mixiユーザー(id:65780217)

2020年07月03日04:35

53 view

弾道ミサイルの計算にも使われるかも知れない

■火球破片、関東に落下の可能性 50cm級?軌道解析へ
(朝日新聞デジタル - 07月02日 12:39)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6142218

地球には重力そのものが、存在する、
落下する速度は宇宙と地球では、隕石の時間は違うからね
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月03日 07:30
    大陸間弾道ミサイルは、宇宙空間(空気抵抗の無い、もしくは少ない場所)に出てから、再び大気圏内に突入しますが、発射場所は地球上です。

    いきなり宇宙空間から突入してくる隕石とは、角度も速度も全く別物ですが・・・・(偶然、似ることはありますけど)
    どっちかとゆーと「探査機はやぶさ」の進路計算の方が近いかと。

    某記事の一部を抜粋
    チェリャビンスク隕石が地球の大気圏突入したときの速度は秒速18km。対するICBMは秒速8kmで、隕石のスピードの半分もありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月03日 07:45
    > mixiユーザー ICBMは冷戦時代を思い出しますよね。
    飛翔体の多くがあると、一回三重の辺りに10年くらい前に隕石落ちた事あります
    横からの威力で最初地震かと思いました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月03日 18:54
    > mixiユーザー   おおぅ、実体験者だったとは。  ICBMは「空気抵抗を嫌って」大気圏外(宇宙の定義は、色々あるので)に一旦出て、迎撃不可能な速度(と多弾頭)で迫る兵器なので・・・・多分、これ以上の速度UPは無いかと。  ミサイル防衛? それが可能なら米国が「宇宙軍」なんて作らないよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 04:41
    弾道ミサイルなんですが、確かロシア側にシステム的に欠陥があったらしく。
    相当、NATO側が、言っていたような

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る