ホーム > mixiユーザー(id:654788) > mixiユーザーの日記一覧 > まずはケーブル素材が大前提では?

mixiユーザー(id:654788)

2019年09月16日14:02

47 view

まずはケーブル素材が大前提では?

■宇宙エレベーター本格実験=未来の輸送機関、ロボットで−福島
(時事通信社 - 09月15日 18:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5789735

長らくSF作品読んでないけど、軌道エレベーターといえば静止軌道ターミナルから地上側と正反対方向にケーブルを伸ばす方式ともっと低い軌道にリング状のケーブルを一周まわして高速回転させて遠心力とジャイロ効果により安定させて軌道ステーションを設置する方法の2種類が現実的だったはず。
どちらにしてもアホほど長いケーブルに無茶苦茶な張力がかかるので、カーボンナノファイバーが有力候補とか言われてはいても今のところまったく性能未達だったはず。
注)アホほど太くすれば強度は出るがアホほど長いので総重量から打ち上げ費用が文字通り天文学的な数字になってまったく実現不可能になってしまう。

夢の軌道エレベーターはロマンあふれるかもしれないけど、基本的な技術がまったく目途が見えない状態でロマンだけに走られてもちょっと興覚めかな。
1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 14:14
    タワー式は基部面積が東京都全域くらいの笑っちゃうサイズだった気がする。たぶん有史以来の製鉄されたすべてでも鉄足りない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 14:15
    そもそもタワー式は鉄じゃ強度不足だったかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 15:02
    ニュースからです。大林組がかなり本気で取り組んでいますが、カーボンナノチューブそのものは作れるものの、まだ数cm単位でしか生成できないようなのと、健康被害が懸念されるようで、あと30年で出来るといいなあ〜という感じですね、、、(個人的には難しそうかと)  ちなみに電力は開発済みですが、軍事技術に応用されると大問題なために、日の目をみていません(取材で現物を見た)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する