mixiユーザー(id:65517701)

2020年07月18日13:28

4 view

映画『ホースソルジャー』感想

実際の作戦が
何処まで12人の米兵が、
実弾が飛び交う中に
入り込んだのかは、
分からないけど、
12人がアフガンに行って、
全員生きて帰ってきた。
という事実は有るので、
映画としての面白みと、
実話を基にした部分の
鬩ぎあいは、
まあ有ったんだろうなぁ。

映画では弾やミサイルや
ロケット弾の
飛び交う中を、
タリバン側も
アフガンの米軍に
味方する側の雑魚兵も
片っ端から
弾に当たるのに、
12人にはほぼ全く
弾が当たらないという
米国映画に有りがちな
展開だけど。
弾が無限に
出続けるのもw

まあ、でも米軍側は
グリーンベレーだから、
弾の発射数と
敵を倒す比率は、
タリバンやアフガン兵と
比べたら、
天地の差では有ったろう。
敵の弾に当たらない
術に関しても、
段違いの技能が
あったと思われる。
いずれにしても、あの当時、
アフガンに降りること
そのものが
究極の危険だったろうから、
赴いた12人は凄いと思う。
他の人が、ブログに、
この映画の感想
描いてたけど、
米兵が死の恐怖無さ過ぎ。
とか書いてたんだけど、
グリーンベレーに
なるくらいだと、
そういうもんじゃね?
と思ったり。
ってか、そういう
死の恐怖にこそ
アドレナリンが
ドバドバ出て、
快感を感じてる人が
いるから、
傭兵をする人がいるし、
民間軍事会社が
成立してると思われる。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する