mixiユーザー(id:66108370)

2020年06月30日08:24

6 view

(今朝の株式)0630  反発  感染者増加

新幹線日経平均予想レンジ:ロイター2万2050円─2万2350円、朝☆(モーニングスター)2万2100円−2万2400円、こち株22100-22400、AI(投資の森)上昇予想22,186.22+191.18(0.87%)、TW(トレーダーズウェブ)日経平均の予想レンジは22250円-22450円。


リゾートラジオこち株】ボーイング高   銀行株受難   月足陽線?

ショートケーキ【休場】なし

りんご6月30日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算 ○は損益増加予想 ●は損益減少予想
 ■引け後発表
  ◆本決算:             【発表前】の前期予想
   <4825.T> WNIウェザ        ○ 8.8%経常増益見通し
   <6444.T> サンデンHD        ● 経常赤字転落を見込む
   <6740.T> Jディスプレ          通期予想は非開示
   <7068.T> フィード [東M]      ○ 経常は8.8倍増益で最高益見通し
   <9942.FU> ジョイフル [福]        通期予想は非開示
  ◆第1四半期決算:          【発表前】の今期予想
   <1712.T> ダイセキS         ○ 8.0%経常増益見通し
   <2186.T> ソーバル [JQ]      ○ 0.6%経常増益見通し
   <2685.T> アダストリア    ★     通期予想は非開示
   <2925.T> ピックルス         ○ 2.8%経常増益で最高益見通し
   <3675.T> クロスマーケ        ○ 15.7%経常増益で最高益見通し
   <3919.T> パイプドHD        ● 32.2%経常減益見通し
   <7865.T> ピープル [JQ]        通期予想は非開示
   <8011.T> 三陽商             通期予想は非開示
   <8166.T> タカキュー           通期予想は非開示
   <9793.T> ダイセキ          ○ 2.5%経常増益で最高益見通し
  ◆第2四半期決算:          【発表前】の今期予想
   <2975.T> スターマイカ        ● 9.6%経常減益見通し
   <9972.T> アルテック         ○ 2.2%経常増益見通し
  ◆第3四半期決算:          【発表前】の今期予想
   <6264.T> マルマエ          ○ 73.0%経常増益見通し
  合計19社

リボン▽カルナバイオ <4572> 、同社が創出したBTK阻害薬の特許出願が、米特許商標庁から特許査定通知を受領

▽アース製薬 <4985> 、20年12月期第2四半期(1−6月)の連結業績予想を上方修正

▽アゴーラHG <9704> 、20年12月期第1四半期(1−3月)の連結決算は損益が赤字に転落

▽京進 <4735> 、20年5月期の連結業績予想を下方修正、期末一括配当予想を従来の32.65円から19.28円(前期実績18.31円)に減額

▽ストライク <6196> 、20年8月期第3四半期(19年9月−20年5月)の単体営業利益は前年同期比77.6%増の21億3000万円

▽EJHD <2153> 、20年5月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比74.4%増の29億8400万円(従来予想は20億円)、期末配当は50円(従来予想は40円、前期は38円)

▽ユナイテッド <2497> 、21年3月期第1四半期にメルカリ <4385> 株式の売却益53億3000万円を計上する見込み

▽DCM <3050> 、21年2月期第1四半期(3−5月)の連結営業利益は前年同期比70.4%増の116億600万円

▽そーせい <4565> 、ノバルティス ファーマの日本法人が喘息治療剤「エナジアTM吸入用カプセル中用量、高用量」の製造販売承認を取得、ライセンス契約により、そーせいは20年第3四半期に125万ドル(約1億3400万円)のキャッシュマイルストンを受領する見込み

▽JESCOH <1434> 、外国人人材紹介・人材派遣事業を手掛けるJESCO エキスパート エージェントを設立

▽省電舎HD <1711> 、20年3月期末日において開示すべき重要な不備が解消し内部統制が有効に

▽ケーヨー <8168> 、21年2月期第1四半期(3−5月)の単体営業利益は前年同期比11.3倍の25億7700万円

▽CRE <3458> 、20年7月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比2.4倍の39億円(従来予想は25億円)

▽マーチャント <3121> 、暗号資産取引を手掛けるIDCMグループの台湾法人と業務提携

▽C&R社 <4763> 、NHKおよび関連会社の制作・編集部門へのスタッフの派遣、天気キャスターの派遣などを手掛けるウイング(東京都渋谷区)、ITコンサルティング、Webアプリケーション開発などを手掛けるGrune(福島県南相馬市)の株式を取得し、子会社化

