mixiユーザー(id:65279352)

2017年05月08日23:28

200 view

素人落語 師匠はテレビとネット。

趣味で落語を演じている人は、かなりの確率で落語教室で習っている気がします。
そして、学生時代には落研という方もたいへん多いようであります。
プロの噺家さんや学校の先輩に教えてもらうのは、とても魅力的でいいなぁ。と思います。

僕はと言うと、お金と時間がないので、もっぱらチバテレビの「浅草お茶の間寄席」。
NHKの「日本の話芸」。それから最も多いのが、ユーチューブなど、ネットで観まくり聴きまくりで、
プロの噺家の真似をする。いわばテレビとネットが師匠であります。

そして、沢山の練習は勿論の事、人前で多く演じ、高座を繰り返し体験する事。
さらに、失敗しても楽しく演じること。とにかく落語を楽しむ事。これがモットーなのです。

今日は、朝の出勤前に練習。そして、職場に併設の「デイサービス林○館」にて、
「武助馬」を一席演じて、仕事から帰宅後のウォーキングの最中に、一通りの噺を練習しました。
通勤の際には電車の中で、台本読みなど、地道に練習を重ねております。

さらに寝る前にも練習しようと思いましたが、疲れもあるため無理は致しません。

お疲れ様でした。

行徳亭 林檎


1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月09日 10:10
    いつも林檎さんのお稽古の数とその姿勢には感心しております
    私にもその熱意の百分の一でも有れば もっと落語を楽しめると
    思って居ります。げっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月09日 13:36
    > mixiユーザー いやいやそうでもありませんよ。と言いつつ、実は嬉しいですな。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する