mixiユーザー(id:65462730)

2021年08月19日22:08

65 view

残念ながら 感謝ではない

せっかくの良い記事に水をさしてしまうが...
自分も中学生のときに新聞配達をしていた。
当時は校内暴力が全盛のときで 自分の学区と違う地域を配達していたので他学区の生徒に見られて追いかけられてはかなわないのでタイガーマスクをかぶって配達していた(今 思えば余計に目立つよな)
ま、それはさておき、ある日 高熱を出して辛かったので、休む連絡をしたところ 「アホか!今日は人がおらんのじゃ!配達終わってから寝とけ!」と、今なら大問題になるようなセリフで強制出勤。
普通なら無視して休むのだろうが、俺に上記のセリフを吐いた社員は実践空手の有段者。普段から小突いてくるヤツだったので、あまりの激昂ぶりにビビった俺はフラフラしながらも配達。帰ってから飯も食わず爆睡。
んで翌日。熱は下がらす 加えて やたらと腰が痛い。
さすがに学校も休み病院に行ったところ、「扁桃腺から菌がまわって急性腎炎になってるね。何で熱が出たときに来なかったの?」と、医師からお叱り。
「いや、新聞配達が...」と返答すると 「は?」と更にお叱り。で、治療の為 当然、新聞配達は辞めたんだか、今 思うとウチの親父も新聞屋に文句のひとつも言わなかったのが腹立つ。&朝日新聞も大嫌いになってしまいました。
■「家族を支えるため、新聞配達に励んだ小学生時代。辛い思いばかりだったが...忘れられない朝の出来事」(大阪府・70代男性)
(Jタウンネット - 08月18日 11:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=241&from=diary&id=6633290
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する