mixiユーザー(id:65279352)

2019年06月08日19:56

94 view

素人落語(6/8(土)平林、文七元結)

今日は訳あって、柏市の某デイサービスセンターにてボランティア落語。
同デイサービスでは、2/2(土)の「犬の目」「御神酒徳利」以来。
今回の演目は「平林」「文七元結」。ボランティア落語そのものは5/14(火)以来。

二つの噺とも十分に練習し、ボランティア落語も何度も演じている。
その為、前日に練習さえすれば当日の練習は不要。
今回も、とても調子よくお喋りが出来た。

「平林」は、最初から最後まで受けまくり。
「ちょっとどうしてこんなに笑ってくれるの?雰囲気で無理矢理笑ってないかい?」
とでも質問したくなるような笑い声。

例えそうであったとしても、声に出して笑える雰囲気も作れたのかな。
まぁ、この噺は大人しく聴かれても違和感あるし、自信を無くしてしまうので、
笑って下さり感謝です。超受けまくりでした。

「文七元結」は、自分で言うのも図々しいですが「名人級」の出来。
自己評価であったとしても、ようやくそういう表現が出来るようになった。

セリフに間を持たせる部分も多いので、途中なにやら小さな音で音楽が聞こえた。
最初は、施設の外で店かなんかが車で営業しに来たのかなぁ。と思っていたが、
なんと施設内にある音響が止まっていなかった事が分かり、
噺の途中で職員さんに「音楽かかったままですよ。」と軽く言って、
再び噺に戻るという、これまでにない体験をした。結構落ち着いて対処出来た。

「文七…」は、じっと聞き入って下さり、ちょっとしたくすぐりの部分では、
軽い笑いがあって、とても楽しんでいただけた。
今回のボランティア落語も、とても良かった。大成功だね。

しかし、この二つの噺をすると、とても疲れる。
なんとか体力が維持出来るように、途中色々と調整を図るのだが、
「文七…」の最後の方は、結構きつかった。
疲れているのを気づかれないよう、声の調子やボリュームをなるべく温存した。

二つの噺とも、終わってみれば大拍手。
「また来てください。」「とても上手ですねぇ。」
「いや〜、素晴らしかった。」等など、お褒めの言葉も多かった。

「平林」は、あと1回演じる予定。
「文七…」は、あと4回演じる予定。

次回のボランティア落語は、6/11(火)14:00〜。
船橋市内の某有料老人ホームにて。
なんとその日は、朝8:30〜胃カメラを予約している。

胃カメラは、年に一度は検査を受けるようにしている。
当日、落語に影響ないとは思うのですが、ちょっぴり不安はよぎりますね。

今月のボランティア落語は計6回を予定。
その1回がようやく終了。残り5回。集中して演じようっと。

林檎

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する