mixiユーザー(id:6645522)

2016年11月30日15:06

143 view

侍戦隊シンケンジャーの魅力(1)

 スーパー戦隊シリーズもついに40作の節目を迎え、特撮として評価が確立
した感のある、ウルトラシリーズ、昭和・平成仮面ライダーシリーズとくらべ
て、やや子供向けの明るい感のあるスーパー戦隊シリーズも、今や、日本の
特撮としてかかせない1ジャンルになった。

 すべての戦隊シリーズを観たわけれはないが、歴代のスーパー戦隊からNo.1を
あげろ、と言われたら、それは文句なく「小林靖子の」「侍戦隊シンケンジャー」であろう。

 ヒーロー物であるからには、少数の例外をのぞけば、大テーマは「愛と勇気と
希望」であろう。戦隊ものを特色づけているのは、もうひとつ「仲間との絆」
である。

 それゆえ、レッドが一応歴代のリーダーとして、主人公をつとめ、戦闘力も
いちばん高いことが多いとはいえ、基本的には戦隊の各メンバーは、その性格や
実力、個人の来歴はさまざまでも、6人目の戦士を含めてほぼ大多数が、その
関係は平等である。そういう意味でもっとも戦隊らしいのは、おそらく三条陸
脚本の「恐竜戦隊キョウリュウジャー」であろう。

 ところが、「侍戦隊シンケンジャー」だけは、冒頭から戦隊内に、「殿」と
「家臣」という明確な上下関係が設定され、「殿」は一段高い位置から
「家臣」たちをまとめ、「家臣」は「殿」に忠誠をつくす、という、時代劇的
要素が設定されている。このことは、歌舞伎に造詣の深い小林靖子によって
作られた、スーパー歌舞伎的ワールドといってよい。

 それ故、現代の「侍=家臣」たちには、この世界観に対し、そもそものはじめ
からほかの戦隊にはない葛藤があり、代々の家臣として忠義をつくそうとする
もの、合理的視点から戦う仲間として接しようとするもの、時代錯誤的な扱いに
対して反感をいだくもの、侍として生きることに自分の意味をみいだし、純粋
に「殿様」を慕うもの、「殿」個人との友情から自己流侍になってしまうもの、
とさまざまな「侍」たちの集合があり、それだけに、戦隊もののもうひとつの柱
「絆」を無条件に築くことができない、という枷をはめられている。

 最終的に、このはめられた枷をのりこえて、「家臣」たちとの「絆」(クライ
マックスの第47話の題名にもなっている。大震災時の「今年の漢字」にも選ば
れており、その乱用には賛否両論あろうが、日本を代表する漢字であることは認
められるだろう。ちなみに日本を代表する名馬に「キズナ」号がいる(^_^; )
が、いかに形成され、それがどのような力となって、「血祭ドウコク」という
外道衆の総大将と戦っていくのか、というのがシンケンジャーの1年を通じた
道のりである。

 ただ、それだけに終わらなかったのが小林靖子のすごいところで、シンケン
ジャーを一度でも通じて観た人には、忘れがたい大仕掛けが後半ーというより
最初から仕掛けられていて、それゆえ、シンケンジャーは何度見直しても、
ひとつの台詞、ひとつの場面に新たな意味が見いだされ、むしろシンケンジャ
ーは2度目以降の視聴でその真価が納得される、という希有な作品になって
いる。

 だからとにかく、未見の方々には、だまされたと思って、全話通じて観てみて
ください、と言いたい。少し以前から東映チャンネルで放映がはじまっているし
Huluはじめ配信されているところも多い。

 私も観るたびに、小林靖子の才能には本当に感服するしかないのだが、しばら
く、東映チャンネルの放送を追いかけるかたちで、この歴史的なスーパー戦隊に
ついて書いてみようと思う。

2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月30日 17:57
    連載なさるのですね。楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月30日 20:05
    > mixiユーザー 
    連載したいんですが…過去、連載しようとしてとぎれた過去作品が
    たくさん(^_^;  ジャッカーも途中までだし、超解像版クウガも
    途中で父についていなければならなくなり、観れなくなったという
    過去が(^_^; (^_^;  さあ、どこまでいけますか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月30日 20:10
    全話書かなくてはと意識すると大変ですし、これまでも基本的には日記一つで一回分のペースで進めておいででしたから、このまま特に心に残るものから語っていただければ大丈夫かと存じます♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月01日 12:34
    > mixiユーザー 
    励ましのお言葉、ありがとうございます。ちょっとこれまでと書き方を変えてはみたい
    と思っています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年11月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930