mixiユーザー(id:6542560)

日記一覧

原発ゼロの現実味
2016年10月31日07:29

 フクイチの事故から1カ月の経たないうちに、私のまわりでも脱原発論が渦巻いていた。「どうして脱原発をブログで主張しないのか」と殺気立つ移住者仲間もいたくらいだが、もちろん人生を大きく狂わされた原発憎しの気持ちは私にだってある。しかし、日本人

続きを読む

広島の敗因
2016年10月30日08:31

 日本シリーズで日本ハムが2敗後、まさかの4連勝で日本一になった。道産子の私は密かに日ハムを応援していたが、正直、普段はプロ野球の試合を観ているわけでもない。大谷の活躍ぶりを新聞やネットで知る程度である。だから第2戦を終えたところで、こりゃ

続きを読む

飼料用米の増加
2016年10月29日07:12

 わが家のすぐ近くに農協の倉庫がある。いまの季節はそこに新米が次々と運ばれているが、最近よく見かけるのが地味な袋に入ったもの。「飼料用米」と記されている。その名の通り、牛や豚、ニワトリなどに食べさせるお米だ。ご近所の新米を有り難くいただいて

続きを読む

本物のシシャモ
2016年10月28日07:12

 北海道日高郡に住む友人(高校野球時代のキャプテン)から、ものすごく珍しいものが送られてきた。その朝にメッセージが送られてきたので、事前にわかってはいたのだが、中身は何と本物のシシャモ(保冷剤代わりのイカも)。漢字では柳葉魚と書く。いまの宅

続きを読む

管理不能な仮置き場
2016年10月27日07:12

 福島県内にはあちこちに放射能汚染土の仮置き場が設けられている。「あれがあるから帰れない」と話す避難解除予定の人もいるくらいだが、区域外の人は仮置き場と共存して生きていくしかない。3年で撤去という当初の約束は反故にされ、気が付いたらあの異物

続きを読む

灯油が安い!
2016年10月26日07:15

 冬を前にして喜ばしいことではあるのだが、これだけ価格変動が激しいと少し首をひねってしまう。実は、灯油がバカ安なのだ。私が目撃したのは1リットル49円、18リットルで882円。移住者仲間の情報によれば1リットル45円も店もあるらしい。去年の

続きを読む

けんちん汁・レシピ付き
2016年10月25日07:15

 急に寒さが襲ってきた。こんな季節は心身ともに温めてくれるけんちん汁。関東ではしょうゆ味が普通だが、福島県では味噌で味付けするのが主流だ。身近にある野菜をたっぷり使い、豆腐を崩して入れ、ほかほかに仕上げる。また、豆腐の代わりに豚肉を入れて豚

続きを読む

第3の地震源
2016年10月24日07:12

 鳥取県では現在でも80人あまりの福島県民が避難生活を送っているそうだが、そこで震度6弱の地震が発生した。死者こそ出ていないが、テレビ画面にはガラス瓶がメチャクチャに壊れた飲み屋や壁の崩れた土蔵などが映し出されている。熊本ほどではないにせよ

続きを読む

言葉の暴力
2016年10月23日07:30

 見知らぬ人に暴行を加えれば、傷害罪に問われて当たり前。しかし、それは肉体に対するものであって、心であればかまわないのだろうか。沖縄の米軍北部訓練場ヘリ離着陸帯移設工事に反対する住民に対して、大阪府警から派遣された機動隊員が「どこつかんどる

続きを読む

 いつのまにか65歳以上の「前期高齢者」、75歳以上の「後期高齢者」という呼び名が定着した。それに対して異を唱える人の投書をよく新聞で目にする。「そろそろお迎えを待つ世代と告知されたような気分」になるらしい。なかには「シルバー・エイジ、ゴー

続きを読む

東北でも焼酎
2016年10月21日07:29

 福島県が日本酒の全国品評会で4年連続金賞日本一になったのは喜ばしい限りだが、地元住民がみんな日本酒を飲んでいるわけではない。日本酒王国の東北でも、実は04年度に焼酎の販売量が日本酒を追い越しているのだ。仕入れを共通化している東北4県(岩手

続きを読む

露店の思い出
2016年10月20日07:29

 祭りの季節になると、よく目にする露店。私らの世代は夜店という呼び名の方が馴染みが深いが、いまでも健在である。お祭りそのものよりこっちを楽しみにしている子どもも多く、じいちゃんばあちゃんや親も、このときばかりは財布のヒモが緩む。しっかり小遣

続きを読む

忘れがたき鮭漁
2016年10月19日07:19

 昔の福島ならいまころ、鮭漁の真っ盛り。木戸川など有名なやな場はたくさんあるが、私が足を運んだのは請戸川の河口だった。理由は単純。私たちの地域に流れている古道川は下流で高瀬川、泉田川と合流し、請戸川の河口で太平洋に注いでいるからである。その

続きを読む

 この秋、福島の被災地と関連しそうな選挙が相次いで行われた。全国的に注目を集めたのは新潟知事選挙。最近の選挙では珍しく、原発の再稼働という争点のはっきりした選挙になった。自民党が推薦したのは全国市長会長まで務めている森さんで、しっかりした組

続きを読む

お隣から新米!
2016年10月17日07:35

 私が住んでいるのは田舎の新宿ではあるが、それでもまわりに田畑がいっぱい。成長した子どもたちは務めていても、基本的の農家なのである。だから震災前は、この季節になるとご近所から新米が届いた。多いときは4,5軒から。お裾分けだから5kgくらいだ

