mixiユーザー(id:65894272)

2021年02月05日00:41

121 view

三重県、津市7人、伊勢市6人、鈴鹿市4人、志摩市2人など計26人の感染

三重で26人が新規感染 重症者の病床使用率、過去最高に
2021年2月4日 13時12分
中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/196732
三重県は4日、新たに10〜80代の男女26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

このうち津市の60、70代の男女4人は、クラスター(感染者集団)が発生した津市内のカラオケ喫茶を利用。このクラスターの感染者は、計9人となった。

また、新型コロナに感染して県内の医療機関に入院していた90代の男女2人が、3日に死亡したと発表した。

県内の死者は、計34人となった。重症者用の病床使用率は22・6%と、過去最高を更新した。
     ◇
四日市市は4日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた90代の女性が3日に死亡したと発表した。

90代の男女2人が死亡/新型コロナ
2021/02/04 17:26
三重テレビ放送
https://www.mietv.com/news/prenews.html?article=1
三重県と四日市市は4日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた90代の男女2人が死亡したと発表しました。

また新たに10代から80代までの男女26人の感染が発表されました。

県内の新型コロナウイルスに関連した死者は、死亡後に感染が確認された人も含めて34人となりました。

また津市で7人、伊勢市で6人、鈴鹿市で4人、志摩市で2人などあわせて26人の感染が新たに発表されました。

クラスターが発生している津市のカラオケ喫茶では、新たにスタッフ2人、利用客2人の感染が確認され、この店舗での感染者数は9人となりました。

三重県が接触者調査を行った結果、新たに利用客14人が検査対象として特定されていて、現在12人の検査が残っています。

また志摩市でもカラオケ喫茶の利用客1人の感染が新たに確認されています。

そのほか、それぞれクラスターが発生している鈴鹿市内の病院で看護師1人、津市内の病院で職員1人の感染が新たに確認されています。

なお4日時点の病床使用率は47.7%となっていて、重症者用の病床使用数は12床と過去最多となっています。県内の感染者数は、のべ2285人となりました。

県内で2人死亡 26人感染確認
02月04日 19時35分
NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20210204/3070004922.html
県内の医療機関に入院していた90代の男女2人が死亡したほか、感染者の集団=クラスターが発生したカラオケ喫茶で感染が広がるなど新たに26人の感染が確認されたと発表されました。

三重県と四日市市は、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた90代の男女2人が、3日死亡したと発表しました。

県内で死亡した感染者は34人になりました。

また、県内で感染が確認されたのは、10代から80代までの合わせて26人で、県内で感染が確認されたのは、のべ2285人になりました。

病床使用率は、全体では47.7%、重症者用の病床の使用率は22.6%となっています。

感染が確認された26人のうち、60代から70代の4人は、クラスターが発生した津市内のカラオケ喫茶のスタッフと利用客で、この店での感染者は9人になりました。

同じくクラスターが発生した志摩市のカラオケ喫茶でも、新たに利用客1人の感染が確認され、この店の感染者は11人になりました。

県内では1月から2月にかけて、複数のカラオケ喫茶で感染が拡大していることから、三重県は歌う時であっても、マスクを着用するなど感染対策を徹底するよう呼びかけています。

新型ウイルス 県内、新たに26人感染 2人死亡 三重
2021-02-05
https://www.isenp.co.jp/2021/02/05/55863/
三重県は4日、10代から80代までの男女26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。津市内のカラオケ喫茶では、新たに店員や客ら4人の感染が判明。県内の感染者は延べ2285人となった。

また、県は新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた90代男女2人が3日に死亡したと発表。入院当初は重症でなかったが、容体が急変したという。県内感染者の死者は34人となった。

県によると、新規感染者は津市で7人、伊勢市で6人、鈴鹿市で4人、志摩市で2人、桑名市、亀山市、松阪市、明和町、玉城町、度会町、県外で各1人。6市町と県外の10人は感染経路が分かっていない。

津市内に住む60代と70代の男女4人は、クラスター(感染者集団)が発生した市内にあるカラオケ喫茶の店員と客。この店舗で判明した感染者は9人となった。県は他の客ら12人を対象に検査する。

客や店員ら9人の感染が判明している志摩市内のカラオケ喫茶では、新たに客1人の感染を確認。1日に陽性となった1人も利用していたことが分かり、この店舗で判明した感染者は11人となった。

また、クラスターが発生していた鈴鹿中央総合病院(鈴鹿市)では看護師1人の感染が判明し、院内の感染者は84人に。同じくクラスターとなった武内病院(津市)でも職員1人の感染が判明した。

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する