mixiユーザー(id:65260562)

2021年08月03日21:46

184 view

二人に辞めて頂くのは、異論は無いんですがね。

ただ、怒りの矛先が違うように思うんですけどね。
矛先は、感染するような行動を取り、入院患者の対象を限定せざるを得ない環境を作った人達に向かうべきでは?

昨年の5月以降、一度たりともその手の方々への罵倒を聞いていない気がします。
野党は、そういう方々への罰則規定を骨抜きにし、挙句が今ですよね。

この先生も、我慢できる人は引き続き我慢して頂き、我慢できない人は病院が面倒を見ると言っているのでしょうかね?
それとも、我慢できない人に我慢させられない国が悪いと言いたいのでしょうか。

問題点は明確に出ているわけですよ。

我慢できない人達に我慢させるための方策のアドバイスでもあればと思うのですが、そういう話すら聞こえて来ず、ただひたすら、菅がどうの、自民がどうの、緑の狸がどうのこうのと言う話しかしないわけです。

なんで??

それこそ、何の忖度?と思ってしまうわけです。
アベノマスク批判もそうでしたが、あの時点でマスクを買い占めている人達、高値でマスクを購入する人達に対しての公の批判って無かったような?
タダマスクをばら撒いて、そういう方々を潰しにかかったアベノマスクは捏造画像までばら撒いて批判をしたわけです。

今度は、新型コロナはただの風邪と、お構いなしの行動を抑制するための脅しにもなる話を批判するわけですよね。
で、我慢を続けてきた人達が本来向けるべき怒りを 我慢しない人達から政府に向けさせるわけですよ。

新型コロナの騒ぎで浮き彫りになったのは、無能な政府だけではなく、政府批判をするためなら、国民の命を厭わない人達の姿なのではありませんかね?

私には、そう見えますけどね。

明日、交通事故に合い、病院の御世話にならないと死んじゃうかも知れないんですよ。
ですが、病院には、飲み会に参加してコロナに感染している人達に手を取られ、治療が間に合わず死んじゃうかも知れないんですよね。
或いは、今や日帰りのはずの盲腸で死んじゃう可能性だってあるわけです。

いやいや、そこまで逼迫してませんよww

と言うのであれば、医療崩壊を訴える医師側がオオカミ少年という事になるんですけどね?

なぜ、マスコミや、この手の方々は、協力要請、自粛要請を無視する方々をスルーし、我慢を重ねる人達を蔑ろにし、政府批判で悦に入っているのか、とても不思議に思うんです。
あなた方が声を上げない限り、我慢をしない人達には届かないと思うんですけどね?
仮に届かなくとも、そういう声が大きくなれば、誰に忖度しているのか分からない批判しか出来ない野党の声を潰せるのではありませんかね?

要請に従わない人達へ、重い罰則を設けたとしても、要請に従い我慢をしている人達は全く困らないんです。
むしろ、それをする事で、自体が終息に向かい、一人飲みや、家族での会食が可能になれば、飲食店も助かり、我慢している人達も息継ぎができ、助かるんですよ。

我慢し続けている人の事を考えられないようなら、口を噤んで引っ込んでろと言いたいですよね。
政府なんて関係無いんですよ。
国のトップや東京のトップが誰だろうと関係無いんですよ?

飲み歩いている輩
宅飲みと称し、自宅で人を集めて宴会をしている輩

こういう輩が問題なんですよ。
事態が長引いているのは、マスコミにも責任の一端はあるんですよ。
政府批判と要請に従わない人の擁護を続け、正直者が馬鹿を見ると言った空気を作り上げ、その責任は、従わない人ではなく、従わせない政府だと言い続けた結果、今に至っているわけですよね。

国民の敵は、恐らく、あなた方ですよ。





■Nスタのキャスター固まらせた、怒りの発言「倉持先生」がトレンド1位
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=6616411

3日夕に放送されたTBS系報道番組「Nスタ」で、インターパーク倉持呼吸器内科院長の倉持仁氏が、菅義偉首相と小池百合子都知事に「2人とも至急お辞めになった方がいい」と怒りの発言をし、「倉持先生」がツイッターのトレンド1位にランクインした。


コロナ患者の入院対象を重症者らに限定し、重症化リスクが低い中等症患者は自宅療養とするという政府の方針転換を受け、コロナ治療の最前線にいる立場から「言っていることがめちゃくちゃ」と語った。


倉持医師は、「中等症2とかで治療に介入していてはもう間に合わない。より早い段階で治療に介入しなければいけないので抗体カクテル療法を承認したはず。その治療は軽症者のうちにしなければならないが、入院しなければ薬は使えない。言っていることがめちゃくちゃです」。


菅首相、小池都知事について「この2人がおっしゃっていることというのは、国民にまっとうな医療体制を供給しませんよというメッセージだと思う。こういう人たちに国を任せては国民の命は守れませんから、2人とも至急お辞めになった方がいい」。この直言に星浩スペシャルコメンテーターは驚いた表情で固まり、キャスターのホラン千秋も「あの…」と一瞬沈黙した。


ホランが自宅療養への不安について質問をすると、倉持医師は「デルタ株はより手ごわくなっているのに、酸素飽和度の(機器)だけ渡して、1年半もたっているのにこんなことを言っているというのが、医療現場からすると信じられないですし、まっとうじゃない」と語った。


現場の声として「医療現場に治療薬を早く渡していただきたい」とし「ぜひ自宅でも外来でも治療できるような体制を至急構築することで、重症化せずに、『普通の軽い病気だったね』と初めてなる」。また「レムデシビルや抗体カクテル療法の薬も、数が足りないので入院でしか使うなと厚労相から通達が出ている。外来にたくさん患者さんが来ていて、早く使ってあげたいがそれができないので非常に困っている」と訴えた。
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する