mixiユーザー(id:66326466)

2020年04月04日20:23

86 view

やっぱりWikipediaは鵜呑みには出来ない

私が二十代に読んだ彼の著書の中で「森林警備隊時代に密猟者をサイドキック(※1)で蹴り殺してしまった」と言う記述を読んで衝撃を覚えたのですが、先ほどチェックの
為に開いたら、それらしき事は全く記してありませんでした
私が直接書籍や雑誌で知った情報(※2)とは異なる若しくは掲載されてない情報を確認したのは2度目なんですが、たかが私如きの狭い見聞レベルで其れだけ見受けられたということは、全てのWikipediaには相当な数の誤認や不足の情報があると見て然るべきでしょうね

ですがプロレスラーの職務経験者だとは初めて知りました
多分武術を学んだ者として、自著では敢えて公表しなかったのだろうと思います

色々な意味で懐の深い人物でした、合掌


■C・W・ニコルさん死去 環境保護活動家で作家、79歳
(朝日新聞デジタル - 04月04日 17:23)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6034788
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月04日 20:31
    ※1〜最も遠方に、最も威力を伝えられる打撃技であり、著書に依れば履いていたのがブーツだったので実に納得がいくエピソード
    ↑サイドキックは踵を当てるため
    無論体格差もあったでしょうが、様々な条件が加わると簡単に殺人案件に到ってしまうのがホンモノの技の怖い側面だなと
    ※2〜誰かは忘れましたが外国のプロレスラーの物での記述に誤認がありました
    これも「それがどうした」レベルの物だったので、実際は目鯨立てて取り沙汰する件でもなかったので看過しました、えぇ

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の日記