mixiユーザー(id:66462631)

2019年11月27日21:09

22 view

東京大空襲・・広島、長崎に匹敵する10万人を焼殺した米軍司令官に日本は勲章を贈った


この黒こげ死体の山をつくった米軍司令官に勲章だとさ・・

太平洋戦争中、アメリカ軍が首都・東京に加えた空襲は130回以上におよんだ

最初の空襲は日米開戦からわずか5カ月後の1942年4月、茨城県沖の空母ホーネットから飛び立った艦載機B25による奇襲攻撃であった。その2カ月後、日本軍は空母ホーネットの基地であるミッドウェー島の攻略作戦で大敗。そして1944年7月以降、米軍はマリアナ諸島のサイパン、グアム、テニアン3島を奪取し、ここを基地にB29による本格的な日本本土空襲を始めた。終戦前の2年間、「東京は毎日のように赤く燃えていた」と語られる。

 そして、1945年の3月9日夜、サイパン・テニアン基地を出撃した352機ものB29は、房総半島から低高度で東京に侵入し、都民が寝静まった10日午前〇時7分から約2時間40分の間に下町地域に油脂焼夷弾を約38万発(1800邸謀蟆爾靴拭この焼夷弾は水では消えない特殊な油脂を周囲にまき散らして爆発的な火災を起こすもので、木造の日本家屋を効率よく焼き払うために特別に開発されたものだった。

 米軍はこの地域全体を焼き尽くすため、春先の強風が吹く3月を攻撃時期に選び、隅田川を中心にして浅草、本所、日本橋区全域を含む下町地域に照準点を設け、周囲から炎で囲い込んで住民が逃げられないように空爆を開始。まともな反撃もないなかで空爆精度を上げるために平均2000辰猟禮眦戮らレーダーを用いて投下するなど、まさにやりたい放題の民族絶滅作戦を実行した。わずか2時間足らずで10万人超が犠牲になるような空爆は後にも先にもない。

下町を中心に東京都の六割の面積が焦土と化し、約29万戸の家屋が焼失し、墨田区では人口が空襲前の4分の1にまで激減した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦後、この絨毯 爆撃を指揮したルメイ将軍に天皇は勲章を授与しました

【ナニを血迷ってるんだ! あほか!腹が立って仕方がない】
と 既に崩御した天皇を指弾する 声がネットにありますよ

また、東京都内には70年以上たった今でも公的な慰霊碑や資料館がないという異常さ・・この70年、「東京都史上初の革新都政」といわれた美濃部都政、「ノーといえる日本」といった石原都政

枡添しかり 小池さんになっても 東京大空襲を継承する公的施設が 声が挙がることすらない 墓碑もなければ 公式名簿もない まして建設しょうという話も聞いたことがない

一体どういうワケなのか知りたいですね
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930