ホーム > mixiユーザー(id:66723589) > mixiユーザーの日記一覧 > ナニコレ嬉しいw

mixiユーザー(id:66723589)

2019年04月19日16:31

182 view

ナニコレ嬉しいw

だよねぇ!!

いや〜誰だってこうなるわさ。

筋肉なんぞ付けるもんじゃない、ワークアウト止めると激太りするだけだから。

アンガールズだって体脂肪率低いんだぞ?

筋肉ほとんど無いけどw

何で体脂肪率減らすために筋肉つけなアカンのか。

それは……

「同じ体脂肪10キロでも体重50キロなら体脂肪率20%、100キロなら体脂肪率10%」

だから。

筋肉で体重増やせば脂肪の総量が同じでも体脂肪率が下がるんですね〜

おぉ、おぞましい数字のトリック。

身長が同じなら筋肉量がどうであれ、脂肪なんぞ5キロ以下にした方が良いに決まってる。

筋肉付けて代謝を良くするとか……嘘よ?嘘?

過去最高に体重が増えるだけ、金子賢だって筋トレ続けてたらリバウンドとダイエットを繰り返すうちに次は30キロオーバーとかになっかんな!!!!!



筋肉はエネルギーを必要とするがなかなか落ちてくれない。

よく馬鹿が「筋肉落としたくない」とか言ってカタボリックを防ぐために四苦八苦しているが

「減量はカタボリック状態(栄養失調)を維持しねーと脂肪が落ちねぇんだよ!!」

と声を大にして言いたい。

皇帝ペンギンはある一定期間、餌を獲れずに極寒の中、飲まず食わずで卵を温めるわけだが、その際に使われるエナジー源は体脂肪と筋肉を分解したものだ。

が、脂肪1000gを燃焼するまでに分解される筋肉はたったの40gだという。

4%ね。

砂肝2コ分くれーの筋肉、どうでもいいだろ? 1キロの脂肪が落とせるんだぞ?

体内の水分量が少なかったり栄養が足りていなければ筋肉が萎んで張りがなくなるが、これをもって筋肉が落ちたと感じる人は少なくない。

が、そんなもんなの、筋肉なんて。

それっぽっちしか付いてないのよ。

お前等のマッチョはほとんどが水と霜降りの贅肉だかんな!!!!!!

増量期にカタボリックを防ぐためにしっかり炭水化物を摂り、プロテインを定期的に放り込むのは正しい肉体作りである。

が、

フィットネス産業はビジネスなので「肉体の壊し方」については誰も教えてくれず、勘違いしている者がかなり多い。

筋トレさせるならせっかくだしプロテインも売りたいじゃん?

栄養摂って痩せるなら誰も苦労しねェんだよ!!!

脂肪を分解するのも燃焼するのも、造る工程ではなく破壊する工程なのだ。

そのために筋肉が多少犠牲になるのは仕方のない事。

おおよそ、金子賢もメシを普通に食ってただけなんて言っとるが「筋肉量を維持したい」との思い込みから少なめの炭水化物に加え、タンパク質を過分に摂取していたに違いない。

タンパク質、必要ねぇわ。野菜食え。

肉なんぞ食えば食うほど腹減るばっかりで、結果として運動不足でカロリーオーバーになるだけ。

トレーナーを付けたジムの女性会員が一向に痩せず、みるみる肥えて大きくなるのが良い例だ。

トレーナーも素人みてーなもんなんだよ。

だってジムのトレーナーって基本、馬鹿だから、

教わった内容に疑問を抱きもせず、会員をデカくする指導ばかりしてしまうわけ。

IQ足りてねー奴はダイエット語るなと言いたいわ。



タンパク質は炭水化物や脂質に比較して体を温める効果が約2倍と、同じカロリーを摂取しても内容が変えれば燃焼効率も上がるとか言われるが〜

体が温まったら脂肪燃焼しねーだろ……馬鹿か?

寒いから脂肪を燃焼して体温を維持すんだよ!!!!!!!! 逆だボケ!!!!

大汗掻いて毛穴が開きまくって、脱水に近い状態を維持していれば、夏だろうが寒くて寒くてメチャ燃えるんだ。

だから痩せてる人ってのは体に保持されている水分量も少ないの!!

