mixiユーザー(id:6542560)

日記一覧

先日、私のウォーキングコースでご近所からモリアオガエルの卵があると教えられた。それも都路の中心部から1kmも離れていない旧国造沿いで、まん丸い卵の固まりがいくつかある。へーと思ったが、教えてくれた当人ですら「こんなところにあるんだねえ」と驚い

続きを読む

働き方改革のためなのか、新型コロナのためなのか、フリーランスについての対応が盛んに報道されている。最近では政府の全世代型社会保障検討会議がフリーランスを保護するガイドラインを年度内にまとめるのだとか。記事には「フリーランスのガイドラインでは

続きを読む

葬式の風習で新しい発見
2020年07月09日09:14

何度も書いてきたことだが、わが都路では15年ほど前に新生活運動がスタート。これは葬式の場合は香典のお返しを辞退する代わりに、5000円の香典だったら3000円にする簡素化運動だ。当初は「前にもらっているからできない」「前に渡しているから返し

続きを読む

久々の帳場
2020年07月08日09:45

仲良くしていた正安さんの昨日の葬式には万難を排して臨まねばと思っていたが、問題は葬式の手伝いである。震災前は99%が自宅葬だった都路では、部落内でも同じ葬式班は2名、隣の葬式班なら1名の手伝い人を出す決まりがあった。それが震災後にセンターに

続きを読む

正安さんの逝去
2020年07月05日19:07

会津取材から帰ってきた翌朝、お隣から「正安さんが亡くなった」という悲報がもたらされた。入院している情報は3カ月くらい前に耳にしていたし、生死に関わる病気であることも、危篤と回復を繰り返していることも聞いていた。だから、やっぱりダメだったかと

続きを読む

会津のコロナゼロ
2020年07月05日08:34

福島県のコロナ感染者数は80数名と東京の1日分にも満たないが、その中でも会津は岩手と同じで1人も出ていない。これは福島では有名な話だが、おそらく全国的に知られているわけではないだろう。私もカメラマンも東北在住で感染リスクはゼロに近いけれど、

続きを読む

9年ぶりの再会
2020年07月04日09:00

今週、奥会津の只見町へ取材目的で訪れた。森に関する企画をY編集長に振られたので、「だったらたもかくの吉津さんでしょう」と話したのがキッカケ。同じ福島県民ではあるが、私が吉津さんと顔を合わせるのは9年ぶり。なぜはっきり覚えているかといえば、新

続きを読む

葉や穂先が天ぷらの材料にもなる青ジソだが、生の方が風味が残る。それを大量に使った麺料理がこの一品。冷たいウドンの上に、サラダ感覚のバンバンジーの材料を載せた。タレにさっぱりした黒酢とピリ辛の豆板醤を加えたので、食が一段と進む。最後に刻んだ青

続きを読む

あらゆることで世間から遅れている私だが、マイナンバーカードは比較的早く取得した。というのも、自治体から頼まれる講演などで報酬をもらうときに必要になるからである。政府は運転免許証や健康保険証、預貯金口座との一体化も考えているそうで、急展開の様

続きを読む

先日、「志村友達・大集合スペシャル」という特番を観た。私は昔から志村ケンのファンで、ドリフがなくなっても彼の番組を楽しんでいたが、10年くらい前からマンネリでつまらないなと感じていたのも事実。逆に言えば、昔は本当に腹から笑った記憶がある。ど

続きを読む

10万円の公約!
2020年06月28日09:44

これは新聞の投稿欄で指摘がなければわからなかったことかもしれない。神奈川県の小田原市長選で当選した新市長が、選挙公報に「ひとり10万円」という選挙公約を掲げていたというのだ。現物を見たわけではないから断定はできないが、国の特定定額給付金に加

続きを読む

コロナと地方移住
2020年06月27日09:49

アフターコロナに関する記事や報道に接する機会が増えているが、新しい生活様式がどれだけ浸透するかも、グローバリズムがどれだけ縮小するのかもわからない段階で、下手は判断は時期尚早かと思う。ただ、私の仕事の分野である地方移住については2カ月くらい

続きを読む

 先日、コンビニのレジ袋の有料化について書いたら、知人から「意味がないような気もする」という指摘があった。確かにプラスティックゴミ、いわゆるプラゴミに占めるレジ袋の割合など数%しかないのも事実だが、なぜプラゴミが問題なのかは抑えておくべきだ

続きを読む

海水浴のない夏
2020年06月25日09:28

もう還暦を迎えた分際で夏の海水浴なんてまったく無関係だが、それでも今年は海水浴場を閉鎖というニュースを聞くとなんだか寂しい気分にはなる。例えば、神奈川県では全面的に閉鎖が決まったし、福島県もいわき市は同様の措置を採るという。なぜか相馬市だけ

続きを読む

「等」の正体ねえ?
2020年06月24日09:49

最近の朝日新聞のオピニオン欄で「等の正体」という記事が組まれた。びっくりするのはその大きさで、3人の論者の意見が5段組で紹介されているのだ。「等」は「など」とも表記されるが、私ら雑誌業界の人間にとっても身近なテーマ。それをここまで本気で取り

