ホーム > mixiユーザー(id:66554699) > mixiユーザーの日記一覧 > ・・・・は死んでも治らない

mixiユーザー(id:66554699)

2019年10月14日23:51

150 view

・・・・は死んでも治らない

DV年下男と別れて 入れ替わりに彼氏の座に居座ったのは
5つ年上の テキヤの男だった。

左肩から胸、腕に綺麗な刺青があった。
色白で 絵がよく映えてぴかぴか(新しい)


「お前は 磨けば光る原石だ!」

それが 彼の口癖。
多分 誰にでも言ってただろう口説き文句だったのでしょうねボケーっとした顔
  
見た目は 当時の私にとって全然タイプではなかったけれど
とにかく褒め上手で そんな経験の浅いあたしは 日に日に彼の思うツボに冷や汗


テキヤの彼は 夏中各地を回って露店業で生計を立てていた。
私も1年間彼について 各地のお祭りで フライドポテトを売った。


自分の地元の祭り露店の時は 片時もサングラスを外すことなく
働いた。
当時1カップ300円を1日10万以上売り上げるドル袋ということは 半端なく忙しく
(地域によっては3万くらいのところもあったけど)
毎日くたくただったけど 
祭り巡業中はトラックの中の寝泊まりで しかもその中で男女の営みも行われる。

時には 移動中、運転を若い衆にまかせ 走行中のトラックの荷台で致すことまで・・・・うれしい顔


そんな彼には秘密があったマル秘
彼には奥様と子供がいたの。
奥様の親友と不倫、奥様にばれて 別居中、のときに 私のところへ転がり込んできたってわけ。

サイテーげっそり

あたしがソレを知ったのは 彼の奥様ではなく 愛人の方が接近してきたから。
奥様は すでに精神を病んでおり やっと自分のものになると思ってた愛人の方が
焦ってあたしにモーションかけてきたってわけね電球

呼び出し食らって 第一声が 
「私ね 彼の子を7回堕ろしてるの」

今思うと いきなり何言っちゃってんの?って感じだけど
きっと 彼女にしたら それだけ彼と愛し合った(寝た?)過去があるのよ!とでも言いたかったのでしょうね。

可愛い奥様と 色気むんむんの愛人、そして 若いだけのあたし・・・

彼は奥様と正式に離婚して 愛人とも縁を切り あたしのところに来た。


でもね

そういう男は繰り返す。

露店巡業で 知り合った地方の飲み屋のママと良くなって
あたしも随分苦しんだし

また あたしの友人が泊りに来たときはちゃっかり手を出してるしあせあせ(飛び散る汗)

そういう男は治らない。

また 勉強することとなったがく〜(落胆した顔)
4 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 11:34
    女癖の悪いのは一生治らないでしょうね。いや、死んでも治らないのか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 12:33
    > mixiユーザー 
    そ、死んでも治らない(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 13:06
    口がうまい方なんですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 12:19
    お初です。何点かの見覚えのある画像です。早いとこ、ご自分のもつ、あまり好ましくない男運から脱却して、残りの人生をエンジョイすることを目指すべきです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 13:27
    > mixiユーザー 
    口がうまくて、今思うと「嘘でもないけどな・・・」から始まる話は 全て嘘でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 13:28
    > mixiユーザー 
    見覚えありの画像がありましたか?
    本当に男運が悪かったですね。若いころは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 23:24
    あたらしい日記楽しみにしています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記

もっと見る

過去の日記