mixiユーザー(id:65494870)

2018年03月18日02:53

71 view

こぼれ話

チャオプラヤー河の水運の話。
チャオプラヤー河の川幅は目測で400〜500メートルくらい。
橋もあるけど船で行き来もできます。

水運
フォト


江戸時代には東京に無数の河があって、河を利用して水運が盛んだったらしいですね。
車や電車に比べたらスピードが遅いし、ましてや江戸時代だと人力で動かすのだから、決して早い乗り物ではなかったことでしょう。

でも重い荷物を小さい力で運ぶには最適だったんでしょうね(o・ω・o)

自分がお祭りで演じる安珍清姫も、船を渡す渡さぬでもめるシーンがございます。
水運や船頭って大変で大切な存在だったんでしょうね。

チャオプラヤー河を行き交う船を見ていると、江戸時代の東京もこうだったのかなと物思いにふけてしまいますね(o・ω・o)


話は変わりますが、カオサンに行った帰りにお土産を買ってきました(*´・ω・`)b

小物
フォト


まずは小物。
木製の食器とか好きなんでたまに買うんですが、うちでは滅多に食器が壊れないからなかなか出番がなかったり、貯まってしまうのよね(´・д・`)

分かっていながら買ってしまう(´-ω-`)
もうどうにも止まらない(´・д・`)

あと扇子と小銭入れ。
可愛らしい象さんの小銭入れと、素敵な柄の扇子(o・ω・o)
100バーツ(400円弱)というお求め易い価格なのに、扇部分が布製で高級感があります(*´・ω・`)b

でも買ってから分かったけど、布製にしたせいで簡単に閉じません(゚Д゚ ||)

まあ、これからの季節に役立ってくれることを祈ります(*´・ω・`)b

続いては木製の玩具です。

木製の玩具
フォト


向かい合ったピースの色を合わせる木製のパズルと、木製の知恵の輪と、木製のインチキボックス。
パズルと知恵の輪は帰りの飛行機の暇潰しに使おう。

インチキボックスは非常にシンプルで馬鹿馬鹿しいけど、演技力を磨くには良いですかね(笑)

インチキボックスは、小さな箱にビー玉のような玉が入っていてカラカラ音が鳴ります。
日本に古来からある、カラクリ箱みたいに特定の動きをさせないと開かないように思わせておいて、実はビー玉は全く関係なくて『特定の場所を持って引っ張れば開く』というもの(o・ω・o)

何回騙せるか、演技力の勝負です(*´・ω・`)b


管理人さんと一緒に晩飯食べてきました。
拙い英語や翻訳ソフトを使っての会話。
管理人さんはスリランカ人で、元々はバーテンダーだったとか、子供が2人いるとか。

実はタイの文化が嫌いだとか( ;´・ω・`)

でも話していると楽しい人でした(o・ω・o)


さてさて、のんびり旅行も明後日は帰国日。
明日1日楽しもう(o・ω・o)
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月08日 19:15
    その扇使ってお立ち台で踊らねば〜いけんよ( ̄ー ̄)ニヤリw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月08日 22:27
    > mixiユーザー 
    年齢が分かるコメントですね(笑)
    あの頃にテレビで見た、ヒラヒラが付いた扇子は今もあるんでしょうか。
    アイドルのコンサートで似たような団扇を見たような気がしますね(o・ω・o)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月08日 22:29
    (°Д°) ハッ! 年齢が薄っすらわかるわな・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月09日 08:46
    > mixiユーザー 
    お立ち台ってのが、ね(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する