モデルが水をたくさん飲むってのは、体を冷やして燃焼を促すためと美容のためだ。

あいつ等は元々筋肉量が少ないから飲んでもすぐ出てってくれるし、体に水が溜まらない。

筋肉が少ないから血液が少なくて済む、筋肉が血液を必要としたら筋肉が付いて血液の量が増えるから、ダブルで体重が増えるのよ。



また、摂取する水分が少ないと血液の量が少なくなるので食事はビタミンたっぷりでなければ栄養が行き渡らない。

だから野菜ばっか食ってる人は痩せてても元気なんだよ。

肉ばっか食って「ダイエットに成功しました!!」とか言ってる奴はな、食事を肉から野菜に変えると途端にエナジー不足になって元気が無くなるんだ。

走れなくなる、高負荷の筋トレが出来なくなる。

野菜でダイエットしねーと結局は体脂肪量のコントロールが利かねぇんだよ。

野菜食ってても走れる奴ってのは、体脂肪量が少ないから体が軽いのでジョギングに負担が少なく、しかも血行が良いから隅々まで栄養が行き渡るからなの。

ある程度までなら痩身ダイエットも筋肉を残して減量が出来るが、スーパーモデルのようになりたいと思うなら、突き抜けるには筋肉を犠牲にして脂肪と血液の量を減らす、というのが正しい方法論だ。



筋トレしても大したカロリー消費にはならず、トラウマになるくらいの食事制限をしない限り脂肪は落とせない。

ぶっちゃけ、勉強して脳ミソ使った方がカロリーの消費も燃費も良くなるくらいだ。

「勉強して野菜食ってストレス発散にジョギングする」ってのが一番痩せるわけ。



怪我とか体に大きな異変をきたすようなアクシデントってのは本当にタチが悪い。

元気に快活に毎日筋トレに明け暮れていたとしても、無意識の部分で怖くなって無茶出来なくなるんだわ。

毎日少しづつ無茶したお陰でフィジークの上位に上がるような筋肉マンになれてもな、その無理の部分がカットされちゃうだけで体重は脂肪で激増する。

これは結構リアルな話だ。

金子賢も証明してくれたw


ちなみに、オレの言うダイエット方法は「痩身」を目的としている。

20キロの激増から、ダイエット方法を間違えて肉食いながら脂肪を落とそうと頑張ると……

体重は30キロオーバーになる事、間違いない。

野菜食って走るしかねーぞ、マジで。




金子賢、20キロの激太りでダイエット決意 “ぽっこりおなか”公開で「人生最大やわ…」と焦り
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=5588119
1 15

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 16:37
    ごもっとも
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 17:17
    あ、ニュースから読ませて頂きましたが、物凄ーく勉強になりました。今までの知識が覆されましたグッド(上向き矢印)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 17:17
    > mixiユーザー でしょ〜?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 17:25
    > mixiユーザー 
    パーソナルトレーナーに従って太くなるばかりの女性は結構見掛けますからね。
    そもそもパーソナルトレーナー自身もデカ過ぎて運動着以外着られなそうなみっともない奴ばっかだし。

    男性でもボディラインのキレイな人はみんな走ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 21:16
    > mixiユーザー わーい、私走ってるるんるん\(^^)/もっとキレイになろう!あんがとー!(人´∀`)♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 21:54
    ニュースから私は筋トレ生活30数年ですが現在も体調は壊さず無事に健康に過ごせてますよ。健康管理は人それぞれなやり方もあり、極端な偏りは確かに良くないかもですが、筋肉貯金は健康を維持するには大切であると思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 21:56
    > mixiユーザー 
    「もっと」って事は既にお綺麗な方なんですね?
    素晴らしい。

    女性ですとごくたまに走る骸骨みたいな狂気染みたランナーを見掛けますが、肌の調子は塩分と油分の摂取で調整すると良いと思います。
    双方共に摂り過ぎはヤバ過ぎる結果になりますが、適度な塩分は張りを、油分は艶を与えてくれますから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 22:13
    > mixiユーザー 
    筋肉貯金って大事ですかね?
    病気や怪我をすれば、筋肉があろうがなかろうが同じくらい体が変わってしまいますから。
    それに太り過ぎて動けなくなるデブには筋肉もへったくれもないし、ガリガリの人は割と歳取っても動けてるじゃないですか?
    そもそも10代の若者は元気だけどみんなガリだし、中年以降だからって余計な筋肉なんか要らないと思います。

