ホーム > mixiユーザー(id:66150369) > mixiユーザーの日記一覧 > エゲレスから帰ってきて一発目

mixiユーザー(id:66150369)

2019年04月21日17:24

11 view

エゲレスから帰ってきて一発目

家 → スタジオ
スタジオ → 家
プリプロ、プリプロ、プリプロ.........

観光する余裕がまったくありませんでちた............orz

えぇえぇ、全てはアテクシのプレイヤーとしての力量不足で御座います。

まぁ、気をとり直して、

フォト


ネッド・スタインバーガーバッド(下向き矢印)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC

楽器のデザインに関しては、それまでのFender系のデザインとはちょっと違うモノを世に送り出してきた人。

そのセンスは無駄のない機能的なデザインで一世を風靡しますた。

天才かどーかはワカランけど、有能だよね。

なんてったって、WarwickのStreamerタイプの元ネタのデザインをした人だからね。

Streamerの元ネタのSpectorの機種名にNSって付くヤツは、ネッド・スタインバーガーがデザインしたモノ。

自分の所有しているStreamerタイプが5本有るぐらい、Streamerは好きなデザイン。

Fenderタイプのベースに比べると、ふた回りぐらい小さくて、取り回しも良く、ネックに余計なコトしなければボディバランスも良い。

Streamer Stage 兇如△修離妊競ぅ麥呂鮨А拘能させて頂きました。

パクリだけどな!

Steinbergerといえばお馴染みのコレバッド(下向き矢印)
フォト



昔、吉川晃司が持ってTVに出てたなぁ〜。

ヘッドレスで、ネックやボディがグラファイトとカーボンの合成素材で出来てんのよ。

木材じゃないんよね。

おまけに、ネックが合成素材故に反りに強いってコトで最初期のSteinbergerギター/ベースにはトラスロッドが仕込まれてないのよ。

まぁ、いくら合成素材であっても、経年には勝てなかったよ........(即落ち。
(Steinberger以前にも、ネックに異素材(アルミ)を使用したメーカーはあったが..........お察しください。)

ギターやベースにヘッドは必要なのか?(ヘッド落ちの原因になるから邪魔やん)。
耐久性を考えたら木材以外の素材の方が良いのではないのか?(これからの時代、エコロジーやろ!環境保護団体から訴えられたら敵わん)。

とまぁ、既存の楽器に対して疑問を持ったトコロから始まったんじゃねーかな?

商品としても、仕様が同じなら個体差にバラつきあったらダメだしねぇ。
(既存のメーカーから出されているオール木材の楽器は、同じデザイン/仕様であっても音に個体差があり、当たりハズレが多い。だが、人はソレを個性と呼ぶ。
ちなみにオール木材であっても、ピックアップとプリアンプに依存して木材の影響をまったく受けないメーカーもある。アソコのアレね.......。)

実際Steinbergerの出音は木材を使った通常のギター/ベースと違って木材の鳴りが影響しない為に、ひっじょ〜にクリアな音がするんよね。

ピックアップの特性がそのまま音に出る感じ。
EMGだから好きじゃないけど。

今の御時世のが重宝される楽器。

ラインで録って後から加工し放題だからね。
エフェクターのノリも凄いよ!

Steinbergerギター/ベースの凄いトコロは木材に代わる異素材の導入や、そのデザインだけでは無く、そのデザインの為に開発(デザイン)されたパーツが後世にも受け継がれて、他メーカーのギター/ベースにも流用(パクリ)されてるってトコロだね。

ブリッジチューニングシステムや、ギターでお馴染みのトランストレムとかね。

ホンにネッド・スタインバーガーは有能な人や。

でも高価いんよね!

定価が50マソぐらいで実売りでも30マソ以上はするからね。

おまけに現在は生産されてなくて、中古しか市場に出回ってないんだけど、中古相場でも50マソ前後。

状態が良いと200マソ近いヤツまである。

プレミア付いてます。
激ヤバ即ゲット!ですよ奥さん。

ヘッドレスでボディがメイプルで微妙な三角形のヤツは比較的安く入手は可能だけど、それでも20マソ弱ぐらいなので、財布にお優しくは無い。
年々値上がりしてる。

金があるときに買っとけば、ちょっとした財テクにはなったかな?

現在Steinberger社自体はGibsonの傘下に入っていて、Steinbergerブランドのオール合成素材の楽器は生産されていない。

Synapseってのがあるけど、ネック/ボディはメイプルだし、グラファイトはトラスロッド にしか使われてない。

現行品で同じデザイン/パーツのギター/ベースはあるけれど、ライセンス品でネックとボディは木材(メイプル)。
チョン製。
Spirit By Steinbergerってヤツね。

コレの廉価版5弦ベースのフレットレス持ってる。
自宅練習用に重宝してる。

炬燵に入りながらでも快適に弾ける。

現在、ネッド・スタインバーガーはNS Designってブランド立ち上げて、そこでまた楽器作ってるけど(製造はチェコ)、あいも変わらず楽器業界に新しい風を吹かしまくってます。

んで、
ネッド・スタインバーガーがSpectorに合流してからSpectorは押しも押されぬトップブランドになるワケなんだけど、じゃあ、スタインバーガーが合流する前はどーだったかっていうと.........

フォト

うわぁ、こりゃ酷い!

Warwick Thumb Bassの元ネタって言えばそー見えるかもしんないけど、それにしてもコレは酷い。

良かったな、スチュアート!
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月21日 17:51
    川崎のソープイギリスに行ったんですよね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月22日 07:16
    >ポキールさん
    泡風呂に10日間も入り浸ってたってことかい.......

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年04月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2019年
2018年
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月