mixiユーザー(id:65517701)

2020年07月18日00:42

3 view

映画「ソ満国境15歳の夏」感想

文部科学省選定で
少年向きと有るから、
教室や講堂で見る
タイプな内容。

何しろ登場人物が
ほぼ子供たち
ばっかりなので、
学芸会感はぬぐえない。

日本の敗戦と
ソ連の侵略当時に、
その国境にいた
少年たちの話だけど、
なるほど、
残酷なシーンはゼロ。
血も肉片も
飛び散らない戦争映画w
日本の戦争映画に
有りがちな、
おっかなくて暴力的な
大人も上官も出てこない。

あちこちに
自称リベラル左派が
言うところの
歴史(嘘史)が
ちりばめられていて、
これを子供に
見せるんかい!?
って内容だった。

福島の子供たちが
主人公なのだが、
女子に子供を産むのが
怖い理由として
「私たち、放射能を
 浴びてるんだよ!」
って言わせる無神経さ
(そういう不安を
 抱いてる女子も
 いるのだろうけど)。
これ見た他所の県の
子供たちがどう思うか
考えたんだろうか?
いや、福島で実際に
子供を産み育てて
いる人たちの事を
考えているのだろうか?
あまりにも配慮が
無いセリフだと思われる。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する