ホーム > mixiユーザー(id:66384223) > mixiユーザーの日記一覧 > 少し真面目な話(長文になるかも)

mixiユーザー(id:66384223)

2019年10月22日12:20

31 view

少し真面目な話(長文になるかも)

朝から珍しくワイドショー見たら、即位の礼と災害の話でした。(写真は昨日の残りと適当な朝食、と 上級救命技能認定証)

1.即位の礼で思う事
  1)被災者を思いパレード等を延期され、良い事だと思う、
    一方で、海外からの190カ国の来賓が「日本って、地震、台風、津波」と
    災害の本当に多い国との印象を深く持たれてしまい、オリンピックや、観光客
    が、減少するとこと危惧。
    ただ、こんなに災害がある国だけど、それに耐える強い相互扶助の精神と経済力
    がある、それぞれの自国よりも断然平和な国だと想ってくれる事を願う。
  2)実は私の実家は神社
    儀式を見ていて、もうずいぶん以前に亡くなった祖父と父の事を思い出した。
    歳のせいか年々、記憶が薄れていく中で、二人を思い出のは、狩衣、烏帽子
    の神職姿、一応私もお免状取らされたな〜 今では弟が宮司やっている、
    こうやって繋がっていくのもいいのかも、と もう私には関係ない世界だけ
    どね。

2.台風はじめ災害の事(上記1と同じ事なのかな?)
  1)30年ほどダイビングやっているので、自然には到底かなわないと身に染み
    ている、でもそれは趣味の話で危ないと思えば、その時はやめておけばいい
    だけの事、日常生活で起こる災害については否応なく対応せざるを得ない。
    阪神淡路・東日本地震、タイ駐在時代は軍のクーデター・湾岸戦争からの
    避難民対応等など(災害じゃないけど)など経験してきた。
  2)政府・自治体・市(消防警察)も大規模な場合は、当然限界はある。
    草の根防災活動をもっと活性化すれば良いのと思う。いつも引っ越すたびに
    地域の自治会とか町内会に加入することにしてる。
    ヽ垢涼里蟾腓い欲しいから(一人だと寂しい)
    一応ちゃんと更新訓練受けてる上級救命技能認定証を持っているので、
     自分の安全確保した上(ここ大事)、助けられる人は助けたいから、
     地域の防災体制などを知っておきたい。
     (ダイビングのライセンスの関係で大昔に取得したけど、3年毎に
      再講習受けて忘れないようにしている=実際、海では必要な時も
      あるから、持っているだけでは意味ないので)
    でもどこの自治会も。ジムのおばあちゃん達が言うように「自治会でなく
     ジジババ会」です。
     私の地元は他の都市に比べると、若年層の比率が高いんです、街自体が
     若いからなんですが、交流がないんですね〜 
     自治会にも問題ある、若者が入りにくい雰囲気ありすぎ、隣の自治会と
     仲悪かったりとか、難しいところだけど、命かかっていると双方自覚
     すべきと思う。でもいつもよそ者の私にはそれを変える力なくもどか
     しい。    
  3)大停電の事
  (1)今回の千葉始め、ここ数年大規模停電が多くなっている。地震や温暖化
     が原因だけど、この業界に関係しているので、停電に関しては天災では
     なく人災だと思っている。確かに停電したらかといって、それが即人の
     命に係わる事は少ない、(病院など人命にかかわる場所には蓄電池とか
     自家発電とか非常用電源あるから)。
      々皸義電線の鉄塔の老朽化が激しい事は自明。
      二重三重の高圧送電網の対策を怠ってきた。
      E垰塢瑤ら発電所を排除しすぎた。(ほとんどが、遠隔地域から)
      等々、業界人ならいくらでも、思いつく、自分自身なにもしてこなかった
      のだから、人の事は言えないけど、、
  (2)昨夜録画していたビジネス番組で
      ワイドショーの後、昨夜録画していたビジネス番組で、たまたま大停電
      について、日経の記者が調査していた。
      上記,鵬辰┐董
      の啅箸凌蠡燹瞥廚六海量據垢放置されていて強風で倒れて鉄塔を
       倒していた)
      ヅ杜麓由化=↓に関係する、要は価格競争激しく、新規投資でき
       ないと(でも少し間違っているだけどね、発電と送電と配電は分離
       されるので、それそれ別採算になっているから、△剖チ茲呂覆
       安定供給がコストから送電費用を利用会社に請求しているだけどね)
      で、どう対策したらいいかという結論は解説者と記者と私の意見は一致
      「自衛」(お風呂の水張りから始まって、蓄電池・燃料電池・太陽光、
       後、私はたまにやっているけど、電気使わずに一日過ごすしてみる
       とか〜、まあ、原始的なキャンプと思えば、楽しいよ!
       
       結局、災害対策は最終的には広義の意味での「自衛」に尽きるのかな、
       と思う。(広義というのは、政府・自治体の対策とかも含めてね)

なんとなく、取り留めもなく書きたい気分になったので、書いてみた。さて、昼ご飯食べて、ジム行こうかな、まだ雨やまないな〜 久しぶりに海クイズ考えよかな〜
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 07:46
    おはようございます晴れ
    確かに、うちの方も「じじばば会」それも、めちゃめちゃ濃い感じね。噂好きってのかしらね。

    私は、地域柄自治会にはトッブリ(笑)
    でも、これは嫌ではない!何故ならば、いざって時の戦力のため!

    そして、防災訓練に参加しない方の多さにも
    ビックリ!!

    自衛!これが一番大切だと思うけどね。

    ここだけ答えときます晴れ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 22:33
    > mixiユーザー 長い文章読んで頂いて有難うございます。
    高齢化社会なので、自治会も高齢化していて不思議ではないですね。
    悪い事ばかりではなく、高齢者の方は余り転居されないので、
    地域の事に非常に詳しいので、災害時などは誰が居ないとか、
    どこが危ないとか市の職員の様にリスト見なくても分かりますからね

    そうですね、防災訓練とかも、もっとお祭りみたいな感じでやっても
    いいかな〜と思います、軽い感じで見たり聞いたりしているだけでも
    かなり違うと思うんですが、どうしても固い感じになってしまい、
    気軽に参加できない雰囲気があるんですよね〜

    まずは自分の身の安全確保です、自分の面倒見れない人が他人の面倒見れる筈
    ないですからね、

    有難うございます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記

もっと見る