mixiユーザー(id:65810897)

2020年10月27日10:12

8 view

西原理恵子は、役に立つ

身も蓋もないけど、西原理恵子の本は役に立つ。
ので、エッセイは全て読んでる。
というか尊敬さえしている。
ということで、今日の言の葉は、さきほど
読了した「いいとこ取り!熟年交際のススメより」
現恋人の高須院長のつきあい録をメインに
しながらも、相変わらず良いこと、ビンビン
いいます!
では、

女の人ってポイントカード制
なんだよね。
イヤだなと思うたびにハンコを
ひとつずつ押していく。
相手が気づかないうちに
ポイントいっぱいになっちゃって、
ある日突然キャッシュバックキャンペーン開催。
熟年離婚ってほとんどがそうじゃないかな。

そもそも男の人を直そうとか、ダンナを調教
しようということ自体考えたことない。
無理だって。
あの人たちは日本語の上手な回教徒だと思ってんの。
生活様式から習慣から何もかもが違うんですよね。
「ああ、日本語お上手ですね」
って褒めてやてください(笑)。
そうすると自分も腹が立たない。

何があっても仕事してメシ食いたい若い娘さんに
言います。
「仕事のできる男とヤッとけ」
って。不倫でも何でもいいから、仕事ができる男と
「ハメとけ」。そして、自分のどこを特化したら
いいのか、寝て教えてもらえ。
寝て仕事をもらえ、じゃない。寝て習え。
コレを私は、
「夜のスピードランニング」と言うております。

ダンナがいてもどんどん恋をしましょうよ。
大丈夫、バレやしないって。
髪を切ったその日に「だいぶ髪伸びたね」って
いう生き物だから、男は。
こっちは全部わかってるけどな。
男と女では、察知能力といい、情報収集力といい、
実力差でいえば、セコムとCIAぐらいあるからね(笑)

熟年の恋愛に結婚という文字はない。
お互いに成熟した大人なんだから、
素直に恋愛を楽しめばいい。
子どもだの家だの介護だの、余計な心配が
もれなくついてくる結婚だけはやめた方が
いいと思う。
チンコ入れても籍は入れるな

男の人がもたらしてくれる幸せは
外食みたいなもの。
たまに食べて、すごい美味しい。
でも、日々家で食べる食事は自分で作るのが
当たり前。そこに男はいらないんです。
これを「男はソトメシ派」と命名しております(笑)

結婚してずっと一緒に暮らすって、
楽しくないこと多いよね。
そこを頑張って、子どもさえまともに
育てれば、後は大人同士何やったって、
いい人生送ればいいってつくづく思うんだ。
ジジイとババアの浮気とかW不倫とか
許してやれよ。
最後のローソクの一燃えなんだから。


いやーさすがサイバラ、正味だねー。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する