mixiユーザー(id:663070)

日記一覧

<復刻版>竹内流!誇りのもてる日本史17サンプル平成28年12月11日竹内睦泰講演会戦争に至る道〜日清・日露・第一次〜自国を護るためには、自国の歴史を知るべきだ!原内閣から犬養内閣まで本編ご視聴のお申込みは宇宙歴史自然研究機構<UCNO>→https://www.

続きを読む

【お知らせ】
2020年03月27日03:51

【お知らせ】「第七十三世武内宿禰 竹内睦泰を偲ぶ会」の動画配信が完了いたしました。配信は、当日、お越しいただいた皆様(未返金者含)限定です。3時間弱のボリューム。もし、届いていないという方がいらっしゃいましたら、次のメール spacenatureorg@gma

続きを読む

【お知らせ】
2020年03月26日11:54

【お知らせ】「第七十三世武内宿禰 竹内睦泰を偲ぶ会」の動画編集が終わりましたので、当日、お越しいただいた皆様(未返金者含)に順次配信してまいります。3時間弱のボリュームです。動画配信は当初の予定にはありませんでしたが、コロナ騒動で、やむなく欠

続きを読む

山村明義先生の「一般社団法人日本らしさ・地域らしさ研究所」より、偲ぶ会のご紹介をいただきました。睫扈ぐ賤諭△△蠅とうございます。​第七十三世武内宿禰偲ぶ会→http://nihon-chiiki.or.jp/2020/03/24/%e7%ac%ac%e4%b8%83%e5%8d%81%e4%b8%89%e4%

続きを読む

【お知らせ】
2020年03月23日08:41

【お知らせ】先日の偲ぶ会の最後にお伝えしたことがあります。今後のSNSの発信について、後南朝、一族より、今後は表に出ず、重要なお知らせや、動画配信など、業務的、事務的なことのみの発信にとどめるようにと言われております。ですので、記事の投稿は控

続きを読む

第七十三世武内宿禰 竹内睦泰を偲ぶ会無事終わりましたことをお知らせいたします。3時間の会だったため、少し長いかなと思いましたが、時間が足りないくらいでした。ゆかりの方々のトークが面白くリアルでした。お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

続きを読む

いよいよ明日!「第七十三世武内宿禰 竹内睦泰を偲ぶ会」皆様のお越しをお待ちしております。

続きを読む

むっちゃん先生「ムー特派記者」だった!世界の謎と不思議に挑戦するSUPER MYSTERY MAGAZINEPRESS CARD ムー40年前以上前のものでしょうか。大事にコレクションしていました。オカルトは嫌いといつも言ってましたが、しっかりムー民してる(笑)創刊後まもな

続きを読む

【お知らせ】
2020年03月18日07:54

【お知らせ】偲ぶ会、ショップにて商品購入等のキャンセルにともなうご返金について。原則、お支払い後の返金はしておりません。​特定商取引法に基づく表記​→https://www.ucno.info/blank-33とはいえ、これまで開催した講演会、今回の偲ぶ会も含

続きを読む

ワンダー・アイズ大塚様より第七十三世武内宿禰いよいよ今週の金曜日は、今年1/13に亡くなられた竹内睦泰先生を偲ぶ会。本日はそのMC打ち合わせ。竹内先生が亡くなられてから、2か月が経ちました。ようやく諸々が落ち着いて整理がついてきたようで竹内先生の

続きを読む

2020.3.15(月)竹内城へ
2020年03月16日07:49

2020.3.15(月)竹内城へ3月20日偲ぶ会にお配りする竹内先生のゆかりの品を取りに行ってきました。先生の突然の逝去、予定になかった偲ぶ会、すべてが思いもよらないことの連続だったため、竹内先生のものはほとんど竹内城に残された状態でした。参会者様にゆ

続きを読む

偲ぶ会まで1週間を切りました。準備はほぼ終わっておりますが細かいところを調整中です。写真は目白の事務所で仕事をしていた頃です。春ですね。写真1 根生院 大日如来写真2 目白でランチ写真3 高田馬場駅を出たところ

続きを読む

2億4千万の瞳 エキゾチック・ジャパンSUCCESS LIVE AT ON AIR WEST 1997.9.7竹内睦泰バージョン

続きを読む

今日は休日に関係する日
2020年03月12日08:50

今日は休日に関係する日のようです。その流れで、明治5年(1872年)12月2日の次の日が明治6年1月1日になったという歴史の妙を語っております。笑えるのは、竹内先生の使い方。「明治5年12月31日に何があったか言ってみろ!覚えてるか!」と、よく問いかけたそ

続きを読む

幸せのクローバーに横たわるむっちゃんクローバー「呪われた日を祝福の日に塗り替える」それが日本だと言っていました。クローバーが花開くのはこれから。きっと日本に幸運を運んでくるに違いありません。

