mixiユーザー(id:66671909)

2019年12月08日20:23

40 view

今日は78年前に真珠湾攻撃があった日

今日は78年前に真珠湾攻撃があって、日本が第二次世界大戦に参戦した日だが、いつまで経ってもアメリカ人は「リメンバー・パールハーバー」という幼稚なことを言っており、「パールハーバーがあったから、やむを得ずにアメリカはヒロシマとナガサキをしなければいけなくなった。先に不意打ちをしてきた日本の方が悪い。アメリカにとっては、太平洋戦争はアメリカ本土防衛のための防衛戦争だった。ハワイが攻撃を受けたから、次は日本海軍は間違いなくアメリカ本土を攻撃するだろうと思い、アメリカ人は怯えていた」などと主張しており、アメリカの公立学校ではこのように教育されているという。

でも、1941年11月26日に日本に突き付けられたハルノートの内容を読んでもらいたい。「日本は海外の植民地を全部放棄して、1868年に明治政府が出来た時と同じくらいまで領土を減らすべし」などと書いてある。こんな滅茶苦茶な条件を、まだ帝国主義が続いていた時代に日本政府と日本人が受け入れられるわかげない。アメリカだって「ハワイ、フィリピン、グアムなどの植民地を全部放棄しろ」という要求を他の国から突き付けられたら、政府と軍は戦争を決断するだろ?


さらに、状況をややこしくするのは「真珠湾攻撃陰謀説」である。日米合作で作られた「トラ!トラ!トラ!」はドキュメントタッチで非常によく出来た戦争映画だが、この映画に登場する米政府と米軍の軍人は「まさか、日本軍はハワイを攻撃出来るわけがない」とたかをくくっており、一方、山本五十六以下日本海軍の軍人たちは真珠湾攻撃を目指して日々努力を重ねて、遂には成功させるが、山本は外務省の失敗で宣戦布告が攻撃の2時間後になってしまったことを知って、「真珠湾攻撃は大失敗だった」と嘆くというラストシーンだった。

この映画はなんか真珠湾攻撃の背後に、「アメリカ側は日本が先に攻撃をしかけてくることを予想していたが、まさかハワイを攻撃するというのは想定の範囲外だった。アメリカ側は、日本軍はフィリピンかシンガポールを攻撃するだろうと予想していた」というような、アメリカ側の思惑があったように描かれている。さらに、この映画に出てくる特に日本海軍軍人は優秀に描かれているが、アメリカ軍側の軍人は「日本軍がハワイを攻撃するわけがない」と信じているので、結果を知っている視聴者にとってはなんか間抜けに描かれているのである。

この映画と他の真珠湾攻撃を描いたドキュメントでも、「アメリカ側は日本が恐らく最初の攻撃を行うと予想はしていたが、まさかいきなりアメリカ海軍の本拠地があるハワイを攻撃するとは、とても予想出来なかった」という説が多い。東京裁判でも真珠湾攻撃は戦争犯罪で裁こうとしたが、当時、真珠湾にいた米海軍のスターク提督がアメリカ側にとっても不利になる証言をしたので、連合国側は真珠湾攻撃は東京裁判で問題にすることを避けた。結果として日本の海軍提督は真珠湾攻撃では誰も有罪にならなかった。

真珠湾攻撃陰謀説についてはウィキペディアの説明を参照。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AA%AC#%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88

しかしながら、やはりアメリカ人の限界というのがあり、アメリカ軍人が少し間抜けに描かれている「トラ!トラ!トラ!」は、高く評価されているものの、アメリカではあまりヒットしなかった。やはり、アメリカ白人が間抜けに描かれているのでアメリカ白人が見たくなかったのだろう。一方でドイツ人家庭にホームステイしていた時に、そこの家族は「トラ!トラ!トラ!」を見たことがあり、主人から「『トラ!トラ!トラ!』には確か何か意味があったね」と質問をされたことがあった。「『トラ』は『ティガー』という意味ですよ。でも、ドイツ軍のティガー戦車とは関係ないですけどね」と僕は答えた。(苦笑)


一方で、日本軍が真珠湾を攻撃した時に駐ドイツ大使の大島浩は、「ナチスドイツ軍がヨーロッパで勝つのは確実」という情報を流していたけど、頼みの綱のナチスドイツ軍はモスクワ前方で初めての大敗北を喫していた。そして、それから1年後にはドイツ軍はスターリングラードで取り返しのつかない敗北を喫して、ドイツ軍の敗北は決定的となったのだった。陸軍首脳部は「ナチスドイツがヨーロッパで勝つのは確実なので、日本は米英と戦っても大丈夫」と信じていたが、そのドイツ軍が負けてしまったのでは、日本が米英に勝てるわけがなかった。でも、1941年12月当時のヨーロッパの地図を見れば、「ドイツがヨーロッパで勝つ」と信じるのも無理はないか。