▽Jフロント <3086> 、21年2月期の連結営業損益予想を300億円の赤字(従来予想は120億円の黒字、前期実績は402億8600万円の黒字)に下方修正、年間配当は27円(前期は36円)

▽あさひ <3333> 、21年2月期第1四半期(2月21日−5月20日)の単体営業利益は前年同期比6.0%減の30億9500万円

▽キョーリンH <4569> 、子会社の杏林製薬が喘息治療配合剤「フルティフォーム50エアゾール 56 吸入用、同120 吸入用」について、小児適応に係る用法・用量を追加する承認事項の一部変更承認を取得

▽しまむら <8227> 、21年2月期の連結業績予想を公表、営業利益は前期比1.8%増の234億500万円の見込み

▽プレサンス <3254> 、29日、近畿財務局に提出した20年3月期の内部統制報告書において、開示すべき重要な不備があり、財務報告に係る内部統制は有効でない旨を記載

▽象印 <7965> 、20年11月期の業績予想を下方修正、営業利益は前期比13.7%減の47億円(従来予想は55億円)

▽主な決算発表=OKAYA <6926> 、ナガイレベ <7447> 、ハイデ日高 <7611> 、銚子丸 <3075> 、ウイルコHD <7831>

▽主な月次発表=まんだらけ <2652> 、アスクル <2678> 、クスリアオキ <3549>


新幹線今日の注目スケジュール:有効求人倍率、中製造業PMI、米消費者信頼感指数など


6:30 配信

フィスコ



<国内>
08:30 有効求人倍率(5月) 1.22倍 1.32倍
08:30 失業率(5月) 2.8% 2.6%
08:50 鉱工業生産指数(5月) -5.7% -9.8%
13:00 自動車生産台数(4月)  -8.0%
14:00 住宅着工件数(5月) -15.0% -12.9%
14:00 建設工事受注(5月)  -14.2%



グッドパッチが東証マザーズに新規上場(公開価格:690円)


<海外>
10:00 中・製造業PMI(6月) 50.4 50.6
10:00 中・非製造業PMI(6月) 53.7 53.6
10:00 中・総合PMI(6月)  53.4
15:00 英・GDP改定値(1-3月) -1.6% -1.6%
18:00 欧・ユーロ圏消費者物価コア指数(6月) 0.8% 0.9%
18:30 南ア・GDP(1-3月)  -0.5%
20:30 印・インフラ産業8業種(5月)  -38.1%
21:00 ブ・全国失業率(5月) 13.2% 12.6%
21:00 南ア・貿易収支(5月)  -350億ランド
21:30 ブ・基礎的財政収支(5月) -1351億レアル -943億レアル
21:30 ブ・純債務対GDP比(5月)  52.7%
22:00 米・S&P/コアロジックCS20都市住宅価格指数(4月)  3.92%
22:45 米・MNIシカゴ購買部協会景気指数(6月) 42.0 32.3
23:00 米・消費者信頼感指数(6月) 90.0 86.6



印・財政赤字(5月) 2兆7951億2千万ルピー



米・財務長官とFRB議長が下院金融委員会で新型コロナ対応について証言



米・ニューヨーク連銀総裁が講演(オンライン)


注:数値は市場コンセンサス、前回数値




リゾート【IPO】グッドパッチ

ショートケーキADR主要銘柄(日本)−オリンパス、日本電産、資生堂が上昇、T&Dが下落

りんご NY主要株価−アップル、ゴールドマン・サックス、メーシーズ、ボーイング、シュルンベルジェ、サイモン・プロパティーが上昇

リボン【今日の株価材料(6月30日)】

▼NTT<9432>再生エネ本格参入 自前の発電・送電へ投資1兆円(日経)
▼NEC<6701>蓄電池開発から撤退 エネルギー事業縮小(日経)
▼エスペック<6859>高温下の開発試験 自宅から確認(日経)
▼店での陳列簡単に 豊田織機<6201>自動仕分けで新システム(日経)
▼三菱ケミ<4188>海で分解するレジ袋開発 有料化で追い風(日経)
▼第一生命<8750>100億円でシステム刷新 外部連携へクラウド活用(日経)
▼大手生保 マネーフォワード<3994>と連携 老後資金把握しやすく(日経)
▼島津<7701>企業向けPCR検査 ビジネス渡航対象に受託(日経)
▼インド有力実業家 ソフトバンクG<9984>出資のワンウェブに買収案(BBG)







