mixiユーザー(id:65260562)

2021年03月31日11:37

38 view

なんか、お隣の国の抗議を見ているようで不快。

動画を見ましたが、別段、日本文化を馬鹿にしているとは思いませんけどね。
恐らく、モデルが白人だったら、もう少し違った見え方をしたのでしょうが、アジア系でしかも日本人とわかっているから、善意に解釈して、

日本人なのに、帯の上を歩くの???

と、反応した人が居たのかな?と。
そもそも、欧米人は、土足で絨毯を歩く文化の国ですよ。
土足のまま、ベッドに寝転ぶので、汚れ防止の帯がベッドの上に敷かれていたりするわけです。
そういう感覚からすれば、日本の帯をフットスロー的な捉え方をして、その上を歩く演出をしても然程不思議ではないわけですよね。
ヴァレンチノが言う通り、帯ではなく、和柄に見えるフットスローなのかも知れませんし。
仮にそれがン百万もするような帯であったのなら多少は考える事もあるのでしょうが、数万程度の物ならば、綺麗な布以上の意味を見出さない事も考えられるわけですよ。
動画を見た人なら分かると思いますが、暗い石場などを歩いているので、足元の明るい布地とのコントラストで、モデルが目立つようになっているわけです。
おそらく、それを狙ったそういう演出なのではありませんかね?
まぁ、細長い赤いカーペットでも使えば良かったのでしょうが、日本人のモデルを起用したので、和柄を使いたかったのかも知れませんよね。

このねとらばの記事だけ見ると実際の抗議の文面が見えませんが、書かれている内容だけを見ると、お隣の国が良く難癖をつけてくるときの表現に似ていて、むしろ、そちらの方が不快ですよね。
物は物です。
購入した側がどう使おうが、売り手の側が関与する話ではありません。
ただ、それを作った人が、自分が意図した事と異なる使い方をされ、それを容認できない使い方をしているのであれば、次からは売らないというだけの話なんですよね。
少なくとも、日本人の感覚は、そいう感覚だと私は思いますけどね。
むしろ、岩場でハイヒールで踏まれても破けない丈夫な帯!と商魂たくましくアピールに使うのが一昔前の日本人なのでは?と思ったりします。




■「日本文化を馬鹿にしている」 ヴァレンティノの広告、着物の帯の上を歩いていると批判 「帯ではない」と釈明し謝罪
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=6466883

 アパレルブランドのヴァレンティノは、「モデルが着物の帯の上を歩いている」として批判されていた広告について「不快な思いをさせてしまった」と謝罪しました。



【その他の画像】



 当該の広告(現在は削除済み)は、モデルのKoki,さん(※oはマクロン付きが正式表記)が着物の帯らしき布の上を靴をはいて歩く場面や、布の上に座っている場面が含まれていました。これに対し、「日本文化を馬鹿にしている」「日本への侮辱」「心が痛む」「非常に不快」など、批判が多く寄せられました。



 ヴァレンティノはTwitterに掲載した謝罪文で「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」とし、日本の文化を冒涜するような意図はないと説明。布は着物の帯ではないとしつつも、「多くの方に不快な思いをさせてしまったこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。



 同社は当該コンテンツを削除したと報告し、今回の件を教訓とし文化の包括性をさらに推し進めていくと述べていますが、「帯にしか見えない」「苦しいいいわけ」と批判は続いています。


ねとらぼ

報ステ「女性蔑視」と炎上したCMを取り下げ謝罪 「ジェンダー平等は時代遅れ」とは何だったのか?
車にもたれてバナナ食べる少女の広告、アウディが謝罪 「性的な連想」「危険」など批判
米ユニリーバ「ダヴ」のCMが炎上し謝罪、動画削除 黒人女性が着替えると白人女性に変身
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年03月31日 11:59
    たぶん、そのモデルが木村拓哉の次女だったから余計に注目を浴びた、でしょうかね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年03月31日 13:41
    > mixiユーザー まぁ、一部なのか全般的なのかは知りませんが、アンチな方々がいらっしゃるようですからね。
    これが仮にアンチ派の嫌がらせだとして、その結果、契約解除になったら、クレーム入れた人たちを訴えられるんですかね・・・。
    その辺りを含め、不快だなと

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の日記

もっと見る