ホーム > mixiユーザー(id:66769082) > mixiユーザーの日記一覧 > まわりうた

mixiユーザー(id:66769082)

2020年01月21日22:44

7 view

まわりうた

からとしう みかのきしんこ
  たたりけり たたこんしきの かみうしとらか

(空と祠宇 身が退き尽期 祟りけり ただ金色の 神艮が)

解説

祠宇(しう)は「やしろ。神社。」、尽期(じんご)は「すっかり尽きて、なくなってしまう時。最後。終わり。」、祟る(たたる)は「神仏・怨霊・物の怪(け)などが災いをする。」「ある行為が原因となって悪い結果をもたらす。」、金色(こんじき)は「黄金の色。金色(きんいろ)。」の意味です。

余談

この歌は、「大神 オリジナル・サウンドトラック」にある「妖怪退治」〜「双魔神 モシレチク コタネチク退治」〜「妖魔王キュウビ退治」〜「ヤマタノオロチ復活」〜「ヤマタノオロチ退治 其の一」〜「ヤマタノオロチ退治 其の二」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

意訳

邪神の巣窟となっていた(本来正しい神様を祀っているはずの)神社が、空っぽとなった。

今までの表舞台から退いた邪神は最後、それまでの自らの行いに対する報いを受けることとなり、消えてしまった。

なぜなら、ただただ金色に輝く神、艮の方向にいらっしゃる神がお出ましになったからだ。

雑感

去年から、自分の記憶と現実の乖離(一般的には「マンデラエフェクト」というそうな)を感じていたが、また一つそれが増えた。

それは「たたり」の文字。

・崇り(自分の記憶)

・祟り(現在)

艮の金神は「たたり神」の汚名を着せられたそうだが、「山+宗」が「出+示」にかわったのは、この神様がいよいよ表に出て来ることの型示しではないか、と個人的には感じます。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月