mixiユーザー(id:65463494)

2020年09月18日14:02

5 view

あ、新しい・・・

毎日、ゴルフ動画とかを見ているわけで
すると色んな情報も目にするんですね。

それこそGGスイングやシャロースイングもそうですし
山○道場の魚突きなんて今までの考えからすると異質としか言えないw
でも、その理論で凄い球打ってたり、プロが教えを乞いに来たりしてるんです。

どれもこれも頭から「ダメ」とは言えないなぁ〜
なんて思ってるんですけど、また新しい理論を見つけてしまった(-_-;)
もしかしたら私が知らないだけで、すでに浸透している理論なのかな?

その理論の名前は「骨幹理論」・・・なんだそれ?
動画をつまみ見すると「うで体」と「あし体」があるらしい・・・?
そうなると知りたくなってくるわけですw
で、調べてみました(笑)
どうやら人は「うで体」と「あし体」に分かれるんだって
で、うで体の人は爪先側に体重がかかり、あし体の人はかかと側に体重がかかるらしい
ここを見た時には「そりゃどちらも出来るでしょ」って思ってたんですけど
判別の仕方があって
1.椅子に深く座って立ち上がる、
2.足を組む、
3.走る時の手は?
4.バランスよく立ってられるのは?
実際に調べてもらうとしたらもっとあるのかも知れないですけど
この4つ答えてみると・・・うで体でした

そっかぁ、うで体なんだと理解した上で読んで行くと
1.前傾を深くした方が構えやすい
2.バックスイングよりフォローの方が回しやすい
3.切り返しで左に乗っていく打ち方になる
とか書いてありました・・・(-_-;)ドンピシャ

ずっと左に乗るのをやめたいと思ってましたが
これが自分の身体にとって自然な動きなのかと自覚したら
ちょっとスイングの考え方を変えなきゃって(笑)

単純です(爆)
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する