ホーム > mixiユーザー(id:66326466) > mixiユーザーの日記一覧 > 関節技は技術である

mixiユーザー(id:66326466)

2019年09月23日08:33

160 view

関節技は技術である

コレは単に力任せに頭を抱えてただけで、本当のヘッドロックでは無いですね

コレは古舘伊知郎氏が局アナ時代に体験した話なんですが、実況の糧にと藤原喜明選手にヘッドロックを掛けられたそうです

最初はコメカミを線にしたラインで力一杯絞められて辛かったけど何とか我慢出来た

そしたら次は前腕を頬骨の辺りに当てられて軽くキュッと絞まったら比べ物にならない程の激痛で一瞬で参ったしたそうな

コレを堪えてるプロレスラーってのは本当に凄い!と感服したそうですが、私の見識では先に仕掛けたのがプロレス流の掛け方で
次のはシュート、いわゆるガチンコでの技の違いだったのだろうなと

私も中学生時代に友達とプロレスごっこを楽しんでた際に、シンパだったUWF戦士の代名詞のアキレス腱固めを得意にしてたのですが
一度だけ偶然にツボに入ったのか相手が一瞬で叫び声を上げて脚が痙攣し、その状況に驚いて手を離して技を解いたんですが
件の相手は三日ほど脚を引き摺ってましたので、コレは遊びでは使えない技だなと封印しましたね、えぇ

まぁ、こう言う不幸に見舞われない為にも、合気道で御馴染みの『小手返し』辺りの逆関節技を覚えて置くのにソンは無いかと

コレなら酔っ払いでも即座に効力あるし、故意に狙って叩き伏せる腹でも無いなら、手首は壊しても絶命には決して到らないですからね

ヘッドロック10分か 相手死亡
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5798128
5 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 08:35
    まぁ絡まれた際の最高の対処法は

    「逃っげるんだよぉ〜!」(byジョセフ・ジョースター)
    に尽きますけどね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 08:51
    あ、あとヘッドロックは「頸部を絞めなければ安全」みたいに勘違いされると困りますけど、相手との体格差(体重差)なんかで頚椎損傷とかで
    「殺しちゃうよりも厄介な顚末」に陥る確率も高いので、制圧目的だけなら腕&脚部の関節技
    又は裸絞め等の「相手の抵抗力を奪う技」を選んだ方が無難ですよ
    まぁ効果高い分、技術が無いと簡単には決められないんですけどね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 11:00
    > mixiユーザー 基本のキですね(笑)ワタシも逃げる派デス。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 16:22
    > ふわてぃサン

    コメントありがとうございます

    難しいと記したけどモノにすれば汎用性高いのがネイキッドチョーク、すなわちチョークスリーパーですね

    昔ホイス・グレイシーが無双状況の頃にインターネットで
    「腕や脚を折っても向かってくる相手は居る。だから眠らせる。
     眠らせてしまえば危険から避けられる」と語ったんですが、なるほど柔術の真髄だと思います

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年09月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930