mixiユーザー(id:65610402)

2020年06月03日19:05

21 view

◇記事◇

No.0637

前作から約5年振りの短編集、
本来ならば昨年の春にUP予定だったのが、諸事情により1年以上も延期に。
先行短編を4編含む、全10編の短編集としましたが、
従来の流れとは少し異質な仕上がりになったかと思います。

短編集のテーマ、“夢”――
“空白の償い”と題された今作では、夜に見る夢が殆どのシーンを占めています。
それでは各話の簡単な紹介です。


◇短編集第8弾◇ (2020/06/03)
○『Blank Reparation』
  『Unclear』
  『HAPPY AFTER』
  『Cruel Request』(2018/02) ※パンドライラスト
  『(Don’t Swallow)/Vomit Suicide』(2019/01)
  『Dekadenz』
  『Midair Consciousness』(2016/06)
  『Falsely Angel』
  『Blue Mars』
  『Delirium Lock』(2017/04)
  『未来の約束』

All Story Written by : MARL


『Unclear』
◇作品紹介◇:私の短編史上、今作を超える恐怖は無い。
我々人間が感じる真の恐怖とは何なのか。
ある夢の中で、決して覗いてはいけない領域がある。そこには――

『HAPPY AFTER』
◇作品紹介◇:絵画に描かれた一人の少女。
ある古い屋敷に纏わる遠い遠い昔の物語。
“早く戻って来てね”
関連イラスト(2020/06/03):MARL(2020ver.)Illustration Vol.98で後述。

『Cruel Request』
◇作品紹介◇:災いを齎す箱の底には、本当に希望が詰まっているのか。
この物語の罠に嵌ったのは一体誰なのか。
関連イラスト(2018/02/14):パンドラ

『(Don’t Swallow)/Vomit Suicide』
◇作品紹介◇:“自殺こそが最大の犯罪”
少しずつ自殺へと向かっていく男の心境とは……。
現在でも絶える事の無い自殺、この物語の行き着く結末とは。

『Dekadenz』
◇作品紹介◇:『Korruption』に続く数行短編第2弾となる今作。
世の中の不条理や残虐なニュース等、どす黒い裏側を一度覗いて御覧。
きっと貴方にも目を背けたくなるような事実が待っているのだから――

『Midair Consciousness』
◇作品紹介◇:過去最大のシンプルな物語。
難解洋画作品の要素を少し織り交ぜた本作は、一見すると結末がぼやけて映るかも。

『Falsely Angel』
◇作品紹介◇:人間は褒め過ぎるとどうなるのか。
ある一種の実験めいた本作となっているが、実は本作にはある仕掛けを施しておいた。
本文全体をよく読み進め、通常とは異なる解釈を加えると……。

『Blue Mars』
◇作品紹介◇:某深刻な病をテーマに書いた、ある実在の人物の物語。
本作を決して軽視しないで読んで欲しい。
この病と向き合っている方々は、病に罹っていない人からすれば普通に見える。
でも、根治薬が殆ど無いこの病をどうか受け入れて欲しい。
私からの切なる願いを込めて執筆した。

『Delirium Lock』
◇作品紹介◇:世界中を震撼させているウイルスをテーマにした狂気の物語。
無事に生き延びたとしても、それは本当に正しい選択だったのか。
物語の真相を、どうか貴方の目でご覧頂きたい。

『未来の約束』
◇作品紹介◇:今作のテーマである“夢”が非常に重要な役割を果たしている本作。
このタイトルに込められた、“あるメッセージ”。
本作を紐解いていくと、タイトルに込められた意味が分かるように仕掛けを施した。
普段の私の短編とは異質な、まるで映画のような仕上がりになったと思う。


Illustration Vol.98

※イラストを御覧の際には、画像を拡大して下さい。

今年の自画像イラストとなります。
短編集のメインである『HAPPY AFTER』に登場する私を描いてみました。

従来の衣装に少し手を加えた短編集仕様にしております。
周りにふよふよしている可愛い幽霊は、実際に『HAPPY AFTER』を御覧下さい。
後、前作で書けなかったミニキャラver.も一応描きましたが、
やっぱあまり上手くは描けなかったけど、一応掲載しておきました。

もし、イラストに何かありましたら、遠慮なくお書き下さい。
早めにイラストを仕上げたせいか、後で書いた本編と照らし合わせてみるも、
「これで良かったのかな」
なんて、そう思ったりもしますが、今回はそういう事にしておいて下さい。

     ◇

短編集第8弾 MARLからの一言

〜ご挨拶〜

ここを御覧の紳士・淑女諸君、
私がこの屋敷の支配人である
MARLという者です。
今宵、お贈りするのは、私の実体験を織り交ぜた
物語ばかりでございます。

但し、ご気分の優れない方、
疲労が溜まっておられる方は
どうぞお引き取りを。
それではどこでどうなっても、
私は一切口出しを致しませんので、
心ゆくまでご堪能下さい。

I begin to whisper a nightmare best to you.
(極上の悪夢は、貴方に囁きかける。)

MARL

2020/06/03 MARL
3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月04日 07:11
    イラスト素敵です。
    オッドアイが、いいね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する