mixiユーザー(id:65494870)

2017年03月24日21:03

200 view

頭の痛い農地

午後に畑の仕事をしやすくするための整地してました。

で、分かったんですが、会長から借りたりんご畑はヤバイってことが判明。゚(゚´Д`゚)゚。

会長は同じ町に住む遠い親戚で、家族経営の建設会社の元社長さん。
去年まで家族・親戚向けにりんごを作っていたんですが、大変になったので伐ろうとした直前に畑を貸してもらえたんです。親戚ってことで無料で(*´・ω・`)b

しかし細かく畑の整地をしてみると、農地にあってはいけない物がゴロゴロしていました(´・д・`)

石ころ・セメントのような破片・金属片等。
そういうのがあると、草刈り機の刃がすぐにボロボロになるんですよね(´-ω-`)
石ころはまああるとしても、セメントのような破片があるってことは、恐らく畑の凸凹をなくすために工事現場の土を持ってきてますね…。

ちょうど農協の技術員さんに会ったので話を聞いたら、今までの剪定の仕方もあまり良くないことが判明。゚(゚´Д`゚)゚。

3年くらかけて畑の形を直さないとダメっぽいけど、まあそれも含めて楽しんでやりますかね(*´・ω・`)b
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 23:00
    昔の開拓民のかたたちも気の遠くなるようなことをやってこられたんですよね、、   
    明治維新を思い起こしてしまった
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 23:01
    果実の味に影響しなければよいけれど、どうなんだろうね・・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 23:15
    > mixiユーザー 
    明治維新の頃まで遡ると機械もないから本当に大変だったと思いますよ(´-ω-`)
    斧で木を切り倒して、根っこの周りを掘り返しながら牛や馬を使いながら引っこ抜いたんでしょうね。
    その苦労を考えたら、石を取り除く整地くらいでブーブー言えませんね(*´・ω・`)b
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 23:20
    > mixiユーザー 
    根っこを傷付けたり、固めすぎて土に酸素がなくなったりしなければ品質に悪影響はないはずです(*´・ω・`)b
    善意で無料で貸してくれているのだから、整地しつつ大事に育てていきたいですね(o・ω・o)

    こういうことしていると、農家って作物だけじゃなく畑を作る仕事なんだって感じます(*´・ω・`)b

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する