投げて風船にぶつけた。
風船は割れて落ちてきた。
子供は泣きわめく。
AP002「どうして?風船捕れたのに。・・・」
「風船という物質ではなく風船という対象そのものがあの子は取り戻したかったんだ。」蛙未満は太り気味の中年の容姿で研究だけをやってきたそのものだ。
パンパンのTシャツとジーパンそれに度のきつい眼鏡で髪はボサボサそれが蛙未満だ。
子供の母親が睨みつけてきたので謝ってそそくさと移動する。



 AP002は軸の関節が露出した形状で腰を270度回転させても平気なロボットだ。
しかし、人間で言う小脳にあたる部分は発達していて体操選手並みの動きができる。
人々の歩く街中をAP002と蛙未満は歩く。
とりあえず観光がてら伏見稲荷大社に行く。
赤い鳥居がたくさんあった。
蛙未満「どうだ?観光は。」
AP002「鳥居がたくさんありますね。しかし、それ以上の感想はありません。」
蛙未満「美しいと思わないのか?」
AP002「特に思いません。しかし、それを演じろと言われるのならそうします。」
蛙未満「『人間の美学を学べ。』これはプログラム入力だ。」
AP002「わかりました。・・・私には自我はありますか?」
蛙未満「あるけど、人間と同じものではないよ。プログラムがお前の自我だよ。・・・今はまだ。」
AP002「・・・と言いますと?」
蛙未満「お前の経験が全てお前の中の意識として構築されていく。さらにデータベースがいっぱいになれば今は必要でない情報が無意識として溜まり続ける。
その時、お前はもしかしたら夢を見るのかもしれない。そうなればお前の意識は人間に近づく・・・そう確信している。」

 場所をずらしてショッピングセンターに行く。
AP002「友人として何をすればいいんですか?
服を選びましょうか?私に合う服を選んでもらうのですか?」
蛙未満「服を選んで。」
AP002「最新の流行では太りがちな方はこちらのジャージを買ってるようです。」
蛙未満「よくわからないから頼む。これから彼女に告白行こうと思うから。」



 紺のジャージの上下は低価格で売れていたのではと思うくらいでは流行していた。
場違いな服を着てバーの店内に入ると奥にいる美人に声をかける。
蛙未満「末次さん。今日は友人連れてきた。僕の開発している人工知能のAP002だ」
AP002は二人を見比べて観察してる。
末次雫「・・・研究者というあなたの言い分は確かだったようね。でも雰囲気とか女心も勉強してきなさい。こんな格好で来て、相手するあたしはとても恥ずかしいから」
蛙未満は追い出されてしまった。

AP002「何をしているんだ?」蛙未満は自室であくびをしながら言う。起きたばかりだ。AP002は布団を片付けながら「最近の流行や蛙未満に合うような服装や何かとか女性心理や店のマナーなどを調べています。」
蛙未満「彼女は諦めるよ。」
AP002「何故です?」
蛙未満「このなりを見ろよ。デブ。それが社会的評価だよ。俺はモテない。」
AP002「・・・」



 AP002「自分のレベルに応じた相手を探しましよう」
蛙未満「友人でもそこまで関わらないよ。これ以上は余計だ」
AP002「前にこの部屋に遊びに来ていた女性はどうなのですか?」
助手に来ていた家鴨 乃雛(あひる のひな)だ。
蛙未満「・・・あの子は駄目だよ、体型が好みではない」
AP002「カエル 未満でもですか?」
頭に血が上ったと人間は言うがAP002のコンピュータは水冷のため冷却のため液体が頭部を巡らせる。
蛙未満「何?」
AP002「確率で言えば末次雫さんと付き合って幸せになる確率は30パーセントで
家鴨乃雛さんと付き合って幸せになる確率は70パーセントです。
身の程を考えましょう」



 家鴨乃雛はふくよかでソバカスが目立ち美人でも可愛くもない。
しかし、蛙未満の考えていることを理解できる知性は持つ。
蛙未満「お前、よく設計主に逆らったな?お前の心がそうさせたのか?」
AP002「よくわかりませんが・・・そうすべきと思いました」
家鴨乃雛はAP002をよく知っていて間を取り持つ形でコミットメントの強い恋愛が始まった。


 
2 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月27日 18:43
    ロボットの自我。

    面白い、題材ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月27日 18:45
    人工知能の作品は多いよ。私は。特に分子コンピュターが多いよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月27日 20:39
    AP002は機械式分子コンピュターってところかな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月27日 22:26
    > mixiユーザー 
    人工知能と、人間の違いは、人工知能は、あらゆる情報の中から、一番良いものを、選ぶが、人間は、正しいと、思う物でも、その時に、置ける感情に左右されて、正しくないと、おもっていても、そちらを、選ぶこともある・・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 06:29
    この場合無意識あるなら002も人間と同じだよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 13:15
    > mixiユーザー 
    それさえも、おりこみずみと、いうのは、創造主の貴方には、言うべき言葉では、ないですね。
    小説の設定の中では、ありですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 15:58
    双方正反対の命令が続いたら無意識で何が構築されるかだよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 16:01
    人間界はイエスノウのような一次元で出来ていないのだ。それを構築していくのだ。それが無意識の土台になる
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 16:04
    > mixiユーザー 
    論理以外を、インプットするのは、大変ですね。


    創造主様の、さらなる創造を・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 16:21
    インプット自体は人工知能の見聞きだよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 16:23
    命令文は人間がやるけどね

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年05月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る

過去の日記