ホーム > mixiユーザー(id:66076610) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:66076610)

日記一覧

墓場にて
2018年07月31日00:14

随分と変わった子供であった私くしご先祖がどんな人だったのか見たくて夜墓石の前に墓石からご先祖さんが現れる前に蚊の猛攻撃に耐えきれず退散したそう・・私は何事も中途半端な人間なのである京都は千本通の坂道を自転車で登りきる途中にある閻魔堂ここがこ

続きを読む

前切るヨッチヤン
2018年07月30日09:03

金も無いのに前切る男の美学前を切るとは関西四国の言葉で言えばええかっこしい有り金を全てはたくのだから心意気やよしはたく…ッても市場の連中そんな大層な金ではないがはたく…ッてところに美学を求めるのは我々貧乏にんの…せめてものアガキかも知れない

続きを読む

非通知電話
2018年07月30日00:03

失礼だと思うのは僕だけ?自分の身分は隠しておきながら相手に接触はあまりにも自分勝手では気づかないうちに非通知の表示があったので出なかったけどもし僕がその電話に出たら・・相手は普通に話すのかなぁ〜その時点でその人ペケなのに僕は多分・・・君だれ

続きを読む

嫁の言い分
2018年07月28日11:37

アシスト付きの自転車前後に子供を乗せ保育所に幼稚園その後パート先に向かう女性を見ると何とも逞しいパートが終わると子供達を迎えに家に帰れば食事の用意ホント女性はよくやってるせめて何かひとつでも男が取ってやったら嫁の負担は少し軽くなるのだが男だ

続きを読む

見たり聞いたり本を読んだりテレビネットの情報の拡散…でもどれもこれと人からの受け売り歴史小説でも戦記物でも…アレこれどこかで読んだよ新進作家のそれは過去からの文章丸写し…今風に言うコピペに等しい大正も後5〜6年で終わろうとしてた時代に大学生な

続きを読む

あの人に会いたい
2018年07月27日18:17

もし…会えることが出来ればもし…生きていたらそんな僕の目の前をキョーレツなインパクトを持った人たち僕は…そういう点では恵まれた人生を送ってると言えるのではないだろうかサラリーマンを辞めたらこそ出会った人たち

続きを読む

人間の運不運
2018年07月27日09:11

欲と生活なんのために生きてるのか…って僕には難しいことはわからないけど単純に…らくして…いい生活して…女性にモテて食べるものには…あんまり興味が無い業種が食品であり…それの裏表…原価…産地…調理する職人…ある程度見透かせるからわざわざ…そん

続きを読む

深夜ゴミ捨場で思うこと
2018年07月26日02:57

昨日は東京日帰り今日は名古屋日帰り京都の夏は疲れた体に容赦ない書類の整理に気がつけば今日は26日の2時39分深夜スーパーに行く気力もなく気になっていたゴミを出しにゴミ集積部屋にたくさんのゴミ・・・生活・・・後始末の証人間の性もこうして簡単に

続きを読む

こだまに飛び乗る
2018年07月25日08:16

自分でもよく働くと…思う嫁でもいたら嫁は喜ぶだろうなー留守がちだし稼ぐし働くし酒は飲まないタバコも吸わない大声出さない怒らないただ…競走馬が好きで毎月エサ代120万円許してくれるような嫁がいれば…なかなか世の中には変わり者の女性はいないとねさ

続きを読む

鰻で仕事を得る
2018年07月24日09:45

八重洲口から横断歩道を渡った路地裏に旨い鰻を食わす店がある京都〜東京往復38000円鰻が二人で120005万円で仕事がもらえるなら…安いものである人間動けるうち働けるうち相手にされてるうち年齢なんて関係ない金儲けしたいなら…ノウハウ教えますよ

続きを読む

生き残れる商売人の条件
2018年07月24日09:17

何でも簡単に済ませる今風…しゃれた言い方をすれば合理的電話1本メール1通で終わる用件でも行くこと訪問すること顔を見ることでまた新しいビジネスに繋がる可能性もある行くだけ無駄…電車賃金がもったいないなんて…考えなら商売はやめた方がいい商売はあく

続きを読む

京都祇園祭後祭
2018年07月23日23:30

祇園祭町家屏風比べこれも祇園祭の楽しみですもちろん無料・・・通行人にも見てもらえるように

続きを読む

木札のお守りと霊感
2018年07月23日03:17

僕の住まいから自転車で5分祇園祭の町を歩くついぞこの間まで住んでた町内ふらりと立ち入らせていただいた町家土蔵の前にしめ縄置かれた石に触れると不思議な感覚が体内を流れる・・・気がした電気が流れる・・っていうかじわりじわり石のエキスが僕の体内に

続きを読む

長年の夢未だ叶わず
2018年07月22日00:42

サラリーマン時代これでも出世のコースには乗ってたと思う自分の思い違いでないことを退職後数十年を経て懇親会の席で当時の事業本部長に聞かされた何が嫌で辞めたのか?と逆質問されまさか新幹線で各地を回り座ってコーヒー1杯飲んでる間にお金がガバガバ入

