mixiユーザー(id:66699550)

2021年07月29日03:26

176 view

金髪のギャルと黒髪ぱっつん。



嫉妬させたくて、なんかいろいろ考えてたけど

そのままどっか行っちゃうのが怖くて
やっぱり何も出来なくて。

じゃあ、それをキミ伝えたら何か伝わるかもって思ったのに

キミはいつもの鼻笑いしてさ
「そんなことよりさぁー...」て。

全然 私の話なんか、気持ちなんか
お構い無しでさ。



あの日、あのときの天気は忘れちゃったけど

窓ガラスに水滴がつきそうな日、

私のキズに気付いたキミが

「なんで、なんで、なんで...」て

何か聞こえない独り言いいながら 泣いてくれた

どのくらいの時間が経ってたのかな...
ずっと手を握ってた。

あの空は、何色か見えなかったけど
明るくなってきた窓ガラスは曇ってた。



...なんで急に思い出したんだろ。

時々ね、友達とキミの話をするんだよ
ネタ話みたいにね。笑


「何歳ですか!」て聞いたら
「46」て。
40代かっけぇ!て思ったの覚えてる
ねぇ、...なんでサバよんだの?笑

初対面で去り際、初めての会話が「何歳ですか」て聞いた私も おかしかったな...。笑

初めて聞いた声も
「よんじゅうろく」。


















8 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月12日 13:21
    誰かの傷へ泣くことのできる、感受性。
    その共鳴の人とは、傍に居た方が良い。

    よんじゅうろく、の橘より。(*'_ゝ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月13日 00:05
    > mixiユーザー 

    同じ歳なんですね!
    その人は当時...20代前半でした(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031