ホーム > mixiユーザー(id:65260562) > mixiユーザーの日記一覧 > 馬鹿か?

mixiユーザー(id:65260562)

2018年06月23日08:41

128 view

馬鹿か?

騒いでいる子供の親が、いい親なのか、ダメな親なのかなんてのは、その周囲にいる人には何の関係も無いんですよ?

公共の場で、周囲に迷惑を掛けないのは当たり前の事で、それが出来て普通なんです。

問1 正解は、子供を連れて外に出る。
ただ、それが躾の一環で、グズッても意味が無い事を子供に教えているのであえば、周囲の非難の目を受け入れれば良いだけの話です。
あなたの家族以外、あなたの子供の躾に何の関係も無いのですから。
それが嫌なら、グズらなくなるまで公共の場に子供を連れてこなければ良いだけです。

問2 正解 当たり前の状態
出来て当然の話で、極普通の状態。

問3 正解 子供を連れて電車から降りる。

大人しく出来るようになるまで、何処にも連れて行かない!

と、親から怒られてものですが、この問いを見た方々は、子育てで困ったら親に頼らないのでしょうか。
その日の気分で子供の機嫌がころころ変わるのは、その場にいる赤の他人には何の関係も無い話です。

1.周囲に迷惑を掛けないように躾ける。
2.周囲に迷惑を掛けないようになるまで、公共の場には連れて行かない。
3.連れて行かざるをえない状況が生じた場合で、子供が騒いだら
 ー囲にき気を使い、フリでも良いから子供をしかる。
 ∋匐,大人しくならないのであれば、その場から移動して、子供が落ち着くまで待つ。

こういう事なのでは?
それが出来て「普通」なんですよ。出来なきゃ「クソ親」なんです。良い親かどうかは、赤の他人には何の関係も無い話で、それを良い親かどうかを評価するのは、子供ですよ。
今、子供から良い親と思われたいのであれば、周囲の批判は覚悟する話なだけです。

子育ては、平成30年から始まったのでは無いんですよ?
万年単位の歴史がある誰もがやってきた普通の事です。
今、子育てを試行錯誤している横の連絡も結構ですけど、取り合えず、子供を育て切った、自分の親に意見を聞いてみては如何でしょうかね?
その親が、ここに掛かれている事に共感するのであれば、世も末です。


■「グズる子どもを無視してスマホをいじる」のはいい親? ダメな親? とある子育てクイズに「分かる!」と共感の声
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=5168159

 ショッピングモールで泣きわめく小どもと、その近くで黙ってスマホをいじる親――。こんなシチュエーションを見たら、あなたは「ひどい親」だと思うでしょうか、それとも「いい親」だと思うでしょうか?

【その他の画像】

 そんな「親子の様子から、親のしつけの良し悪しが分かる」という人のための「簡単なクイズ」が話題になっています。

 問題は全部で3つ。正解は、全問まとめてのちほど紹介します。

 1問目はショッピングモールで激しくグズっている子どもを前にしたときの親の対応について。親は黙ってスマホをいじっていますが、これはどんな状況なのでしょうか。「スマホに夢中」「現実逃避している」「別行動中の家族に連絡している」「落ち着くまで様子を見ている」といった選択肢が並びます。

 2問目は病院の待合室。子どもが静かに本を読んでいる理由を当てる問題です。「大人しくしていないと怒られる」といった行儀よさの裏に隠れたストーリーを予測する選択肢や、「親のしつけが素晴らしい」「おとなしい性格」「絵本を読みたい気分だった」など4つの選択肢が並んでいます。

 最終問題は、電車の中での様子についてです。子どもが大声で遊びだした場合、どのように対応するべきでしょうか。この問題に限っては「複数選択可/間違えると10分ほど泣き暴れます」といった注意書きが。選択肢は全部で9個あり、「真顔で注意する」「窓の外へ子どもの気をそらす」「寝たフリ」「人に頼んで声をかけてもらう」など幅広い対応策が用意されています。



 それでは、答えを確認していきましょう。1と2の正解は「分かりません」でした。その理由は「状況を見ただけでは判断できないから」というもの。3つ目の問題は「正解なし」です。どの選択をしたとしても、機嫌が悪くなることは子育てあるある。その日の気分によって子どもの機嫌はころころ変わってしまうのです。



 Twitterユーザーの、睡魔と戦う音子さんが問題と解答を投稿すると「先入観で決めつけはよくないですね」と感心する反応や、「修羅場の数だけ答えがある」「わかりやすい」といった賛同が多く寄せられました。



 子どもも親も、各家庭で事情はいろいろとあるものです。音子さんは「『あいつはしつけができないクソ親』と憤る前に『その親子にとっては何かしら意味があるかもしれない』と一度止まって考えてもらえるとありがたい」と、子育ての多様性についてつづっています。



画像提供:睡魔と戦う音子さん


ねとらぼ

妊婦の大変さに理解のない夫を先輩がバッサリ 漫画「『母親』が弱音を吐くのは甘えだと言われた話」
きっかけは入院時に支えてくれた『ジョジョ』 とある育児漫画の激変ぶりが話題に 「何が起きた」「最初はほんわかしてたのに」
幼稚園の懇親会がしんどいという漫画にママたち続々共感 「私の気持ちそのまま」「他のママと目を合わさず生きてきた」
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年06月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の日記

忍者モード登場!