mixiユーザー(id:65787093)

2020年07月25日19:33

56 view

ベネディクトの『菊と刀』を読めば

■この島国が情報収集力と分析力に於いて、アメリカに太刀打ち出来る訳が無かったと分かる。この著作の内容には批判もあるが、驚嘆すべき事は著者がアメリカを一歩も出ずにまとめ上げたと言う点だ。

模擬原爆によるシュミレーションを繰り返した国と、超大型爆撃機で米国本土の空爆を夢見ていた日本(笑)日本は神風が吹かなかったから敗けたのではなく、圧倒的な国力差で敗けたのだ。

右傾化する日本の行く末は、愚かな軍国主義と国民の不幸である事を忘れてはならない。

■知っていますか「模擬原爆」のこと…広島・長崎の前に、日本各地で投下訓練 大阪に今も残る被害の跡
(まいどなニュース - 07月25日 16:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=262&from=diary&id=6170709
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 20:23
    ベネディクトは戦争のため来日できなかったから、サンフランシスコの日系人から話を聞いて執筆しました。もちろん多くの学者に批判されています。
    https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1534190&page=1&id=44275242
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 20:30
    > mixiユーザー あの時代、我が国には『菊と刀』に匹敵するような優れたアメリカ文化の研究など、全く有りませんでした。天皇陛下を現人神と信じるような国民性では、リアルな近代戦争で勝てるはずもありませんよね(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する