ホーム > mixiユーザー(id:65898081) > mixiユーザーの日記一覧 > 今は亡き、専門病院と養護学校へのレクイエム

mixiユーザー(id:65898081)

2019年10月24日08:50

61 view

今は亡き、専門病院と養護学校へのレクイエム

■特別支援学校の講師、生徒を蹴ったり暴言放ったり 熊本
(朝日新聞デジタル - 10月23日 22:59)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5837061
「私は12歳丸一年間、専門病院兼養護学校に、入っていた、今は無いので名前も場所も専門もあまり書かない、私は生後三ヶ月からの持病がある、それ以外に謎の病にかかった、膠原病らしいが、原因不明だ、親が心配して専門病院兼養護学校を探してきて、入院した、親にとってはやはり、死ぬんじゃないかと心配したらしい、ちなみに皆は入院、退院ではなく、入所、退所と呼んでいた、専門病院のカリキュラムだ、朝6時起床、検温、腹筋、背筋、腕立てふせ、人間椅子、乾布摩擦、外でラジオ体操、1500メートルの持久走、全て毎日です、冬でも半袖短パン、雨か雪の時は、中庭でジャージ可で縄跳びだったかな?もう四十年近く前ですから、持久走が終わると、朝食、朝食は専門病院で食べます、通学は同じ敷地内なのに、グラウンド回ったな、中廊下なんの為に?まあ飛鳥田市政の置きみやげ、設備は良かったですよ、病院の流し台、お湯がでました、あとインターネットも無い時代に、双方向遠隔授業システムありましたから、病院は冷暖房完備、掃除洗濯は職員さんがいました、ナースステーションには、中度程度の集中治療室付き、ただしナースコールは盗聴器です、子供って消灯時間後でも話すでしょう?直ぐにナース登場、まあナースステーションのナースコール、スイッチ、テープで固定しつありましたから、直ぐにわかりましたけど、ちなみに某飛鳥田市政の市立でしたよ、脱線したので生活に戻ります、持ち込み制限、お金、お菓子、食べ物、小学生はラジカセ、ラジオ禁止、中学生は許可制、テープ持ち込み制限は知らない、ラジカセ持っていなかったから、でだ、一日に視る事ができたテレビ、内容は忘れた、時間は、一時間半でしたな、新聞紙は二紙、私は勝手に新聞を、なんだっけ新聞紙挟むやつ、バインダーだっけ?まぁいいか、でだ新聞綴じ係を勝手にしていた、本来なら寮母さんの仕事、でもね極端な環境に居ると、自分から役割り持たないと、精神的に持たない、大きくなり、捕虜記を読んで嫌な感じがしました、何か思い出しましたので、新聞紙二紙は、新聞小説読んでいました、「深夜特急」と「時の止まった赤ん坊」文庫で二十年後読んで感激しました、さてカリキュラム、昼食は、病院で食べます、養護学校の設備は以前書きましたね、下校後は強制部活、終われば、病院帰ります、嫌なのは、大風呂私はいまでも大風呂嫌いです、病院の職員さんみなさん、女性中心です、看護婦さん寮母さん、すると男風呂は死角です、イジメ?嫌リンチの温床でしたね、続きます、イジメの温床の訳について、娯楽がないんですよ、テレビは固定してあったかな?で一時間半ですし、持ち込みも、漫画はダメ、文庫が十冊まで、ラジカセ・ラジオは許可制で時間制限キツい、テープも十本かな?漫画雑誌は許可制で取れました、しかしイジメっ子というか、お山の大将気取りが、取る雑誌決めるんですよ、しかも金払ってんのは、こっちなのに、ボロボロにならないと回ってこない、今でもお山の大将気取りは、殺意がありますよ、一応専門病院にも図書室ありましたが、古くてボロボロでした、信じなくていいですが、病院の図書室と養護学校の図書室の本ぜんぶ読みましたよ、娯楽ないんだから、病院にプレイルームはありました、ただ卓球台、制限テレビ、私が綴じてた新聞、読み終わった漫画雑誌くらいですね、他に何かあったかな?
夕食は午後5時、小学生だと食料制限、寮母さんか看護婦さんに、おかわり頼んで許可されないとダメでしたね、ただ月一の楽しみ、カレーです、カレーだけは、おかわり自由、ルーもご飯も食べ放題、信じてくれなくてもいいです!
ただ夕食は午後5時でしょう?お腹空くんですよ、まあハミガキ粉舐めてました、ヤマギシカイかよ!
しかし中学生になると、自習が認められ夜食に、菓子パンがでました、説明不足でしたね、私は早生まれなんで、12歳の途中で中学生になったんです、まあ娯楽の少なさわかりましたか?あっ思い出した、カードゲームやボードゲームも規制されてたな、でです人間娯楽がないと、娯楽をつくります、もちろんイジメと称するリンチですがね
風呂嫌でした、標的にされた後輩が、風呂に浸けられて、「コイツいつまでもつかな(笑)」ですからね後輩は「助けてくださいなんでもききます」って浸けられる前に言ってましたね、なぜ助けなかったかったって?あなたができれば、助けてください、小1から中3まで居るんですよ?どうやって助けますか?お前は卑怯だ、結構ですよ、あの時の恐怖心消えていませんから、リンチ酷かったな、私もやられましたが、仲良し同士喧嘩させるんですよ、酷いですな、まだ命じた奴に合ったら殺意があるますよ、また書き込みます、続きます、重複しますか「当時は鍛錬療法(スパルタ精神主義)親子遮断療法(喘息は親子の甘えで起きる、親子の仲を断ち切り鍛えれば治る) いやはや、今なら人権蹂躙で大問題ですよ、でも革新市政に革新系組合、教員も職員も看護婦も寮母も、善意の固まり、善意の革新、絶望的ですね、どんなに好い人でも、方針が間違っていたら最後ですよ。
ただ、親子遮断療法も鍛錬療法も消えました、追跡調査の結果、家庭内暴力、不登校、引きこもり、家出、グレる、等々(今風の書き方にしました)、弊害だの副作用しかなかった、困るのは、誰も責任取っていません、革新市政なんとかしろよ!、小児科は初診は16歳までと、法律で決まっていますが、継続治療は無限なんです、私は奇人変人狂人の三拍子揃っていますから、この病院が無くなるまで付き合う事にしました。

