ホーム > mixiユーザー(id:66462631) > mixiユーザーの日記一覧 > 光秀の謀反と連歌

mixiユーザー(id:66462631)

2019年12月26日01:43

41 view

光秀の謀反と連歌


<strong>ときは今
  
  天が下しる

      五月かな
</strong>

戦国時代における連歌の第一人者といえば、何といっても里村紹巴。
紹巴や彼と親交の深かった公家たちは、優れた句を数多く残しています。

また細川幽斎を別格とすれば、最上義光はダントツの248句。
他にも島津義久・三好長慶・前田玄以・古田織部など。
戦国武将たちも多くの連歌の句を残してます。

しかし。現在残されている多くの連歌の中で、圧倒的に有名な句。
・・・っていうか、唯一知られているのはコレでしょう。

明智光秀は秀吉の毛利征伐を支援するように命じられ、

1582年5月28日。連歌仲間たちから「壮行会」を兼ねた連歌会を開いてもらいます。
場所は愛宕山にある寺「威徳院」。

もちろん主賓は光秀で、この連歌会をセッティングしたのは紹巴でした。

「これより光秀さまのご活躍を祈念して連歌会を行います」
「わー。パチパチ」
「それではさっそく光秀さま。発句をお願い致します」

司会進行役の紹巴に促され、光秀が発句を詠みます。

ときは今 天が下しる 五月哉

この句の「表」の意味としては、
「今はよく雨が降る梅雨の時期だねー」
・・・っていう単なる時候の句。何の変哲もない句です。

ところがこの句には「裏」の意味があったとされています、

「とき」というのは「土岐」と読める。
明智光秀は「土岐一族」と言われてますから、これは自分のコト。

「天が下」というのはもちろん「天下」って意味ですし、

「しる」は「治る」って読めるので、これは「統治」するって意味。

このように解釈した場合、

「私が今まさに天下を治める五月になったのだ」
そんな風にも読めます。

これはもう光秀による謀叛の「決意宣言」そのもののです

しかしそんな「裏」の意味を知ってか知らずか、
この句に第二句を付けたのが、威徳院の住職である「行祐」

水上まさる 庭の夏山

そしてこの行祐の「脇」に対して、主催者である紹巴が第三句を付けます。

花落つる 池の流れを せきとめて

ここから連歌は続けられて「百韻」が完成しました

百句のうち、光秀が詠んだのは全部で15句。紹巴は18句。
この連歌は愛宕山で行われたため「愛宕百韻」と呼ばれます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「愛宕百韻」 当然のごとく後に問題となりました

光秀を討ち取った秀吉は「愛宕百韻」の懐紙を手に入れてビックリ。
すぐに紹巴をはじめとする連歌会に参加したメンバーたちを詰問します。

「お前たち。光秀が謀反を起こすコトを知っておったな?」

「えっ。何のコトですか」

「光秀は連歌会で謀反の決意表明をしてるではないか! 知らぬとは言わさんぞ!」

「仰ってる意味が解かりませんが・・・・」

「しらばっくれるな! ここに証拠の懐紙があるんだぞっ」

「すみません。ちょっと見せて頂けますか?」

紹巴は秀吉から「愛宕百韻」の懐紙を受け取ると、いきなり叫びます。

「こ・・・これは罠だっ!」

「何だと? ナニが わななんだ! いいかげんな偽りを申すと ただではおかんぞ!」

「ひゃーーそんなめっそうもない・・秀吉様、お聞きください! たしかに連歌会では、光秀さまが発句を詠まれました」

「それで?」

「この懐紙には "天が下しる" と書かれてますが、よく見て下さい」

「ん?」

「この "し" の部分に修正した跡が見えませんか?」

「むむ。たしかに・・・」

「光秀さまは実際には "天が下なる" って詠んでました。そうだよね皆の衆」

「そうだそうだ」

「だから光秀さまの句は "今って梅雨の季節だよねー" って意味にしか取れません」
「・・・・・・」
「光秀さまに謀反の気配があったなんて、我々が知るワケありませんよ」

「むむむ・・・」

「おそらくこの懐紙は何者かによって改竄されたんでしょう」

「・・・・・・」

「これは明らかに我々を陥れるための罠です」

「そうだー。厚労省の捏造と同じだー」

「週刊文春の陰謀だー」

「あはは なにを申すか!」

必死の「言いくるめ」作戦は成功し、紹巴たちは打ち首を免れて 無罪放免となりました。

「ふう。危なかったぜ・・・・」

しかし素人ならいざ知らず、紹巴ともあろう人が光秀の句を聞いて

「今って梅雨の季節だよねー」

って意味にしか取れなかった・・・・そんなワケありません。

おそらく光秀の発句を聞いてすぐにピンと来たのでしょう。

「これはやばいぞ・・後で問題になるかも・・・・」

紹巴はすぐに懐紙に細工を施して、

いつでも言い訳できるように手を打っていたのでした

さすが当代一の連歌師だけはありますよね・・
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月26日 08:38
    面白い!(^-^)v

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年