mixiユーザー(id:65279352)

2020年07月12日18:41

25 view

素人落語(7/12(日)たちきり線香と最近のコロナウィルス。)

ネットで何度も聴いた、故 桂吉朝師匠の「たちきり線香」。
たちきり…、たちぎれ…、又は線香という言葉を付けたり付けなかったり。
本当に正しい題名は何なのだろう…。取り敢えず僕は「たちきり線香」としよう。

動画の中の吉朝師匠の噺は、それはそれは凄い芸で感動の雨あられ。
何度涙したかわからない。しかし自分が演じるとなると、
上方ではなく、やはり東京の噺家さんを台本にしたい。

今から2年ほど前に千葉テレビの「浅草お茶の間寄席」という番組で、
偶然にも三笑亭茶楽師匠の噺を録画出来た。

その頃は、まさか覚えて人前で演じようとは思わなかったけど、
いつかその日が来れば良いなぁ。と思っていたので、ひとまず台本は仕上げておいた。
それがようやく役に立つ時が来ている。

コロナの影響でボランティア落語も予定は組めず、練習のみだけど、
およそ30分の噺を台本を前に正座をして、毎日くり返し声に出して読む事で、
段々と覚える事が出来る部分が増えてきている。それが充実を感じる。

台本は茶楽師匠だけど、醸し出す雰囲気は吉朝師匠を参考に。それが理想。
台本を見ずに言える部分も少しづつ出てきているので、練習の成果を毎日感じる。
早く覚えたいなぁ…。

ところで、コロナウィルスの患者さんが、東京都では連日の200人越え。
僕の地元の船橋市も、毎日1〜3人は報告される。千葉県だと10人くらいかな。

一時期終息に向かうかな。と思っていたけど、また増えてきている。
かつての「肺炎で死亡」「人工呼吸器」「入院先がない。」などのコメントは
あまりニュースでは聞かなくなっているけど、心配は心配だ。

僕の家族もいわゆるレジャーでの外出はせず、買い物や散歩程度のみ。
それで良いかもね。ボランティア落語もそのうち出来るようになると思うので、
呑気に構えて練習だけはしておこう。

林檎
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する