ホーム > mixiユーザー(id:65260562) > mixiユーザーの日記一覧 > そりゃ、犯罪行為を「いじめ」という学校には通わせたくないよね。

mixiユーザー(id:65260562)

2019年10月17日09:52

19 view

そりゃ、犯罪行為を「いじめ」という学校には通わせたくないよね。

羽交い絞めにして、激辛カレーを食べさせる行為を「いじめ」という学校。
恐らくこういう学校は、尻の穴からタバスコを流し込んでも「いじめ」というのでしょうね。
多分、集団で個人を日々ボコボコに殴っていても、「いじめ」と言い、いじめられる側にも問題があるという話を職員会議でしてしまうんですよ。

犯罪といじめの区別が付かない狂った感覚の人間は教壇に立つ資格は無いのでは?

無抵抗の人間をいたぶるのは、「いじめ」ではなく、「虐待」ですよ?
それは年齢に関係なく倫理観を問うべき問題で、その内容が刑法で罰せられる行為であれば、それは犯罪として扱うべき問題なんですよ。
犯罪は、犯罪処理を専門とする人を国が資格を与えて取り締まっているわけで、素人が判断して対処してよい問題では無いんですよ。

そもそも、いじめとは、「いじめがいが無い」という言葉があるように、誤解を恐れずに言うのであれば、相手が抵抗するから面白いという面があり、無抵抗の人を相手にしてもつまらないものだったんです。
これが、昭和の後半頃でしょうか、学校内で無抵抗の人間をいたぶる行為を「いじめ」と称する様になり、その対処が、旧来言われていた、

いじめられる側にも問題がある。

という方法だったわけです。
それが「いじめ」であれば、確かにいじめられる側にも問題が無いわけでもなく、多くの場合は、その場の空気を乱す言動だったり、卑怯な言動だったり、決まり事を守らないが原因だったりしたわけです。
無論、見た目の問題や、本人の努力ではどうにもならない部分が原因でのいじめはありましたが、むしろ、それをする側に対して「弱い者いじめをする卑怯者」という目で見ていて、クラス全体の無視などの対象は、むしろそういう人達だったんですよね。
ですが、昨今では状況が全く逆転してしまっているように見受けられます。
あくまで私見ですが、私は不良文化の衰退が原因なのでは?と思っています。
ある意味、暴対法の施行以降、やくざの衰退に伴い、中途半端なクズが台頭してきて、一般人と呼ばれる層の中の小ずるいクソ等が、店舗などを困らせるクレーマーなどと呼ばれている構図に似ているのではないのでしょうか。
暴力等で抑える人が居ない事を良い事に、道徳心や理性、倫理感で自分を制御できない人達が傍若無人な振る舞いをしているのが今の日本なのでは?

痛みや恐怖を与えなくても、自己制御が出来る人が居る一方で、そうじゃない人も確実に存在するわけです。
ところが、学校での体罰を禁じ、不良を撲滅させ、家庭においても体罰を忌むよな風潮になってしまった事で、自己制御ができない人を制御する方法が無くなってしまっているのではないのでしょうか。

今回は、大人が加害者であり被害者なので、色々と子供が対象だと見えて来ない事が見えて来るような気がしています。

安易なカテゴライズや、カタカナ言葉への置き換えを止め、正しい日本語で論じ報じる事で、多少なりとも現状が改善されていくような気がしています。
生き辛い世の中になっているのは、自分が知っている言葉が正しく使われない状況もあるのではないのでしょうかね。
その結果、自分の状況を訴えてもそれが理解され辛く、生き辛いと感じる要因になっているのではないのでしょうか。





■教諭いじめ 児童4人が不登校に
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5828803

 神戸市立東須磨小で20代の男性教諭が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、同小の保護者説明会が16日夜に開かれた。仁王(におう)美貴校長らが、問題でショックを受けて休んでいる児童がいることなどを説明。「いけないこと(は何か)を教える立場の私が、加害者の側に立った」などとする4人の謝罪コメントを読み上げた。


 説明会は非公開で約3時間に及んだ。出席者によると、学校側は問題発覚後、児童4人がショックで不登校となり、うち2人が現在も学校を休んでいることを明らかにした。


 一方、20代の男性教諭が同僚に羽交い締めにされながら激辛カレーを無理やり食べさせられる動画に家庭科室が映っており、保護者からは子どもが怖がっているとの声が上がった。学校側は今月中にも改装すると説明したという。保護者からは他にも、児童の心のケアや正常な学校運営を求める要望が相次いだ。


 終了後、市教委は4人のコメントを公表した。それぞれ一連の行為について「一社会人として、人間として恥ずべき事」「許されることではありません」などと振り返ったうえで、被害教諭や児童へ謝罪している。【春増翔太、韓光勲】


毎日新聞

<教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」>
<神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる>
<「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭がメッセージ>
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記

もっと見る