理由
「もう連絡のつく奴はいませんが、昔はたまに集まり、昔話をしていました結論は「俺達はモルモットだった」卑下ではありません、自分達の過去の境遇は変えられません、ならば笑い飛ばして終わりにする必要もあります、しかし「ボソッと、当時の写真焼き捨てた」「文集なんて棄てたよ」「アルバム、ゴミに出した」聞きたくない話です、笑い飛ばしても消えない過去、何らかの儀式めいた事で過去と決別する、当たり前です、しかし私は奇人変人狂人の三拍子揃っていますから、この病院が無くなるまで付き合う事にしました、親子遮断療法と鍛錬療法の終焉は、当時の看護婦に聞きました、「あなたがたの貴重な体験が医療の進歩につながるのよ」言われても怒る気にもなりませんね、さて私の初診は、11歳ついに最後の日、最後の患者になりました、私のカルテ番号は、636番当時は一万桁越えていました、最後の主治医は昔から知っていました、不思議に妻はまだ君を覚えているよと、寮母さんと結婚した主治医の一人でしたし、寮母さん私が新聞綴じ係していたのが、印象的だったんだそうです、最後の日に、最後の患者、私は悪人で奇人変人狂人ですから、カルテよこせ!と事務室とやり合いました、カルテは渡せない!ならば紛失した事にしてよこせ!まあ不毛、最後の主治医が助け船、コピーなら大丈夫でしょう?まあ11歳から30歳後半までの私の記録、消えるのは惜しい、コピーたくさんもらいました、もちろん実費です、私は奇人変人狂人、でも不思議なところで暮らし仲間がいた、それは事実です、信じられない方に無理は言いません。

追追記
養護学校の闘いも書きましたが、専門病院でも団交していますし、主張を通しました、ですから諦めないでください、小中の餓鬼が団交して闘うんですよ、一応続く

追追追追追記
「お金は持てません、でも子供だって、色々な貸し借り、問題ある書き方だと、仁義のやり取りがあります、ではどうやって清算したか?
禁止されていた、食事のやり取り、まるで刑務所ですね(笑)
おかずが、お金かわり、餃子だのハンバーグだのトンカツだの、看護婦や寮母にバレると、ペナルティー、でもバレませんでした、大人になり、刑務所体験本に、シャリあげ、だとか(笑)
12歳でしてましたよ?貸し借りの清算はおかず、私はわざわざ図書係になり、本借りまくりました、餃子やハンバーグの代償は、本でしたね、岩波少年少女文庫とか読んだな、子供向けでも、レ・ミゼラブル、ジャン・クリストフ、子供向けのSFも読破、赤と黒も読んだな子供向けですが、小説も好きでしたが、図鑑・辞典・事典・字典も読みましたよ、頭おかしいですね私は(笑) 続く
23 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031