    まぁだからって筋肉ゼロのガリガリでいいとは思いませんが(理想はモデルとか細マッチョ体型なので)、感覚としては医師がそんな言葉作って世間に不安煽ってるだけのような気がしますね。

    あと、健康のためではなくモテる外見を作るためにするもの。
    それがワークアウト。
    これがオレの考え方です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 22:24
    > mixiユーザー 私のボディビルの先輩は60代になって不幸にも進行したガンになってしまったのですが、大手術も長年の筋肉の蓄えがあったから無事に乗り越え回復に至れたと担当医のお墨付きをもらっています。それでも仰るとおり身体作りは筋トレだけでなく人それぞれなので、本人が良ければ私もそれを一切否定する気はありませんが、筋トレのお陰で人生を幸せに生きれている人間もいることを僅かでも記憶に留めて戴けたら幸いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 22:49
    > mixiユーザー 
    オレは基本的には性格によりけりだと思ってます。
    マイペースな方、周囲の影響を受けやすい方、色んな人が居ますから。
    お話を聞く限り超吉さんはマイペースな方なのかなと思いますが、オレはかなり周囲から悪影響を受けるタイプですので、煽り文句のようなデカくなるばかりのダイエット理論が大っ嫌いなんですね。
    むしろ30年間病気ひとつせず上手に続ける事が出来ていらっしゃるというのは羨ましいくらいです。

    病気は筋肉貯金で乗り切る……まぁ確かに、全てを否定することは当然出来ませんね。
    ただ体力と筋肉は一概に同じものとも思いません。

    癌は突然変異した細胞であり、言ってみれば新しい細胞です。
    ですが正常細胞は何億年という歴史を飢餓の中で生き抜いたDNAによるものなので、飢餓に滅法強いわけですよ。
    「猛烈なファスティングで癌細胞を餓死させる」というと医師は鼻で笑おうとしますが、オレにはそういう考え方の方がしっくり来るんです。

    もっとも、減量にせよファスティングにせよ、骸骨から骨と皮になることは出来ませんので下準備としての筋肉貯金は絶対に必要だと思いますけど。
    健康だけでなく、美容の観点からも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 23:09
    > mixiユーザー 失礼ながら金子さんの場合は筋トレにはムラがありほんとはガチに好きではないのかもです。私は腰痛の時もリハビリに筋トレして体調が良くなる位でありましたから
    私は今の家内も筋トレが縁で結ばれましたので筋肉には感謝の人生です。顔(嬉し涙)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月19日 23:55
    > mixiユーザー 
    たまに居ますよねそういう方……おめでとうございます(笑)
    筋トレ様々であるようでしたら、性格的にも体質的にもきっと向いてるらっしゃるんでしょう。

    まぁ筋トレそのものを否定するというよりも、栄養学的な分野についてフィットネス業界は問題があると言いたいんですけどね。
    みんな取り憑かれたようにタンパク質を摂取しますが、いくら筋トレをしても食事さえストイックなら無駄な筋肉も贅肉も付かないので良いと思います。

    金子さんのトレをご存知とおっしゃるのはブログでも拝見してらしたんでしょうか?
    オレも筋肉が原因の腰痛ならまだしも、ヘルニアなんてやっちまったら多分しばらく休むでしょうね……。

    蛇足ですが、医師は骨のスペシャリストではありますが、筋肉については素人同然です。
    鍼灸師のビルダーなんてあまり聞きませんが、東洋医学の方が筋肉の事はよく知っていると思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月20日 00:18
    > mixiユーザー 語弊からきっと、そう来ると思った!ってゆーか、これからはきんにく先生と呼ばせて頂きますレストランお願い何もかもお見通しなんですもの。せーんせっハート(鼓動)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月20日 01:07
    > mixiユーザー 
    あらw
    あんまり懐くとボディチェックされちゃいますのでご注意ください。

    理想体型に向けて、一緒に頑張りましょうね〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月20日 05:56
    > mixiユーザー 確かに高蛋白質の生活が過ぎると、歳を取ってから健康診断で内臓の数値が悪くなる可能性も高いので、
    過剰過ぎる摂取も考えものだと私も思ってますが、情報に囚われ過ぎず自分に合った適切な摂取なら身体作りにも晩年の健康診断にも問題はないと確信しています。私は50代になりましたが健康診断は毎年無事で過ごせてる次第です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年04月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

過去の日記

2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月