ホーム > mixiユーザー(id:65499076) > mixiユーザーの日記一覧 > バイブレーションとはなにか

mixiユーザー(id:65499076)

2019年10月22日07:20

5 view

バイブレーションとはなにか

愛(自然)はあらゆる理屈をこえたかんたんな基盤である

わたしたちはみんな平等である

そういうスペース(共有)を思い出すことはかんたんだ

それが本性(あるがまま)だから

収縮するゲームのほうが

大変だ

大変な労力の世界(ゲーム)を体験できたことに感謝し

それをやめて去ろう

一番やらかした極限のゲームは戦争や大災害

だからもう十分だ

バイブレーション(夢)とは

水平な海の水面に

もりあがりとへこみをつけるようなもの

裕福をつくればどこかがへこまなくてはならない

あるいは

裕福なときがあれば貧乏の人生もあることになる

それが

ゆれる

というバイブレーションの法則

波はゆれていても

じつは水面依然として

ひとつしかない

それが現実

そこには





攻撃された神(へこんだ水面)

も幻想

水面下は

いぜんとして

不動のスペースがある

実相が唯一の現実というけれど

その現実とは

夢をみる能力をもたない

たんなるのっぺらぼうの現実

ではない

そこには

あらゆる潜在的な能力がある

だからこそ

実相には
霊と潜在的な能力
(マインド

自我へ)

の性質がまぎれもなくある

のっぺらぼうの実相ではない

そういう夢みる衝動もそなえているのである

だからこそ

それがシンクロ(ホログラム?)し

第2レベルでは
聖霊
(
マインド
自我
)
があるのである


第4レベル(日常レベル)でも

ささやかな意欲
(主体
ジャッジ
や肉体)

があるように


バイブレーションは
夢みたい努力

それは

実相からきて

実相のなかでおきている

そして

それゆえに

夢をみてもほんとうは

なにもかわらないのである

砂場(無限のスペース:無条件の愛)でなにかをつくっても

砂場の砂の量がかわらないように

生とはなにか

それは砂場
(無条件の愛)
から作ること

死とはなにか
砂場(無条件の愛)
をおもいだし
作ったものをなくしていくこと

だからこの世界は誕生と死亡がある

その夢をつくったバイブレーションは

私というバイブレーション

それすらも生まれほろびる

その私というエネルギー
(夢のなかの努力が利用してきた蓄電池)が自然につきるとき

マインドは

無限のスペース(エネルギー)に還る

これが宿命







0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する