mixiユーザー(id:66316729)

2020年06月11日20:42

104 view

散弾銃だってライフルに引けをとらない

法律により、ライフルは散弾銃の所持許可を受けて10年経たないとライフル所持許可が下りない。

狩猟家はライフルに憬れ、散弾銃を卑下しているが、はたしてどうだろうか?

ライフルは一発秘中の単体弾。散弾銃は威力は劣るが広範囲にバラ弾を撒く。

ゆえに大動物はライフル、群れる鳥などは散弾銃と言われている。

狩猟銃はパンチ力が第一、遠射性はその次となる。

なるほどライフルは射程距離が長く、たとえば1キロ先の獲物を撃ち倒せる。
これは散弾銃は逆立ちしても勝てない。しかし・・・

例えば猪狩りのように、数十メートル先を疾走する獲物を撃つ場合は互角の射程。

いや、なまじライフルを過信し、タツマ(狩猟者間の距離)を空けすぎて逃げられるケースも多いと言う。

実は散弾銃には「スラグ弾」という一発玉がある。
こいつの破壊力は相当なものだ。

12番ゲージ(口径)は何と18.4弌直径約2センチの玉が飛んでくるのだ!
よくライフルで使われる口径は30‐06。約7.8个澄

スラグ弾は初速は劣るものの重い弾頭でそのパワーは勝るとも劣らない。
貫通こそしないがでかい玉がめり込む。

一概に散弾銃がライフルに殺傷力で劣るとは言えないのだ。



ライフル誤射か、隣家外壁に穴
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6116326
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月12日 00:34
    接近戦では、最強の武器です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月12日 14:18
    > mixiユーザー 日本軍の三八式は、小口径ゆえに命を奪わない「人道的武器」だったそうで、それがあだとなって撃たれた敵が戦線にどんどん復帰して苦しめられたそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記