ホーム > mixiユーザー(id:66723589) > mixiユーザーの日記一覧 > 運の悪さに縊り殺される

mixiユーザー(id:66723589)

2019年08月14日16:56

44 view

運の悪さに縊り殺される

ゴミを拾って運を掴むというのは理に適っているかもしれない。

人間は意識の連続の中で物事を判断する生き物なので、意識下で戦っている内は運を掴む事が出来ない。

丁半博打なんか確率は1/2だが、稀に驚異的な確率で当てる者が居る一方で意味不明なほど外れる者も居るわけだ。

だが、人間の脳は「さっき半だったから今度は丁だ」あるいは「さっき半だったからまた半が来る」といった意識的な理由付けをせずにはいられないもので、アトランダムに丁と半に賭ける事など出来ないのだ。

これが丁半博打ならまだしも、相手が球種を使い分けてくるピッチャーならどうであろうか?

「ちっ、ストレートを打ち損ねた、次はカーブ? フォークで来られたら打てるかな? いやまたストレートだったら今度こそ打つ! だがカーブか! くそっ!」

といった感じだ。

相手の考えている事が手に取るように分かる投手からしてみれば、打たれる確率は1/2どころか100発100中で三振か打ち取る事が出来るだろう。

これを前日からやっていたらどうだろうか?

こんなシミュレーションを幾度となくすればするほど脳にはゴミが溜まっていくので、無駄な情報を削除してリフレッシュさせる必要が出て来る。

睡眠時も脳は覚醒時と同じだけ働いており、バグの処理を続けている。

ゴミ拾いなど野球の戦果とは何ら関係のない行動のように見えるが、これが睡眠と同じように思考のゴミを削除し選手の思考回路をリフレッシュさせる効果があるとしたら?

「試合とは関係の無い行動を一生懸命やるから運を掴めた」

という事になるのではないだろうか。

言ってみれば「運任せ」というのは、無意識レベルにも思考の余地が無いという事を意味している。

ゴミ拾いの行動に執着心など意識下の意味を付してしまえば余計に思考のゴミは増える一方だ。

昨日はゴミ拾いしたから神様は見捨てないはず! 次の球は絶対ストレートだ!……ってアホか?

なわけねーだろ。

呟き上位の勘違いコメントにイイネがたくさん付いている事は、所詮勝負の世界に生きてない人間などこの程度でしか物事を見る事が出来ないのだなと思わされる。

が、

勝負の世界に生きるオレの方が超絶運が悪いのかもしれない。

ここで述べている通り、意識にさいなまれて判断が裏目に出てばかりの毎日である。

ハッキリ言ってATM状態、運の悪さに縊り殺されそうである、マジで。

損をするリスクなど一切考えもしなければ結果は1/2くらいまで上げる事が出来るのであろうが……損するリスクを考えて得するリスクを逃してしまい、おまけに僅かな損失の連続と偶然に起きる特大の損失を全て食らう始末だ。

もう訳が分からない。

昔はシナリオメイク一つで連続して幸運を掴むような神業も出来た。

しかしもう神通力は無くなったのか、あるいは脳が退化してしまったのか、はたまたAIの対等で人間らしい判断が全て否定される時代になったのか分からないが……

もう死ぬしかない。

というか、もう死んだのだ。

諦めて今までの自分を変える事によって、生きる希望を見出すしかない。

オレはいまだに人間が相手の勝負事なら絶対に負けない自信はあるが、コンピュータは論理計算に特化した何かであり、情報だけディープラーニングさせれば人間のように忘れたり頭からすっぽ抜けたり一つの情報に固執したりせずに、容赦なく可能性を切り捨て危険な橋も渡ろうとする。

もう、どうやっても勝つ事は不可能なのだ。

コンピュータのように冷徹な判断をしようとすればするほど、人間であることの不完全性を痛感させられる毎日である。

なまじっか成功体験や経験則的な情報があるからこそ、悉く判断を誤り幸運からは遠ざかるように不運に逆走して行ってしまう。

運が悪い。

もうこれはどうすることも出来ない。

オレもゴミ拾いにでも精を出して脳のバグを取り去ろうかな……?

勝負事とは全く関係ない無意味な事にほど価値がある、そんな事が分かるようになってしまったなんて、オレも随分大人になったもんだ。



■仙台育英の中堅手、試合中にゴミ拾い 運も拾ってきた?
(朝日新聞デジタル - 08月14日 12:24)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5747558
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年08月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の日記

2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月