続きを読む

疲れるデート
2018年07月21日00:29

なんか嫌な予感がしていた彼女とはこれで2度目のデート彼女どこと言って悪いところはなくむしろ…男だったらお付き合いしたいタイプ容姿はいい性格もいい…親の育て方なんだろう年齢は私より21才年下芸能人で例えれば…古いけど一番想像が付きやすい阿川泰子

続きを読む

その写真は勘弁して
2018年07月20日08:30

鼻を垂らし半ズボン腰には棒切れの刀出てきた僕の少年時代情けないにも程がある毎年お盆になると親類一同この写真で大笑いするのである

続きを読む

京都の7月
2018年07月19日08:04

暑さに耐え兼ね鎮守の森へ日陰を求めて樹木に助けられた京都にはこう言う場所がたくさんあるしばし涼を求めて七夕祭りの笹が揺られる風が心地よかったです

続きを読む

無銘刀剣
2018年07月18日08:37

伝来物名物極み折り紙在銘それに…無銘刀随分刀剣に触れ惹かれるのは無銘の刀である国宝に指定された刀剣重要文化財に無銘の刀剣が数多くある塵と埃にまみれ錆だらけでまだ陽の目を見ない刀がどこかで静かに眠ってると思うと好きな者にはロマンを感じるのであ

続きを読む

本物を持つ意義
2018年07月17日23:24

見て勉強をしてその道を学ぶ骨董美術の世界も同じだと思います押し入れからたくさん出てきた偽物の刀勉強もせず好きと云うだけで買い漁った刀恥ずかしい過去の自分の姿刀屋が聞きつけ偽物を承知で買い取るとか捨てるわけにもイカず全ての刀にわざと傷を付けた

続きを読む

曲がった刀
2018年07月17日01:12

クルクル無造作に新聞紙に巻かれた刀物打ち部分の刃こぼれ曲りくねった刀身に持ち手の悔しさが伝わる竹も切れやしない哀れ竹林暴れ刀・・・偽物を掴まされたな本人は言わないけどこれでも250や300は出したんだろう近頃の偽物はタチが悪い悪徳業者にかか

続きを読む

トホホ・・・西陣織の綴織だよ爪をノコギリの歯のようにして糸を染色して製作日数1年コレ手放すので誰か勝ってくれないかな

続きを読む

世界でストロー廃止運動が盛り上がってる海洋生物の体内に取り入られて弊害があるとか僕ら子供の頃は読んで字のごとくストローなんて麦わらだよ衛生的に悪いとか云うけどみんなそれでやってきて今現在日本は長寿国じゃんやれ賞味期限だのやれ宅配の時間指定だ

続きを読む

困った誉めようが無いよ
2018年07月16日16:14

取引先のオーナーに呼ばれたまたぞろ骨董自慢であるオーナー無類の焼き物マニア僕は陶器壺器の類には興味が無い仕方なく引き取った12代柿右衛門懐石用の10セット箱入りも埃にまみれで書斎の片隅に好きなひとならたまらない品物でも興味の無い私にとッては処分

続きを読む

立ち消え線香
2018年07月16日00:11

生き抜くため勝ち抜くために必要なもの私は粘りだと思ってる夢も希望も当初あった意気込みも途中立ち消えになってしまったら残るは悔いと借金だけ人間バカと呼ばれても最後まで燃え尽きなければ意味がない自分で判断し簡単にギブアップしてしまうこれほどもっ

続きを読む

打たれずよいツーカー我慢ずよいツーカー踏みつけられてもなじられても掛かった獲物を逃してたまるものかまるでうえたライオンだね咥えたら放さないあまたモテる君達と僕とは条件が違うんだよ君たちモテ男動物に例えたらグリズリーだよ遡上してくるシャケを手

続きを読む

京都の夜店をひやかす
2018年07月15日09:58

たくさんのお店が出る夜店見て回るだけで楽しい京都には昼間何処かの寺社境内で骨董市古本市が露天を並べる夜の露天も面白いものである

続きを読む

京都の町を歩く
2018年07月14日22:06

盛夏祇園祭りの町を歩く噺大工方町衆賑やかな京都の街を歩いてきました

続きを読む

ひとつだけと違うんよ20万とか30万円のおもちゃもたかがブリキされどブリキいやはや好き道道楽趣味は本人にしかわからない箱から出さずに完品がよりよく値打ちがあるとかもうこうなるとおもちゃとして遊ぶより眺めて楽しむアートーだねしかしマア買えるだけ甲

続きを読む

歌舞伎座に並ぶ人たち
2018年07月13日09:35

お昼も前蒸し暑く曇天の中を歌舞伎座に並ぶ人たちを見て凄く羨ましい皆さんウキウキし自前の扇子をパタパタしかし…よく見りゃあ大半…イヤ90%はご婦人女性は年齢を重ねるごとにパワフルになるんだなー炎天下鞄を手に歩道を行き交う男性はご婦人方眼中には全

続きを読む

ああラブホテル
2018年07月12日08:03

意を決し入ったはいいけど今さらと私そんなつもりはありません女ッてやっは凄いよね今ここで今さらながらそうやって言えるッてことが凄いよね詰めの甘さは相変わらずと僕も自分を反省し時間が過ぎても背を向けて彼女泣いてるのか泣き真似かそこまでされては男

続きを読む

<2018年07月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
2017年