続きを読む

311とチノポスと竹内睦泰​<チノポス・ウェブサイトより>「チノポス」は「知のトポス(場)」です。もともとは、東日本大震災で被災され、塾や予備校に通えなくなった方へ無料でネットの講義をお届けするボランティアとして始まりました...続きはチノ

続きを読む

平成28年11月3日竹内睦泰講演会日清・日露・第一次 【呪文】イクヤマ イマイ オヤイ カサカサ本編ご視聴のお申込みは宇宙歴史自然研究機構<UCNO>→https://www.ucno.info/product-page/%E5%BE%A9%E5%88%BB%E7%89%88-%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%B5%81-%E8%AA%87

続きを読む

相棒
2020年03月10日13:32

相棒むっちゃん先生、連続ドラマも大好きでした。すごくプライベートな話になりますが(しかも長文...^^;)ほぼ、欠かさず見ていたのは水谷豊主演の「相棒」現在もシーズン18が放送中(毎週水曜日21時〜相棒は冠城亘役の反町隆史)平日の夕方も16時前から再放

続きを読む

むっちゃん先生、お酒を飲んでるイメージが強いと思いますが、実は意外と珈琲好きでした。キリマンジャロのブラックが好み。そして、ダッチ・コーヒー(水出し珈琲)。大学生の頃は、毎朝、珈琲を飲むのが日課だったそうです。当時は、各メーカーごとの缶コー

続きを読む

常世の国、きっと今ここにいる竹内先生からメッセージサクセスのCDを持っている方は「呪文」と「東京コーリング」の歌詞にも、今一度、目を通してみてください。あと12日後の3月20日偲ぶ会には相方の福田清盛先生も駆けつけてくださいます。良い会にいたしま

続きを読む

むちゃくちゃむっちゃん!不思議むっちゃん?このポーズ。Hiromi Go のオリジナルってほんと??日常でもカラオケでも先生がよくやってたあのポーズw郷ひろみが「2億4千万の瞳」を歌うときの振り付けだと言ってましたが、私は見た記憶がありません。ほんとにそ

続きを読む

竹内先生といえばお酒
2020年03月06日21:41

竹内先生といえばお酒。パッと思い浮かぶのは「日本酒」ですよね。酒蔵さんのお知り合いもおりますし、お酒についての講演会もしたことがあると言ってました。「俺、死んだら桃源郷に行きたい。養老乃瀧があるから。そこに流れているのは水じゃなくて酒。そこ

続きを読む

「日刊スゴイ人」10年前の記事です。「日刊スゴイ人」​→http://sugoihito.or.jp/2010/01/1595/

続きを読む

高田馬場伝説の帝国!むっちゃん〜高田馬場の酒飲み仲間たちとの思い出〜梅酒Bar綾梅さんを経営していた綾乃ちゃんの手作り写真集。スライドショーにしました。ありがとうございます。

続きを読む

<復刻版>竹内流!誇りのもてる日本史15訳あり動画・最後の部分が途切れているため、この回に限り、無料配信させていただきます。​平成28年10月10日竹内睦泰講演会明治時代 日露戦争〜二百三高地1~14までは宇宙歴史自然研究機構<UCNO>にて動画配信

続きを読む

竹内先生の星<MUTSUHIRO>
2020年03月04日11:45

竹内先生の星<MUTSUHIRO>なんと、使っていたキーホルダーに記されていました。元カノが誕生日にプレゼントしてくれたという星★ウルトラマンの故郷、M78星雲・光の国のそばオリオン座の腰の辺りにある星<MUTUSHIRO>No.5187先ほどガシャンと鍵を落として

続きを読む

今日は桃の節句の雛祭り
2020年03月03日20:37

今日は桃の節句の雛祭り。竹内先生の定番の雛祭りの話題って、何だったか覚えていますか?お内裏様は誰か?それは、天皇のことである、と。お内裏様の頭の立纓 <りゅうえい>は、天皇のみが使用できるもの。内裏とは御所、つまり皇居のこと。内裏におられる

続きを読む

2年前、産経新聞社・連載の取材で神田明神に行きました。鳥居の手前には宮内庁御用達の三河屋さん。平将門追討副将軍・第34世武内宿禰も、北朝天皇家も平将門を祀る門前の納豆を食べていたそうです。話は少々脱線しますが、竹内先生の前世を竹内式部と思ってい

続きを読む

今日は竹内先生の五十日祭でした。ということでちょっと遠出...親族、一族といろいろ確認事項含めて会談。ん〜ん、なんだか要望が...多しw少々ぐったりきて一人飲み。といってもリンゴジュースですよw大根サラダが美味しかったです。お店を出るとき、入口にか

続きを読む

自分の手帳からむっちゃん先生の「花押」を発見!いつ、なぜ書いてもらったのか?まったく覚えていませんが、想像するに、先生が「花押」の話を始めたとき、私の顔が、何それ?という感じだったのでしょう。手帳に書いて説明してくれたのだと思います。花押の

続きを読む