mixiユーザー(id:65260562)

2021年04月25日10:24

119 view

どういう対策するから、要請には応じないという話が必要なのでは?

そういう話をしていて、朝日が書いてないだけなのかも知れませんが・・・。

ファミレス等のボックス席で、話ながら食べるのと、観客にマスクの徹底をさせ、飲食禁止のうえ、空調バンバンの寄席だった場合、どっちがリスクが低いのかという話だとは思いますよ。
1日5千人、17日間で延べ85,000人の集客を見込む、浦安ネズミーランドは、アルコールの提供をしないそうですが、飲食は可なわけですよね。
しかも、つい先日まで通常営業だったわけですよね。

仮に、東京寄席組合や落語協会、落語芸術協会が、無策で要請に応じないと言っているのであれば、報じるべきは、そこでしょ?
ですが、対策を施したうえで、

>>社会生活の維持に必要なもの

と、継続するのなら、そこを報じなければ意味が無いのでは?
これではまるで、政府に反抗しているだけにしか見えず、また、この判断を支持する人達が居た場合、「コロナは単なる風邪」と言い続ける人達のように、自粛や制限を無視して、緊急事態宣言の効果が薄れてしまうのでは?

だから、朝日は反政府メディアだと言うんですよ。

他のメディアでは、対策として、

1.夜の公演の原則中止
2.観客は50%以下に制限
3.客へはマスク着用、入場時の検温、手の消毒の要請

を行っていると書かれているわけです。
だから、「社会生活の維持に必要なもの」として、休演には応じませんと言っているわけですよね。
肝心な話を抜いてしまうと、意味が全く変わってしまうと思うんですよね。
今の状況は、政府云々ではなく、コロナ騒ぎを利用し政府批判を続ける一部のメディアの害の方が大きいのではありませんかね?


■寄席、無観客応じない決断 「社会生活に必要なもの」
(朝日新聞デジタル - 04月24日 23:44)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6496370

 25日に4都府県に出される緊急事態宣言を受けて、東京都内に四つある寄席は、客数を定員の半数以下に減らして通常通り興行をすることを明らかにした。都から無観客での開催を要請されたが、例外規定である「社会生活の維持に必要なもの」に該当すると判断したという。


 東京寄席組合や落語協会、落語芸術協会が協議して決めた。


 都内の寄席は昨年6月以降に定席を再開後、場内の換気をするため、休憩を増やしたほか、フェースガードをつけて高座に上がる漫才師もいるなどの対策をとってきたという。興行を続ける理由について、浅草演芸ホールは、都からの無観客開催の要請文に「社会生活の維持に必要なものを除く」とあると指摘したうえで、「(落語や漫才などの)大衆娯楽である寄席は『必要なもの』に該当すると判断した」と説明する。


 映画館も、「休業要請」を受けた大手シネコンの多くは25日からの営業休止を発表する一方、「協力依頼」の対象となったミニシアターの一部は入場を制限するなどして営業を継続する。


 東京・渋谷のミニシアター「ユーロスペース」は25日から入場できる座席数を半分にして継続する。支配人の北條誠人さんは「心の準備もできていなかった。(休業の)『協力』というあいまいな形のしんどさがある。しかも休んだとしても協力金は1日2万円。香典のつもりか」と嘆いた。(井上秀樹、佐藤美鈴)
4 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月25日 23:18
    生活に必要なものとは第一に食料品、第二に生活必需品(台所やトイレや居室で使うもの)のことです。なのでホームセンターには要請しないという話が出ているわけで、娯楽は生活に必要なものから外れます。それを寄席が屁理屈を捏ねて開き直ってるわけで、とどのつまりは非国民として名乗り出ているのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月26日 05:54
    こんにちは。

    >社会生活の維持に必要なもの
    極言すれば、すべての仕事が社会生活の維持に必要なものに該当します。
    だから、ここは「極言」してはいけないのです。

    たとえば、地震や大水の被災地で、被災直後にその仕事は必要かどうか。
    瓦礫のひとつでも運ぶより、その仕事を優先すべきか。
    そういう基準で判断すべきところと思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月26日 06:31
    ちなみに。

    いま大阪で猛威を振るっている 感染力の強い変異株
    東京でも徐々に勢力を広げていますが
    これが今回の緊急事態宣言のターゲットです。

    断言できます。
    この株にはいままでと同じ対策では効きません。
    どこまで厳しい対策をすれば効くのかさえ まだ分かっていません。

    寄席組合等は
    ウィズコロナで普段からやっていることと大差のない内容で
    ちゃんと対策するから大丈夫などと
    甘いにも程があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月26日 16:42
    > mixiユーザー 極端な話、寄席の話の是非はこの際どうでも良く、報じ方に問題があると思っているわけです。
    寄せ側が、こういう対策をします。と言っているにも関わらず、そこには触れず、寄席側の主張のみを取り上げるのは、この話をおかしな方向に持って行ってしまうのでは?と。
    実際、つぶやき欄は、是非の話にしかなっていないわけで、屁理屈を捏ねて、要請を無視する事を増長しかねない報じ方なのでは?という危惧です。
    政府要請に従える人達なら、恐らく、寄席をやっていても行かないでしょうし、それでも観たいという方は、それなりに用心をするのでは?と思うのですが、こういう宣言なく、やっちゃえと店を開く方々がいた場合、一体どのくらいの用心をするのかな?と思うわけです。
    都市部の繁華街で、要請に従わない店は、それなりにあるわけですが、外から見る限り、満席で、外に待っている人達もいるんですよね。
    そういう状況を作り出す一つの要因は、マスコミの報じ方になるのでは?と思っています。

    コメントありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月26日 16:50
    > mixiユーザー 仰ることはごもっともです。
    ですが、仮にこの寄席の話を行政側が否とするのなら、行政側にかなりの覚悟がいると思うんですよね。
    少なくとも、オリンピックに関わる行事は、一時中断せざるを得ない話になるはずなんです。
    また、昼間の会食は、アルコール抜きならOK的な話になってしまっていますが、実際には、群れると危険という話で、話をしながら一緒に飯を食う行為は昼夜を問わずリスクがあるはずなのですが、そこは容認してしまっているわけですよ。
    政府の中途半端な規制に対して、この寄席側の話自体が、噺としての政府批判なのかな?と思ったりもするわけです。
    ですが、そういう話も、対策をしていますよという寄席側の話がなければ、単なる我儘で終わってしまうわけですよね。
    そういう流れをこの手の報道が作ってしまうのでは?と思ってしまうわけです。
    今日は在宅なので、TVを付けていましたが、お昼のワイドショーで、こういう場所なら、リスクを避けて遊べますよ的な事を言っていたのですが、馬鹿なの?と。
    外出するな、群れるなという宣言が出ているのに、外出を勧めてどうするのと。

    政府の対応も如何なものかと思いますが、それ以上に如何なものかと思ってしまうのが、日本のマスコミの報じ方です。

    コメントありがとうございました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する