mixiユーザー(id:65494870)

2017年04月30日22:31

303 view

原始的な宗教

ネットで見ると、外国人には日本の神道って特殊に感じるようですね(*´・ω・`)b

八百万の神々…どんなものにも神が宿っている考えですね。
そういう自然信仰はかつての世界ではありふれた考えでした。
それが何でなくなったかというと、キリスト教が布教の過程で淘汰したからに他ならないんだそうな(´・д・`)

キリスト教は唯一神が万物を創造し、完全無欠な存在です。
(ちなみにキリストは神の子であって、神ではないです)

キリスト教が布教の過程で、他の土着信仰との対立があった時に『神はキリスト教の神以外に存在しない』と主張し『お前たちの信仰している神は異端の魔物だ』とこきおろしたみたいです。
以前読んだ本には『キリスト教のせいで魔物にされてしまった土着信仰の神』ってのが結構数いるみたいですね。
有名なのがガーゴイル。
元々は水の神様だったんだそうです(o・ω・o)

まあ、それは過去の話ですし、自分も一応キリスト教徒なので悪口っぽい話はやめます。

現代で自然信仰を広く信じている国は日本しかないそうです。

外国人には不思議に思えるでしょうが、自分が思うに『自然災害大国』である日本に住む人間が自然信仰になるのは必然です。
地震・津波・火山噴火・洪水・天候不良による飢饉…日本では人間は自然には勝てないってことが身に染みて分かります(´-ω-`)

人間は自然には勝てないっていう思いがあるから、日本人は驕り高ぶることが少なく謙虚って言われる気がするし、災害時にパニックにならずに助け合えるんでしょうね。

なんて思ったりしました(*´・ω・`)b
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月02日 09:44
    神様は一人の方が考えたら楽ですけどねえ。
    あまり考えずに何でも神様一人に背負って貰えば良いんだもん。

    自然を恐れ、感謝する、の精神はやっぱりやおろずの神の信仰があってこそ。
    小さい島国だから…逃げ出せないから、皆で共存しなきゃいけなかったから、なんでしょうか。
    昔のひとたちのその精神は忘れてはいかんと思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月02日 13:11
    > mixiユーザー 
    複数いると、どうしても序列が生まれたり、宗派対立が発生したりしやすくなるのかもしれませんね(´-ω-`)
    人間は万能で、何でも思い通りに出来るって考えがエスカレートすると大変な過ちをしでかす場合がありますからね。
    人は自然や神を恐れて我が身の行いを正していく方が良いような気がします(o・ω・o)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月02日 17:44
    宗教というものは色々と良いことを言っているし指標にもなっているんだけれど、
    実際それをシンプルに言うと信仰している宗教以外は邪教とされ、
    また考え方が違えば争いの元となる毒が含まれている。
    生きていくうえで宗教と戦争は表裏一体のものと俺は思っている。
    昔から現代の今でさえ同じことの繰り返しじゃないか。
    独りでは生きていけないけれど二人になれば小さい戦争(喧嘩)が起きてしまう。
    宗教とはなんなのだろう?と良く思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月03日 21:20
    > mixiユーザー 
    自分の実感としては、宗教が違っても受け入れれば良いと思うのですよ。
    国籍や肌の色が違っても、それを受け入れて普通に接すれば問題は起こらないじゃないですか。
    過去の経験では、無神論者が一番宗教批判が多いんですよ(´-ω-`)
    自分には必要ないけど、否定はしないくらいのスタンスでいてくれるのが一番争いにならないですね(o・ω・o)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する