続きを読む

梅雨の憂鬱
2020年06月23日10:16

田舎暮らしの取材は、野外が半分以上を占めている。だから梅雨のシーズンは撮影優先で、カメラマンの仕事に配慮しなければならない。正直、ライターとしてはつらいところだが、日は短くないので何とかこなしている。ただ、しとしと雨くらいなら何とかなるが、

続きを読む

妻が車を買い換え
2020年06月22日10:14

震災のとき、妻の車は赤い軽自動車だった。なぜ覚えているかと言えば、避難先で通帳などの貴重品は彼女の車に保管していたから。でも、いま24歳の娘が高校通学を始めたとき、軽の調子が悪くなったらしい。車屋をやっている移住者仲間のケンちゃんから「税金

続きを読む

お休み
2020年06月21日10:26

お休みします。

続きを読む

新しい買い物生活様式
2020年06月20日10:07

スーパーで先行していたレジ袋の有料化が、7月1日からコンビニ大手3社にも及ぶ。コンビニという名称にふさわしくない変更ではあるが、プラスティックゴミの削減は大きな課題であり、国も無視できない段階に来たということだろう。二酸化炭素と同様、世界は

続きを読む

磐梯観光船が破産
2020年06月19日10:19

写真は私が撮影した猪苗代湖の風景で、観光船というわけではないが、この湖の看板である観光船の「はくちょう丸」と「かめ丸」を運行する磐梯観光船という会社が破産手続きをした。同社は私が生まれた1959年に設立。昭和天皇がダイヤモンド婚で乗船された

続きを読む

陽性率0.1の難しさ
2020年06月18日08:38

「お盆になったら都会からいっぱい人が帰ってくる。感染者が増えるかな」という声は福島でも耳にする。これといった科学的根拠があるわけではないが、無症状の感染者が多いという理由でそう思い込んでいる人が多いようだ。私も自宅に巣ごもりしている時間が増

続きを読む

今回のアメリカの大規模なデモは、アメリカ黒人に対する20ドルの偽札使用の容疑から始まった。もちろん、それが警察の言い訳に過ぎないことはみんなわかっていることだが、犠牲者の弟が訴えた「黒人男性の命は20ドルなのですか?」という言葉はアメリカ人

続きを読む

近所付き合いの濃淡
2020年06月16日10:42

いま近所付き合いに関する原稿を書いている。東日本大震災以降、この地域では自宅葬がほぼ消滅し、地域の法則が大きく変わったことは何度も指摘してきた。この変化は本当に大きく、地域住民同士の交流も半分以下になったような気すらする。それでも近所の人と

続きを読む

コロナ禍が発生するまで、地方自治体の移住者争奪戦は激化する一方。それが地元にとっても移住者にとってもWin-Winの関係なら理想的だが、最近は移住奨励金や改修補助金など金を支給して移住者を募るところが増え、この分野の専門家として、私も首をひねるこ

続きを読む

伊達市にイオンモール!
2020年06月14日10:34

福島県北の伊達市で、イオンモールの建設が現実のものとなりそうだ。びっくりするのはその規模。あの小名浜の施設を上回るというから驚き。予定地はいま一面の田んぼだから、当然ながら建設が許されない市街化調整区域である。その除外手続きも進むようで、早

続きを読む

薄れる季節感
2020年06月13日11:23

沖縄は梅雨明けし、本州でも半夏生が近づいている。その前に田植えを終わらせたり、青梅を食べない習慣になっているから、確かにそういう季節ではあるのだが、今年はピンとこない。だって春の高校野球もなければGWもなければ花見もない、気が付いたら本格的

続きを読む

草刈りも灯祭りも中止!
2020年06月12日08:50

わが家は去年と今年と班長を務めているので、回覧板の情報はいち早くわかるのだが、最近の回覧でクリーンアップ作戦の草刈りと都路最大のイベント「灯まつり」の中止を知った。まあ、コロナ禍で日本中の花火大会ですら中止になっているのだから当然といえば当

続きを読む

福島県の猛暑の理由
2020年06月11日09:59

福島県は昨日、会津若松市、福島市、喜多方市の順で全国の最高気温ベストスリーを独占した。しかも、36度台の会津若松市は6月の最高気温で過去最高だとか。猛暑になりやすい地域は、全国的には東京都練馬区、埼玉県熊谷市、岐阜県多治見市などが有名だが、

続きを読む

除染しない避難解除
2020年06月10日09:57

いまごろ新聞の一面に帰宅困難区域の情報が載ってもピンとこないのだが、新しい動きがあったらしい。これまで除染をして年間20ミリシーベルトを下回った地域にしか認めなかった避難解除が一定の条件を満たせば、除染なしでも立ち入りをできるようになるのだ

続きを読む

私が都路と関わって35年になるが、農村およびこの地域の本質を教えてくれたのは、詳細な「都路村史」を編纂した吉田吉太郎先生(故人)だった。当初は毎晩のように酒を酌み交わし、私の活動のベースを与えてもらった1人なのだが、その言論の中で忘れられな

続きを読む