続きを読む

野菜高騰!
2016年10月16日07:30

 台風の影響で野菜が高騰した話は以前に書いたが、事態はもっと深刻みたいだ。9月は全国的に日照不足で野菜が不作となったため、東京では2倍程度の高値になっている。平年なら1本138円のダイコンが238円、88円のニンジンが138円、100円のホ

続きを読む

シクラメンはすごいわ!
2016年10月15日07:54

 古殿町の取材から帰ってきたら、「あの花、また咲いたのよ」と妻がいう。ふと窓際に目をやると、そこにはシクラメンが小さなつぼみを付けているではないか。さすがにこれはわかった。娘が1月の成人式のとき、昔の塾の先生からお祝いでいただいた花である。

続きを読む

通販でバカ売れの味噌
2016年10月14日07:31

 古殿町ではもう1カ所、天然醸造味噌でバカ売れしているマルマン醸造という会社を訪ねた。ここは地方紙厳選のお取り寄せサイト「47CLUB」の味噌部門で、2年連続全国1位を獲得しているという。もともとは折り込みチラシで顧客開拓していたのだが、リ

続きを読む

若者の地酒
2016年10月13日07:55

 福島県の日本酒は全国新酒鑑評会で4年連続金賞数日本一になっているのだが、福島の地酒といえば会津のイメージが強い。しかし、中通りにも有名な蔵元が意外に多いのだ。古殿町の豊国酒造もその1つだが、醸造元を訪ねてびっくり。何とあの「一歩己(いぶき

続きを読む

この撮影は難しい!
2016年10月12日07:36

 週末に古殿町をあれこれと取材してきた。今日からその報告をするが、メインは古殿八幡神社で鎌倉時代から受け継がれている流鏑馬の神事。もちろん、山本に撮影の依頼があったわけではなく、プロのカメラマンも一緒である。野外ロケをするプロはいつでも三脚

続きを読む

白紙の領収書
2016年10月11日07:51

 このニュースには、さすがにみんなたまげたのではなかろうか。最近、稲田朋美防衛相が白紙の領収書への氏名、金額の記入を認めた。政治資金を集めるパーティでのことだが、「主催者の委託を受けて正確に書き込んだから問題ない」と答弁。総務省も「法律では

続きを読む

義次さんの死
2016年10月10日07:25

 先週の話だが、この訃報には驚いた。かつてのご近所である酒井義次さんが亡くなったという。写真は震災の年、ほかのご近所と一緒に避難先のわが家へ訪ねてきたときのもの。享年81歳だから若いとはいえないものの、まだ天国へ旅立つような容姿には見えない

続きを読む

買い物弱者の救済
2016年10月08日07:47

 先日、福島大学の学生が突然「5分だけ買い物の実態について話を聞かせてもらえませんか」と訪ねてきた。面倒くさいとは思ったけれど、相手が学生だと少しは気が緩む(本当はいいことでもないんだけど)。じゃあ5分だけと部屋に通した。でも、答えは最初か

続きを読む

山木屋はどうなる?
2016年10月07日07:43

 普段あまり話題にならない地域だが、川俣町山木屋地区も避難区域の1つ。わが家からは車で40分程度で、震災前は頻繁に行き来していた。その山木屋地区も来春、避難解除を目指している。写真の診療所が再開し、商業施設や飲食店ができる復興拠点の整備も始

続きを読む

新地町の復興フラッグ
2016年10月06日08:26

 先週、新地町へ取材に行ってきた。浜通りでもここは最北の地であり、震災後に足を踏み入れるのは初めて。数名の方に話を伺ったのだが、やはり私たちと違うのは津波の被害だ。死者119名、全壊474世帯、半壊111世帯というから想像を絶する。震災前に

続きを読む

関係妄想とは
2016年10月05日08:30

 ある生物学者が面白いコラムを書いていた。例えば、胃ガンの罹患率が高い地域の特産品が塩辛だったら犯人は塩辛だ、と普通は考える。しかし、その相関関係を調べるのは、実はかなり難しい。塩辛がなければ胃ガンが起きないことを証明し、さらに塩辛を多くす

続きを読む

1兆円の無駄遣い
2016年10月04日07:46

 もんじゅの廃炉については書いたばかりだが、私自身も咀嚼し切れていない部分があるので、もう一度整理したい。ナトリウム漏れを起こして20年間も止まっているもんじゅには、何と1兆円もの資金が投じられた。イチエフの賠償額が約6兆円だから、それに比

続きを読む

 本日、『田舎暮らしの本』11月号が発売になる(表紙は読書家のワンちゃん)。前号で15ページを担当した私は、今号はややお休みムード。でも、福島県内で有機農業の盛んな2カ所で移住者を取材させてもらった。1カ所は日本町市東和地域で有機農業と農家

続きを読む

農業女子の増加
2016年10月02日09:16

 田舎暮らしの取材で、若い女性を訪ねる機会が増えてきた。共通しているのは、みんな生き生きしていること。とても都会でキャリアを積んできた人物には見えない。古民家や有機農産物に対する関心が高いのも近年の傾向だが、若いママさんは子ども2人以上が普

続きを読む

「とと姉ちゃん」観賞記
2016年10月01日11:13

 本日、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」がフィナーレを迎えた。このドラマは若くして父親を亡くした3姉妹が戦中、戦後を健気に生き、父親代わりになった長女兼社長と敏腕編集者が「あなたの暮し」という雑誌を大成功させる物語。舞台は静岡、東京の木場、銀

続きを読む