mixiユーザー(id:65810897)

2021年07月21日12:39

32 view

芸術と金 「ラスト・ディール」

サインはないが、オークションハウスに
にかけられた絵が、ロシアの
巨匠、イリア・レーピンの
作品だと見抜いた老画商は、
これまでの人生を逆転させる
べく、金をかき集め、オークションに
挑むのだが……。

芸術と金の問題は、永遠のテーマだ。
なぜ画家がサインをしなかったのか、
ラストシーンで明かされる答えに、
胸が熱くなった。
フィンランドの風景、匂いが伝わってくる
この映画は地味だけれど、人生の悲哀、
芸術の美しさ、本当の価値を教えてくれます。




0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する