新幹線海外マーケットトピック−米経済見通しに「不確実性」、コロナ制御や政府の行動が鍵−FRB議長=ロイター



iStock/fstockfoto
<市場動向>
・米国株式市場−NYダウは580ドル高 良好な住宅指標を好感
・米債券市場−10年物国債利回り、0.62%に低下
・NY原油先物−8月限の終値は前営業日比1.21ドル高の1バレル=39.70ドル
・NY金先物−8月限は前営業日比0.9ドル高の1トロイオンス=1781.2ドル
・CME225先物−大阪取引所比で上昇、22335円で引け
・VIX指数−31.78と低下 米株高を好感

<海外経済指標>
・5月米住宅販売保留指数(前月比)+44.3%、予想 +19.7%
・6月独CPI(前月比)速報値 +0.6%、予想 +0.3%
・6月ユーロ圏経済信頼感指数 75.7、予想 80.0

<海外の要人発言>※時間は日本時間
・29日16:16 ジョンソン英首相
「我々は今経済を後退させるわけにはいかない」
「不安定な状況になるだろうが経済は回復するだろう」
・29日16:26 中国外務省
「(中国の当局者に対する米国の制裁に対し)米国の個人にビザ制限を課す」
「米国は状況を把握し、香港問題に干渉するのをやめるべきだ」
・30日04:59 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「経済を予測するのは難しい時期」

<一般ニュース>
・米経済見通しに「不確実性」、コロナ制御や政府の行動が鍵−FRB議長=ロイター
・新型コロナ対策、感染者との接触追跡が最も重要−WHO事務局長=ロイター
・中国、香港の国家安全法制に干渉する米市民へのビザ発給制限へ=BBG
・ギリアド、レムデシビルの価格2340ドルに設定−5日間の治療で=BBG



リゾートS&Pセクター動向−全11セクターが上昇 上昇率上位は資本財、コミュニケーション、素材、公益、生活必需品

ショートケーキFear & Greed Index 49真ん中  前回46

りんご国債利回り



名称

利回り

変化




米国債3ヶ月 利回り

US3MT=RR
+0.137 -0.008


米国債2年 利回り

US2YT=RR
+0.152 -0.016


米国債5年 利回り

US5YT=RR
+0.275 -0.022


米国債10年 利回り

US10YT=RR
+0.627 -0.011


米国債30年 利回り

US30YT=RR
+1.375 +0.003


リボン米FRB、新発社債の買い入れ制度を開始


5:40 配信

ロイター






6月29日、米連邦準備理事会(FRB)は、総額5000億ドルのプライマリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(PMCCF)の運用を開始した。ワシントンのFRB本部で2019年3月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)


[29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は29日、総額5000億ドルのプライマリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(PMCCF)の運用を開始した。新型コロナウイルス危機で変動が高まった金融市場の安定化を図る緊急措置の一環で、社債発行市場での直接購入が可能となる。

声明で「PMCCFは、ストレス時に適格な社債発行体に信用供与を行うことで、市場の流動性と大企業の信用力を支援し、資金調達のバックストップとしての役割を果たす」とした。

FRBが3月に社債買い入れ制度を打ち出したのを受け、新型コロナ流行による不透明感の高まりにもかかわらず、米企業は起債による資金調達が容易になった。

FRBは、現在の市場の状況を踏まえると、PMCCFの利用は多くない見込みだと指摘。それでもなお、市場の状況が悪化する場合に備えて運用を開始するとした。FRBは社債流通市場から購入するセカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)を通じて5月中旬に社債の上場投資信託(ETF)の買い入れを開始し、今月に入って個別企業の社債の購入を始めた。

SMCCFとは対照的に、PMCCFでは参加を希望する企業からの認証申請が求められる。

PMCCFでは社債を買い入れる2通りの方法があり、社債の発行時に全額を購入するか、シンジケート・ローンあるいは新発債の一部を買い入れることが可能。

同一企業の社債はPMCCFとSMCCFの双方を通じて買い入れが可能だが、両制度を合わせた購入可能額の1.5%以内、額にして7500億ドル以下に収まるか、企業の発行済み社債の10%以内にとどまる必要がある。

SMCCFでは広範な社債の指数に基づき買い入れが行われており、FRBはこの指数のリバランス目的で流通市場で社債を売却することはないとしている。

*内容と写真を追加しました。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する