ホーム > mixiユーザー(id:66554699) > mixiユーザーの日記一覧 > バンドマン

mixiユーザー(id:66554699)

2019年09月19日13:32

98 view

バンドマン

あんなに優しかった九州男児の彼を振り あたしは別の男に走った。
友人と飲みに行ったお店にきていたアマチュアバンドのボーカル担当の男に
すっかりハマってしまったのだ。

身長が高くて少々歌が上手いだけの しゃくれた顔した
全然タイプじゃない男ボケーっとした顔

飲んでたし 暗いお店の中で 完全に雰囲気にやられた感じのあたしは
演奏ムードが終わって隣に座った彼から電話番号の書かれたメモを渡された。

こっちに来た時は連絡してウインク

彼は隣町に住んでいるらしい。

あたしは それから間もなく隣町に引っ越した。

さっそく彼に電話をかけると 彼は驚いていたようだったけど
日程を調整して 会うことにした。

初めてのデートで 夜景の綺麗に見える場所というところにドライブした車(RV)

まだ若く初心で田舎者のあたしは 車のサイドミラーが電動で動くことも知らずに
オカルトチックな演出にすっかり騙され
その夜は怖くて 彼に泊まってもらうことに・・・・。

お決まりの流れで あっという間にふたりはそういう関係にハート

すっかり恋人気分のあたしはその年のクリスマスプレゼントに
彼がステージで使ってくれそうなネクタイを買って用意していたクリスマス

イブの日 彼が家にやってきた。
なぜか 部屋には上がらず玄関先に立ちすくんだまま話があるという。

なんだか 表情が暗い。

胸騒ぎがした。


「実は 元カノに子供ができちゃって 俺、責任とって結婚することにしたから」


は?

え?

何言ってるの?げっそり



もう頭の中は真っ白。
子供?結婚?元カノ?
頭の中をぐるぐるまわる。

「だからゴメン・・・もう会えない」

そっか・・ヨリ、戻すんだ。

ちょっと強がってそう言ってから
あたしは 細長い包みのプレゼントを差し出したプレゼント



「これ 俺がもらっていいの?」

「だって 他にあげる人いないもん」その言葉と同時に我慢してた涙があふれた泣き顔

彼は ありがとうと言うと静かにドアを閉め立ち去ったドア


罰があたった・・・罰が当たったと思った。
九州男児の元カレを あんな振り方した罰が。

おそらく バンドマンの彼は もともと既婚者だったのかもしれないし
初めから彼女がいたのかもしれない。

要するに あたしは遊ばれただけ。
 
電話番号配った女の中から うまいこと釣れたのがあたしだったのでしょう。

馬鹿な女。


その夜は
ひとしきり泣いた後、いつもより濃いめの化粧を施し化粧
紫色のパンツに赤いハイヒールを履きブティック

ひとりで夜の街へ繰り出した。
8 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 12:54
    荒れたんですか!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 15:33
    異性関係のことってのは後悔している事を抱えている人は多いですよねぇ。
    私もそうですが。生まれて初めてたった一人自分に惚れた(もう正気を失って狂ってた)女の子を振ってしまって、あれから20年過ぎても思い出すのは、その子の精一杯無理して着てきたパステルカラーのワンピース姿での女としての死力を尽くしての愛嬌と。彼女を思い出す時、いつもその姿で思い出すし、私の心の中で一番美しい位置にいる女です。逃がした魚は大きかった。 逆に「こんなバカな女に夢中になった自分がバカだった」という想い出もありますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 13:31
    > mixiユーザー 
    そうですね(笑)
    荒れたかったんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 13:33
    > mixiユーザー 
    確かに後悔もありますが 経験は財産だと思ってます。負の部分が多いですけど・・・。

    逃した魚は大きかった・・・その気持ちわかりますがく〜(落胆した顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年09月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

もっと見る

過去の日記