ホーム > mixiユーザー(id:66786177) > mixiユーザーの日記一覧 > 一番悪いのは襲った奴

mixiユーザー(id:66786177)

2019年01月13日09:24

220 view

一番悪いのは襲った奴

NGT西潟茉莉奈と太野彩香が「事件」関与を否定
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5454738

このニュースを見るたびに、なんで犯人を糾弾する人がいないのか気になる。一番悪いのは、事件を引き起こした二人組の男の筈。
加害者を叩かないのは、おかしい。
7 6
  • << 前の日記
  • 次の日記 >>

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 10:08
    話半分程度に聞いていただきたいのですが、実行犯二人は警察の捜査が行われた上で不起訴処分になっているため、実行犯ではなく情報提供者や、事務所の対応などに矛先が向いてしまっているのではないでしょうか。
    あと実行犯がもちろん悪いんですけど、ファン心理としてはアイドルに対する幻想をぶち壊されるレベルの汚い足の引っ張り合いなので、過剰なまでに内部犯を特定したがってるようにも見えます。
    そもそも寮に男を連れ込んでるわけですし。んで告げ口した被害者への報復で男けしかけ、男は逮捕されたけど不起訴。運営も解雇すると言っておきながら何もせず。
    さらに何故か被害者が謝罪会見したわけです。僕は三次元のアイドルに一切興味ないけれど、運営を叩きたくなるのも、内部の共犯者を探したくなるのも、自然なことかなと思ってしまいます。
    まぁ実行犯を叩かないのは不自然なんですけどね、それ以上に他がおかしいからそっちに向かないのかなーと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 10:56
    ニュースより

     最大の焦点は、山口がツイッターで「男が向かいの部屋から出てきました。

    その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした」と、犯人がNGT48のメンバーが住む部屋から出てきたと主張した点だ。

    NGT内部に“共犯者”がいるとしたら、更なる大問題に発展することは想像に難くない。

    「芸能メディア側が内々に取材を行うと、NGTサイドは『メンバーの関与は絶対にない』と完全否定。その結果、NGT側の言い分を、一部のスポーツ紙は掲載してしまいました。関係者取材の怖いところではありますが、厳しい言い方をすれば、やはり“誤報”でしょう。NGT側の“情報統制”に騙されたわけです」

    この問題はメンバーによる手引き誘導が根っこにあるのですよ!
    ここをつぶさないと何度でも繰り返すからねw ^0^ 犯人は実行犯にすぎないから
    不起訴では? メンバーの内通者を処分しないと意味がないのです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 13:50
    カギというか、疑わしいのが向かいの部屋に住んでるメンバーなんでしょうかね?一刻も早く、解決してほしいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 21:16
    哲矢さま> #新潟 #新宣 #加藤美南 #新潟県警察 #加害者 #稲岡 。この単語で ツイッターを検索してみてください。 このワードがつながれば、いろいろ見えてきます。( 私の日記に関連した写真を載せています。 ひとりの女の子に太刀打ちできる話ではないです。 警察も頭を押さえられているようです。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 21:30
    哲矢さま> どうぞ 私のページを ご自由に確認してみてください。 警察も手が出せない。 文春も手が出せないようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 21:33
    でもわたしも めちゃめちゃ腹がたっています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年01月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月