mixiユーザー(id:65260562)

2021年03月26日15:23

24 view

躾の入っていないチワワ

大型犬を飼っていた時、時折遭遇するのが、やたらと強気な小型犬。
大型犬は、案外大人しいもので、小さい犬がガウガウやっていても、普通にいなすか、迷惑そうに飼い主の後ろに回り込んだりします。
どういうわけか、この手の小型犬は、自分のサイズの認識が甘いんですよね。
或いは、相手が反撃してくるとは想像すらしていないのでしょうかね。
通常は、ガウガウ言うだけなのですが、稀に実力行使をする犬も居るわけです。
無視、あるいは、迷惑そうにしている大型犬の脚にガブリと行くわけですよ。
無論、ある意味犬同士のじゃれ合いの範疇が大半なのですが、歯が当たると痛いときもあるようで、流石に痛いと、ガウっとやるわけです。
首筋に口を当てる。あるいは、前足で押さえつける等の行為になるわけですが、そこで初めて、ヒャンと鳴き声を上げ、飼い主の後ろに逃げ隠れるわけです。
面白いのは、そこで対格差に気が付くんでしょうね、反撃する小型犬は見たことないです。

狂犬と呼ばれた男の経緯を見ていたら、大型犬を飼っていた当時の事を思い出してしまいました。

因みに、その手の小型犬の飼い主の多くは、じゃれていただけなのにねぇ^^;というのが常でした。




■“監視”される加藤浩次、メンタルクリニック行ったら…
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&from=diary&id=6460696

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51歳)が、3月25日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。メディアの記者に“監視されている”出来事を語った。

その他の大きな画像はこちら



この日、日常の中での“監視されてる感”についてトークが進む中で、加藤は「ついこの間、僕、射撃やってるじゃないですか。テレビの番組とかでやってるから、クレー射撃ね。クレー射撃の免許の書き換えみたいのがあるのね、(銃の)所持許可証、2年に1回くらい、ちゃんとやってるのかと、もう一回講習受けてとか、実技ももう一回ちゃんと。本当に結構厳しい」と語る。

そして「その中にね、クリニックというか、精神的なクリニックに行って診断書をもらわないといけないわけ。銃の所持をしてるってことだから、やっぱり心神がちゃんと健康かどうかっていうのをクリニックに診断書もらいに行ったのよ。そこまで全部集めて、警察署に行って免許更新、所持許可証の更新になるんだけど」と、銃の所持許可証を維持するために必要なあれこれを説明した。

その上で、「きょうのさ、『スッキリ』終わりに一回家帰ったんだよ。そしたらさ、記者がパパって来てさ。『加藤さん、あの…心労抱えてますか?』って言われて。『何言ってるんですか?』って。『え? なに?』って聞いたら、(記者が)『この間、加藤さんがクリニック入っていくのを、写真も全部あるんですけど』。そういう病院もあるし、そういう病を抱えてる方もたくさんいらっしゃるから良いんだけど、(自分は)『え? 違いますよ』って。『僕は銃を所持していて(免許の更新のために必要って)』そうやって言ったんです。そしたら『いや、まあね、いろいろ吉本さんともありまして』とか、(そっちの話に)したい。オレがウソついてるみたいになって」と、どうしても吉本興業との契約終了の話題にしたい記者側と、話し込むことになったという。

加藤は「そこまで!? みたいな」と素直に驚いたそう。そして思い起こすと、クリニックに行ったときに駐車したコインパーキングに怪しい男がいたと語り、「監視されてる感すげえあるんだよ。本当に」とボヤいた。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20210364539.html


ナリナリドットコム

永島優美アナ、涙の「めざましテレビ」卒業挨拶
バカリズムは告白経験「1回もない」、妻は元アイドル
“嫉妬深い”鷲見玲奈、夜中に恋人の家を監視
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する