写真左は1941年11月30日のハワイの新聞。「日本は今週末に攻撃してくるかもしれない」という見出し記事が、民間業者の新聞にすら書いてあったことを証明している。

写真真ん中は1941年6月の「バルバロッサ作戦」発動前のヨーロッパの地図。この後もドイツ軍は「バルバロッサ作戦」でソ連軍を一方的に押しまくって、モスクワまであと30キロの地点に到達した。この状況を見て日本は、「米英と戦争をしても負けない」と確信をしたようだ。

写真右は1970年の日米合作映画の「トラ!トラ!トラ!」。ドキュメントタッチでよく出来た映画だが、アメリカ軍人がちょっと間抜けに描かれているので、アメリカ本国ではあまりヒットしなかった。一方で、アメリカ軍人がカッコよく描かれている「プライベート・ライアン」「バンド・オブ・ブラザーズ」などは、アメリカでは大ヒットをした。この辺に、アメリカ白人たちの限界がある。「アメリカ軍人は正義の味方」と描かれてなければ、彼らは映画を見ないのである。(苦笑)
11 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 20:51
     『トラ!トラ!トラ!』は怪獣映画以外で初めて映画館で観た映画でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 20:55
    確実に言えるのは「日米開戦は避けられなかった」という前提、そして宣戦布告遅れは駐米大使館ら外務省のミスや責任でしたが、わざわざカラーフィルムまで用意したアメリカ軍も真珠湾の被害の大きさは想定外だった様で、遡ること戦前に「日本軍が真珠湾を攻撃する可能性」を説いた一軍人の警告も一笑に付されました。

    同じころドイツでは報告を聞いたヒトラーが「真珠湾とは何処にある?」と聞き返した位に認識が薄いというか「遠い世界での出来事」に等しく、ドイツの勝利を信じて疑わぬ大島大使の流す都合の良い情報を日本も鵜呑みにしてましたが、駐スウェーデンの小野寺武官は未だしも冷静でしたね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 21:07
    SF映画などでも、地球が侵略されそうになると、宇宙人と戦って地球を救うのはアメリカですよね(笑)

    真珠湾攻撃=日本による卑怯な騙し討ち説は、過去の公文書などが開示されてきていることもあり、日米の戦争が国益の衝突であったことや、東京裁判史観の見直しも少しづつ進んではいる…という記事もありました。
    アメリカは軍人の国なので、退役軍人をとても大事にしていますよね。
    そういう退役軍人は政治的に影響力がとても大きいので、真珠湾攻撃の頃の彼らが元気なうちは、表立って歴史を見直すわけにはいかないようです。

    ハリウッド映画は、アメリカ人のヒーロー的プライドと中国資本が強いうちは変わらないでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月09日 18:01
    > mixiユーザー 

    「トラ!トラ!トラ!」の頃は「ゴジラ」などの怪獣映画の撮影も盛んでしたね。あの頃はまだハリウッドにはSFX、CGなどの特殊効果はなくて、戦闘シーンなどの特殊効果の撮影では日本の円谷プロの方が上だったらしいとか聞いてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月09日 18:14
    > mixiユーザー 

    真珠湾攻撃があった頃はまだ米海軍内にも「大艦巨砲主義」を信じる将校が多かったですから、空母六隻の集中運用でハワイの米海軍の本拠地を日本海軍が攻めてくるなどとは信じなかったでしょうね。それで、日本海軍の真珠湾攻撃にヒントを得たのが、B25爆撃機を空母に積んで日本本土を空襲するというプランだったわけです。米海軍は日本海軍のやり方を真似しました。

    スウェーデンにいた小野寺陸軍大佐は中立国にいたから、けっこう冷静に連合国側の動きも把握してましたが、大島のようにお父さんもドイツひいきで子供の頃からドイツ語が堪能となると、ナチスドイツ寄りの情報しか信じなかったのは仕方がなかったかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月09日 18:31
    > mixiユーザー 

    僕は「全米が泣いた感動大作」というのは、基本的に興味があります。ハリウッド映画はまずはアメリカ人、特にアメリカ白人が感動する映画なので、日本人にとっても感動できるかどうかは疑問なのです。「アンブロークン」は日本未公開でしたし、「ハクソーリッジ」でも日本側の沖縄戦での悲劇は全く描かれてませんでした。

    それに、アメリカ軍は軍の勇気を讃える映画には協力しますが、ベトナム戦争の米軍を批判的に描いた「プラトーン」、「地獄の黙示録」などには協力しないので、ハリウッド映画会社は自前で武器などを調達しないといけないのです。アメリカには言論の自由はあっても、軍を批判する映画が少ないのはこういう理由です。

    2009年に日本では全くヒットしなかった「オーストラリア」という糞映画がありましたが、この映画ではなんと日本軍がオーストラリアに上陸して住民を虐殺するシーンがありました。明らかにチャイナマネーがスポンサーについていたので、事実とは違う滅茶苦茶なシナリオになっていたのです。今はチャイナマネーが強いから、ハリウッド映画もこういう作品が多いようですね。(苦笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

過去の日記