ホーム > mixiユーザー(id:66356636) > mixiユーザーの日記一覧 > 無になるということ

mixiユーザー(id:66356636)

2018年12月14日20:56

151 view

無になるということ

誰もみな、死という言葉は知っていても、その本質は知らない。それ故に、死という言葉を簡単に口にする…

例えばそれは、癌という重い病気に蝕まれた人も同じ。
その本質を知らないからこそ、まれに初期治療すら拒絶するという英断に打って出るし、その拒否した人に対し、傍観者がさも英雄であるかのようにもてはやす。

しかし、悲しいかな、その本質に打ちのめされる無慈悲な瞬間からは、誰も逃れられない。
その時を目の当たりにしても、胸を張れる選択をしたと思えるだろうか。

あなたの体は、あなたのものではない!
親から借りた、大事な命ですよ。
1 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月15日 01:03
    大切なことはひとりで決めないほうがいいのかしら。でも…家族が本人の意思を阻むことも多々なり。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月15日 10:19
    何故だか、みなさん安らかな眠りにつくように死んでいくと思っているみたいです。決断の際に、終末期のシーンを見せてあげたい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月18日 01:04
    私のいとこは乳ガンで亡くなったんですけど、最後は本当に大変だったみたいです。

    死んだら無になるのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月18日 23:41
    > mixiユーザー そう、とても寂しい存在になるのでしょうね。でも、生まれ変わりも信じてます( ̄  ̄)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月19日 21:59
    > mixiユーザー 

    いとこが死んだとき、いとこのために長い長い写経してくれてた人がいて、それを棺桶に入れて火葬したんです。

    紙は燃えて灰になるけど、その気持ちは無くならないと思うんです。

    だから、死んだ人も無になるわけじゃないと思うんです。


    こんなの正解はないから、ただの妄想ですけど(^-^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 07:35
    > mixiユーザー そんな風に、ずっと大切に覚えててくれる人がいると、幸せですね。
    死への不安が、軽くなる!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 15:41
    私の大好きだった優しい母も、可哀想な兄もいつまでも生きているものだと思っていたのに
    ある日突然呆気なく亡くなってしまうんだよね
    遠く離れて暮らしていたのもあって、あんなにお世話になったのに、最後寂しい思いをさせてしまったなぁほっとした顔まだ東京帰ると母と兄が暖かく迎えてくれてるような気がしていなくなった気がしない冷や汗
    ま、さよならは言わない、、また会おう!って言っておこう(*´˘`*)♡
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 16:10
    > mixiユーザー 本当、病気は情け容赦なく降りかかってくる。そして、無慈悲に大切な人を奪ってしまうよ。
    みんないつかはその時がやってくるけど、立ち向かった末に胸を張って再開しましょウインク

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年12月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

過去の日記